図書館おはなし会

2022年7月29日 (金)

K市立図書館本館 ストーリーテリングによるおはなし会 夏休みおはなし広場 びっくり、そして大笑い!

 K市立図書館では、毎年、夏休みに3日連続でお話会が開催されていた。でも、2年間お休みで、今年また復活した。そして私たちストーリーテリングの会も機会をいただけた。

 日にちは2日前の7月20日だった。先着12名だが、実際には3家族、子ども4人でb合計7人が聞いてくださった。

プログラム
 さるの生き肝 日本の昔話 『子どもに語る日本の昔話1』より
 おばけ学校の三人の生徒 松岡享子作 『おはなしのろうそく28』より *

  

 6年生の女の子のほかは3-5歳さん。年長さんの女の子ひとりと男の子の兄弟。一つ目のおはなし「さるの生き肝」は幼児さんたちには少し難しかった。でも年長さんの女の子と来ていたお父さんは、おはなしを一生懸命説明していて、女の子もよく聞いていた。6年生さんはちゃんとおはなしを理解して、お母さんと頷きながら聞いていた。

 わたしは「おばけ学校の三人の生徒」を語ったのだが、おばけときいて、兄弟のお兄ちゃんの方が、前まででてきて聞き始めた。おばけの子どもたちが、いろい真似真似をするのが面白いらしい。今まで、このおはなしは小学生低学年向きと考えていたが、年長さんぐらいも楽しんでもらえるとわかった。ラストは、お父さんお母さんまで、びっくり! そして大笑い!! よかった!!

2022年5月28日 (土)

I市立図書館おはなし会 そんなこんなで、まあまあ、いろいろ

気持ちのよい天気。図書館に人が少なく、お話に呼び込みたいものの、子どもたちの姿がない。開始間際に、1歳と2歳の女の子をつれた家族が来てくれて、ようやく始めた。途中から2家族加わって(2~4歳の子が3人)、さらに若い男性がひとり見学してくれた。

プログラム
 わらべうた おてぶしてぶし *
 絵本 おひさまがおちないように チュ・チョンリャン絵 クオ・ツェンユアン文 青山大樹・廣部尚子訳 ‎ライチブックス
 絵本 これはのみのぴこ 谷川俊太郎文 和田誠絵 サンリード
 わらべうた いもにめがでて *
 絵本 とべバッタ 田島征三作 偕成社
 絵本 デリバリーぶた 加藤休み作 偕成社
 紙芝居 ねこのでしになったとら 津田真一脚本 和歌山静子絵 童心社 *
 わらべうた さよならあんころもち

  

 

 

 

 

 はじめは2歳の子を中心に。ご両親がとても協力してくださって、「おてぶしてぶし」の真似をいっしょにしてくれたので助かった。

 今日のプログラムはどれも、対象年齢がもう少し上。それでも、子どもたちはずっと静かに聞いてくれた。『のみのぴこ』は読み手がリズムを大切にして、おしまいの方ではページを捲るごとに「まだあるよ」と言って、子どもたちの気を引いた。親たちも楽しんでいる。『とべバッタ』では、若い男性が「おおっ」と、身を乗り出してくれた。『デリバリーぶた』では、美味しそうな食べ物がでてくるので、「食べたい」と3歳くらいの子がつぶやいた。
 そんなこんなで、まあまあ楽しんでいただけただろうか。

 そうそう、途中でムカデも見にきてくれた。慌てて図書館員さんにきてもらったが、通風口に消えていった。こちらは、まあまあ、何もなくてなりより。

 今日みたいなことがあるから、プログラムに赤ちゃん絵本(でも大きな子も楽しめる)を入れておく必要があるかなと思う。

 

2022年5月21日 (土)

I市立図書館 ストーリーテリングによるおはなし会 ぴたっと止まる瞬間

奇数月に行っているおはなし会。3月は蔓延防止のためお休みだったので、久しぶり。3家族が来てくださった。

プログラム
 天までのびた竹 沖縄の昔話(『沖縄むかしあったとさ』より)
 びんぼうこびと ウクライナの昔話(『おはなしのろうそく26』より)
 ひなどりとネコ ミャンマーの昔話(『子どもに聞かせる世界の民話』より)*

