最近のトラックバック

おはなし会いろいろ

南K小学校 春の図書館祭 お昼休み図書室のおはなし会 はじめての試み

 図書館祭のお話会は、今年度から、低学年図書館で行うことになった。お昼休みには、本の貸し出しも行われていて、その中でのお話会なので、落ち着かないのではないかと不安だった。案の定、初めのうちはざわついた。先生が、静かに行動するようと子どもたちに声がけしてくださったものの、読んでいるすぐ横で、何人もの子が、本を探していて、音が響いたり、廊下で騒がしい声がしたりで落ち着かなかった。でも、貸し出しが一通りすんだ頃には静かに。お話を聞きたい子だけが20人ばかり残って、熱心に聞いていた。


プログラム
 絵本 ふれふれ なんだあめ こんなあめ (えほん・ワンダーランド) 梅田俊作・梅田佳子作 岩崎書店 
 絵本 しろおうさまと くろおうさま (PHPにこにこえほん) こすぎ さなえ文 たちもと みちこ絵 PHP研究所
 絵本 999ひきのきょうだいのほしをさがしに 木村研作 村上康成絵 ひさかたチャイルド *


    


 静かになったのは2作目『しろおうさまと くろおうさま (PHPにこにこえほん)』ぐらいから。でも、『ふれふれ なんだあめ こんなあめ (えほん・ワンダーランド)』のときも、前に座っていた子はかぶりつきで見ていて、後半の「ウオー」と、それまでのいらいらを突き抜けて行くところを楽しんでいた。
しろおうさまと くろおうさま (PHPにこにこえほん)』は、いろいろな色が出てくるのを、よく見ていた。
 最後の『999ひきのきょうだいのほしをさがしに』では、前の方の子がホタルを見つけてくれた。蛙の兄弟が、落ちた流れ星を助けに行き、ホタルを見て、空へ帰って行くと、勘違いしていることを、理解しているようだった。


 前は音楽室でお話会をしていた。聞き手は大勢だったけれど、強制的に来させられた子もたくさんいた。図書室だと多少はざわつくけれど、聞きたい子は聞いているわけで、こちらの方が自然でいいと思う。


 

H小学校 朝の読み聞かせ 6年1組「小石投げの名人タオ・カム」

 隣市のH小学校。朝の時間にクラッシック音楽が流れている。そのせいなのか、子どもたち落ち着いている雰囲気だった。

プログラム
 絵本 さる・るるる 五味太郎作 絵本館
 おはなし 小石投げの名人タオ・カム ラオスの昔話

← 出典本

 はじめ、となりと離れて座っていたので、少し近づいてもらった。男の子が多い。
『』は、にこにこしながら聞いていた。
「小石投げの名人」は、小石をタオ・カムが飛ばすところから、石を飛ばすまねをする子がいたりして、ほとんどの子がお話にすーっと入ってきてくれた。特に、食い入るかのように聞いている男の子が何人かいる。タオ・カムの飛ばした石が大臣の口の中に命中すると、もうにこにこして、それはそれは嬉しそうな顔になった。顔を見合わせて笑っている子たちもいる。このお話は男の子の方が面白がるようで、男の子の多いクラスでよかったと思った。私も、どきどきすることなく、とても楽しく語れた。
 おとといのように、子どもたちがよく聞句のを見て、かえってドキドキするときもあれば、今日みたいに、楽しくなるときもある。この違いはどこから生まれるのだろう。知りたい! いつも、こんな風にリラックスして語れるといいから。
 お話が終わった後で、先生から「とてもわかりやすい話し方でよかったです」といっていただいた。なによりものお言葉で励みになった。精進します。

I南小学校 朝の読み聞かせ 6年生全体に「小石投げの名人タオ・カム」

 前回、大失敗をした「小石投げの名人タオ・カム」を、今日は6年生全クラスに!!
 今日はメンバーが足りなかったとのことで、6年生3クラスをまとめてお願いしますと、お世話係さんから連絡があった。100名以上、それも6年生。よし、語りでいこうと決めた。でも、100名だとどのぐらいの部屋だろう? 声は届くだろうか? 心配だったので、ボイスレコーダーを置き、遠くから語る練習をした。
 はじめ廊下の先においたが、廊下だと声が響いて大きく聞こえるようだ。それで、我が家で一番広い空間のとれるリビングとダイニングを開け放ち、窓をあけ(ちょっと近所迷惑?)練習した。力みすぎないように、でも、声が届くように。この方法、なかなかいい。

プログラム
 小石投げの名人タオ・カム ラオスの昔話
 へびの食い合い 日本の昔話

出典本
    

 集会室へ案内されていくと、それはそれは静かに待っていてくれた。部屋いっぱいに座っている。立って語るつもりだったが、椅子が用意されていたし、座ってみると、いちばん後の子の顔が見えたので、座って語った。
「小石投げの名人タオ・カム」は、とても静かに聞いている。反応が顔に表れず、心配だ。あくびをしている子もいる。でも前回の失敗があって、かなりしつこく練習したせいもあって、緊張もしすぎす、あちこちで言い間違いはあったものの(これはいつものこと)、修正しながら、わたしとしてはうまく語れた。
「へびの食い合い」は、笑い話。できるだけそういうつもりで軽く語る。真面目に聞いている子が多い中で、隣の子と顔を見合わせて笑い出したり、ひとりでにやにやしている子が現れてきたのはうれしかった。

 語り終わってから、先生から「感想の言える人」という言葉。感想、本当は聞いて欲しくないけれど、学校では(これから社会で生き抜くにために)、さっといえることが重要視されるのだろう。何人かの手があがった。簡単な「へびの食い合い」の感想が多いかと思ったが、「小石投げの名人タオ・カム」と半々だった。
 タオ・カムでは、「タオ・カムが、はじめは一人で寂しかったけれど、技術を習得していい暮らしができたのでよかった」。「がんばっていれば認められる」。「小石で動物の形をくりぬいたり、口の中に命中させるなんてすごい」。
 へびの食い合いでは、「2つの蛇のあむあむの(相手をかむ)数が同じだった」。はっとさせられたのは、「力が同じもの同士が戦っても、勝負がつかない」という感想。
 ものすごーく、よく聞いて、聞いた子が聞いた子なりに解釈している。ああ、よく聞いていてうれしかった。
 私も、今回は練習したから満足。練習、必要です。

 

I南小学校 朝の読み聞かせ 5年3組 ただただごめんなさい。

 大失敗となってしまった!! いいわけをするなら、急に日にちが変更になったために、担当が3日前に決まり、そのすぐ直後に保育園でのお話会もあるのに、むりやりお話をねじ込んだのだ。ちょっと練習してみたらできそうだったので、大丈夫と高をくくったのだ。5年3組のみなさん、本当にごめんなさい。


プログラム
 絵本 さる・るるる 五味太郎作 絵本館
 おはなし 小石投げのタオ・カム ラオスの昔話


     


 絵本『さる・るるる』では、子どもたちの心をつかむことができた。子どもたちはちゃんと絵を見て、短い言葉から理解している。


 そして、おはなし。前半はよかった。ところが、どういうわけか、子どもたちがあまり楽しそうにきいていない。それに気をとられて、「おもしろくないんだろうか?」と、邪心いっぱいになりはじめた。そして、ちらりと外から校長先生の姿が見えて、また気がとられた。そうしたら、大好きな箇所言い間違えて、あせっているうちに、また間違えて、さらに、あれ?ここ、もういったっけ?と思い、言葉がでなくなり、お話の筋に合わせて、自分で作って語った。本当に冷や汗だらだらだった。とにもかくも終えることはできたけれど、子どもたちはお話を楽しめなかっただろうし、わからないところもあったかもしれない。と思うと、本当にごめんなさいだ。
 集中力もなかったし、練習していない不安が、こういう結果につながった。昨日と同じ「七わのからす」にすべきだったかも。いや、いっそのこと、今回はできませんと断るべきだったかもしれない。
 本当に痛い勉強になった。

I南小学校 朝の読み聞かせ 3年2組 「マメ子と魔物」の「ありったけの力」と豆腐

 今年度も行かせてI南小学校にもらえることになった。ありがたい。
 クラスに行くと、当番の子が前にでて、他の子たちに「あっちむいてほい」をして、待っていた。何度も繰り返し、そのたびに当然勝ったり負けたりする子がいるのだが、大騒ぎになりすぎず、楽しくやっている。まだ4月なのに、いい雰囲気のクラスだ。これは、お話がしやすそう思った。

プログラム
 絵本 あっ、ひっかかった (児童書) オリヴァー・ジェファーズ作 青山南訳 徳間書店 
 おはなし マメ子と魔物 イランの昔話

     

 思った通り、『あっ、ひっかかった (児童書) 』では、最初に木にひっかかった凧を落とすために、靴を投げるところから笑いが起こって、ページを捲るごとに笑ったり、驚いたりしながら聞いてくれた。子どもたちに教えてもらったのは、表紙でタイトルの文字が木に引っ掛かっていること。そして、木がものすごく丈夫な木に違いないということ。(わたしは、物が落っこちてこないことばかりに気がとられて、木が折れずに立っているという観点から見たことなかったなあ)。

     「マメ子と魔物」出典本

「マメ子と魔物」では、豆からマメ子が出て来た子たことに、「ありえない」と思い口に出した子もちらほらいた(さすが3年生だ)のだが、魔物がでてくるあたりから、お話に入って聞いてくれたと思う。マメ子が眠らなくて「起きてるわ」というところは、担任の先生も含めて、とても面白そうに聞いてくれる。そして、マメ子が魔物に捕まってしまうと、どうなるかと真剣に聞いていた。魔物がかまどに押し込まれると「ええっ」と驚きの声さえあがった。本当に語っていて楽しかった。
 感想では、「マメ子がありったけの力でかまどに押し込んだのがすごいと思った」と、「ありったけ」という言葉が頭に残った子がいた。また「マメ子を豆腐にして食べたい」とユニークな感想も聞かせてくれた。そうかー。この子はマメを大豆だとおもって聞いていたのだ。
 最後に出典本を紹介すると、「絶対読む!」といってくれた子もいて、何とも嬉しいおはなし始まりだった。

I南小学校 朝の読み聞かせ 5年2組「北風に会いにいっ少年」3回目でようやく

 昨日に引き続いて、I南小で朝の読み聞かせ。今年度最後なので30分わくだ。高学年ということで、本選びに苦戦し、昨日ようやく決められた。

プログラム
 絵本 ぼく・わたし 高畠那生作 絵本館
 おはなし 北風に会いにいった少年 ノルウェーの昔話
 絵本 ボルカ―はねなしガチョウのぼうけん ジョン・バーニンガム作 きじまはじめ訳 ほるぷ出版

  

 教室にいくと、先生と子どもたちが楽しそうに話をしていて、自由な雰囲気のクラスだと感じる。
ぼく・わたし』では、「べんきょうはとくいじゃないけれど かみひこうきはとくい。」で、「さぼっているだけじゃん」。「ひとまえでうたうのがはずかしい。ピアノならへいきなんだけど。」で「おんなじジャン」などと、ちゃちゃを入れてく子が何人がいて、ちょっとやりにくいなと思った。
 
「北風に会いにいった少年」でも、はじめのうち同じようにちゃちゃを入れてきた。ごちそうを出してくれるテーブルかけがでてくると「どらえもんじゃん」など。でも、3回目の語りだったので、私にも余裕があって、受け流しながら語っていくことができた。すると、宿屋で主人がテーブルかけを盗んだところから、そうしたコメントがなくなり、おはなしに耳を傾けるようになった。それからはとても語りよかった。やはり同じ宿屋に泊るところをもっともよく聞く。そして、さすが5年生と思ったのは、「杖よ、杖よ、ぶちのめせ」というと、ぶちばしめる杖を少年が北風からもらったところで、先の展開を予想しても笑いがあふれたこと。そして、そのあと耳輪傾けて、予想通りになった展開にまた大喜びしたことだ。ああ、やっとうまくお話が伝わったと思った。

 最後は、今年の初めに訃報のあったジョン・バーニンガムの『ボルカ―はねなしガチョウのぼうけん』。初期の作品で、絵の具もこってり。恵まれない前半の展開から明るい後半とラストが心温まるので読んでみた。子どもたち、よく聞いてくれたと思う。ただ、この絵本、なんか言葉が読みにくいなあ。昨日選書して、練習不足だったことの方が大きい原因ではあるが……。

 終わって、感想を先生が聞かれたら、男子が二人、手をあげて、ふたりとも「北風に会いにいった少年」がおもしろかったとのこと。語りをあげてくれるのはねとても嬉しい。

H小学校 朝の読み聞かせ 2年1,2組 ピエトリン、新鮮な反応

 隣学校区のH小学校。今日は、2クラス合同で。1組の教室に全員入ってもらった。2組だと部屋の横幅いっぱいにひろがり、かなり多いという感じがする。プログラムは、先月南K小学校の2年生にしたのと同じだ。

プログラム
 絵本 どっちかな? ママダミネコ作 ひさかたチャイルド
 おはなし はらぺこピエトリン イタリアの昔話

 絵本の『どっちかな?』は、2クラスだと絵が小さすぎた。横の方の子たちが見えにくかったみたいだ。たぶん近視の子(前の方)は、ずっと目を細めて見えなさそうにしていた。これは失敗だった。2クラスだから、大きな本にするべきだった。
「はらぺこピエトリン」は、楽しく聞いてくれた。今までにない反応がふたつあった。まず、ごちそうの代わりに羊と牛のふんを持っていくところでは、ええーっと言いながら笑い、バッポルコが食べるシーンでは、しんとなった。どうなるか心配だったのだろう。
 もうひとつは、クライマックスで、バッポルコが一段ずつ階段をあがってきて、バッポルコが命令し、ピエトリンがその通りに動くところ。「言われたとおりにするなんて、バカ」という子がいて、ピエトリンが言われたとおりに動くたびに笑い、その笑いが周りに感染した。ああ、こういうききかたもあるんだと思った。
 それでも、ピエトリンが食べられてしまうとしんとなり、「ええーっ」と驚きの声も上がった。そのあと、オオカミと七ひきの子ヤギのような展開があるのだが、そのあたりを、子どもたちは「そんなことして、いったい、どうするの?」という顔で聞いていた。これもまた新鮮な反応だった。
 語り終わると「ほらね、ぼくの予想通りになった」と友達に自慢気に話している声がして、ああ、先を予想しながら楽しんでくれていたんだなとうれしくなった。

 子どもたちが、ピエトリンといっしょに冒険できましたように。

 

K小学校 読書週間の読み聞かせ

 朝、小学校の読み聞かせをした後は、隣市小学校の読書週間で、2時間目と3時間家の間の休み時間にいただいた。
 この小学校は、全校で17名という小さな学校だ。学校側の要望で、全学年いっしょに行った。風邪が流行りだしたということで、3名が休んで14名。小さな子から順番に3列に並んで聞いてくれた。

プログラム
 紙芝居  間所ひさこ作 木曽秀夫画 教育画劇
 絵本 ええたま いっちょう! (えほんのぼうけん) くすのきしげのり文 吉田尚令 岩崎書店
 大型絵本 どうぶつしんちょうそくてい 聞かせ屋。けいたろう文 高畠純絵 アリス館 *

    

 子どもの数が少ないということは、それに対応する先生の数の比も高いということで、大人の目がいきとどいているのだろう。毎年1回お邪魔するたびに、いつも思うのだが、子どもたちはとても落ち着いている。うわーと盛り上がることはなく、しんとしてきいている。きょうも、そんな感じだった。
ええたま いっちょう! (えほんのぼうけん)』では、主人公に「お父さんがいない」ということが分かったところで、くいっと頭をあげて見た子がいた。
 最後の大型絵本『どうぶつしんちょうそくてい』は、私の身長のことを話し、一番高い先生の身長をきいてから始めた。ところどころでくすくすっと笑いがもれる。でも、いちばん喜んでいらっしゃったのは、図書担当の先生かもしれない。

 子どもたちの反応が、今一つよくわからないので、不安なのだか、来年もよんでくださるといいなあ。

I南小学校 朝の読み聞かせ 3年3組 『くるみのなかには』無限大の可能性

 今朝はぐんと冷え込んだ。I南小学校へ。道路工事があちこちであって、いつもより道路が混んだので、焦ったが、時間前に行くことができた。3年3組は今年度2回目だ。

プログラム
 絵本 くるみのなかには (講談社の創作絵本)     たかおゆうこ作 講談社
 おはなし マメ子と魔物 イランの昔話
 絵本 なぞなぞはじまるよ おおなり修司なぞなぞ文 高畠純絵 絵本館

くるみのなかには (講談社の創作絵本) 』は、昨年の冬みつけて、秋に読みたいと思っていた。堅いからにつつまれたクルミのひとつひとつの中に無限大の可能性が潜んでいる気がする。子どもたちがどう受けとったか、分からないけれど、静かに見入ってくれた。
 おはなし「マメ子と魔物」もよく聞いていた。少しずつお話の中に入ってきているのがわかった。特に一番前の子が、マメ子が魔物に捕まると、息を呑んで聞いていた。わたしはまたうれしくて、また 力がはいってしまい、少々頭が酸欠状態に。でもなんとか最後まで持ちこたえて、ほっとして語り終えた。ほんの少し時間が余ったので『なぞなぞはじまるよ』を読めるところまで。私が難しいと思ったことはすらっと答えて、簡単と思ったところでは、悩んでいる。ここに年齢のへだたりか、なんかがあるんだろうか?
 とにもかくにも、なぞなぞは面白い。

   

H小学校 朝の読み聞かせ 6年1組 リラックスして語る

今朝は少し冷えこんだが、H小学校は近いので歩いていく。思ったより早くついてしまった。寒いからと早めに教室前の廊下へ案内される。始まりの5分前に教室に入った。

プログラム
 絵本 てをみてごらん (PHPわたしのえほん) 中村牧江作 林健造絵 PHP研究所
 おはなし ルンペルシュティルツヘン グリムの昔話

 かなり広がって座っていたので、近くに寄ってもらった。『てをみてごらん (PHPわたしのえほん)』は、静かにきいていた。小さな子でもよい内容の絵本だが、大きな子ほどその中でくみ取るもの、感じ取るものは大きいと思う。さあ、次はお話と思った矢先に、先生が「では、○○委員さん感想を」といったのでぎょっとしたた。私の中では、絵本で、すーっと心を落ち着かせてお話に入る予定だったのに……。母親委員さんもおられたので、その方が「もう一つおはなしがあります」と言ってくださり、私も「感想はそのあとの方がいいと思います」といってお話を始めた。
 子どもたちはよく聞いている。私もおとといT小学校でどきどきしながら語った後なので、はじめから少しリラックスして語れた。ルンペルシュティルツヘンの名前がわかったところで、とても嬉しそうする子が何人もいた。ラストではふふっと笑う子もいた。ああ、よーくわかっていると思った。さすが6年生だ。
 感想は、あらかじめ決まっていたようで、5、6人の子が立って言ってくれた。「どんでん返しがおもしろい」「最後がおもしろくていい話だった」「途切れなく語ってすごい」「いろいろな名前が出て来たのに覚えていたのがすごい」など。感想を聞いてはいけないことになっているけれど、こうした感想きけるとやはりうれしいよなあ、と思ってしまう。でも、純粋にお話を味わってもらうためには感想は強制したくない。このことを、学年末の要望で先生方にいわないとね。

     

より以前の記事一覧

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