「天までのびた竹」は、腰折れ雀によく似たお話で、おじいさんが、助けた千鳥の持ってきたタネをまくと、竹が生えて、天まで伸び、天の金蔵をやぶって金貨が落ちてくるという、壮大なお話。3-6歳の小さな子たちだったが、語り手が伸びやかに語り、静かに聞いてくれた。
 ところが、小さな子たちはさすがにお話1つで疲れてしまい、さらに2話目の「びんぼうこびと」がこの子たちには難しすぎた。もぞもぞ、くねくね体を動かしはじめ、ついには声を上げて立ち上がる子も。そのなか、語り手はよくぞ自分を見失わずに語りきったと思う。
 2話が終わって、2家族が出て行ってしまった。ただ一家、6歳と4歳、お母さんの一家族残ってくれて、私の「ひなどりとネコ」になった。まず「木が伸びる」の手遊びで、ちょっと休憩して語り始めた。でも、子どもたちはやっぱり、もうお話はうんざりといった感じだ。「ハハハ、こりゃ最後まで持つかな?」と思いながら語った。ところが、ひなどりとお母さんが、猫から逃れようと走って行くところで、急に上の子の男の子の動きがぴたっと止まって、私をじっと見て聞いてくれるようになった。それからは、下の子もおとなしくなって、最後までしっかり聞いてくれた。私も、とても集中して語れた。ああ、満足! 本当にありがとうございました。

おはなし会のあとで、今日のプログラムは、ストーリーを聞く話ばかりだったから、もっと遊べるお話や、小さな子でも楽しめるお話を入れた方がよかったと、みんなで話し合った。
そう! お話が楽しい、お話が聞けて満ちたりた。聞きにきてくださった方には、そんな気持ちになって、帰っていってほしい。

2022年4月 9日 (土)

I市立図書館おはなし会 新しい始まり!!

新年度になって初めての図書館でのおはなし会。今年度は中止がありませんように!!

プログラム
 手遊び 二羽の小鳥 *
 大型絵本 サンドイッチサンドイッチ 小西英子作 福音館書店
 絵本 あさえとちいさいいもうと 筒井頼子文 林明子絵 福音館書店 *
 手遊び 春ですよ
 絵本 くらべっこしましょ 石津ちひろ文 松田奈那子絵 白泉社
 紙芝居 はなさかじいさん 与田凖一脚本 岡野和画 童心社
 手遊び さよならあんころもち

 春のピクニック日和で、誰も来ないんじゃないかと心配していたが、3組の親子が来てくれた。年長さん2人、2歳さん2人。

 導入でつかった手遊びは、コロナ感染が始まる前に準備していたもので、ようやく子どもたちの前ですることができた。だいぶ、緊張してしまって、声が震えちゃって、自分でもびっくりだ。

   

『サンドイッチサンドイッチ』は、家に小さい本を持っているという子がいて、たのしそうに見てくれた。パンに、野菜や卵、たくさんのせて、飛び出している!!などといっている。

    

 次の『あさえとちいさいいもうと』も、時代を感じさせる本ではあるが、しっかり聞いてくれた。「あさえ」という名前は、今あまりないので読む前に「この子はあさえちゃん、この子は妹のあやちゃんだよ」とひとこと添えた。

   

『くらべっこしましょ』は、相対的な長さ、大きさ、高さを表す絵本。だんご虫に比べて長い青虫は、ヘビと比べたら短い、そんなことを感じるのに、5歳さんはちょうどいいのではないだろうか?高さ比べでは、1人の子が立ち上がって、自分の背を高くして見せていた。

 紙芝居『はなさかじいさん』も、じっくり見て聞いてくれたように思う。おもしろいのは「花さかじじい」という言葉出たとき、「じじい?」と言葉を面白がったこと。いま、あまりそういう言葉は使わないのかな。

 それにしても、この2年間、おはなし会があまりできなかったので、こうしてできる日は、とても幸せで、新鮮な気持ちになる。また、新たな出発だねとメンバーと話した。

2022年1月 8日 (土)

I市立図書館おはなし会 すてきなおはなし会初め

 年明けいちばんのおはなし会をI市立図書館で。3連休初日の気持ちのいい晴天。こんな日は図書館に来る子は少ないだろうなと思ったが、意外や意外、5、6家族が集まって、賑やかなおはなし会になった。

 

プログラム
 手遊び もちつき *
 わらべうた ひとつひばしで *
 絵本 おしょうがつのかみさま おくはらゆめ作 大日本図書 *
 絵本 ゆきのよるに (いもとようこの日本むかしばなし) いもとようこ文・絵 金の星社
 絵本 うんちっち (うさぎの子シモン1) ステファニー・ブレイク作 ふしみみさを訳 あすなろ書房 
 絵本 11ぴきのねことあほうどり 馬場のぼる作 こぐま社
 紙芝居 ししまいが やってきた! (年少向けおひさまこんにちは) よこみちけいこ脚本 ひろかわさえこ絵 童心社
 わらべうた さよならあんころもち

 

    

 

 わたしは、導入でおもちをつくり、「ひとつひばしでやいたもち」と童歌を歌いながら、鏡持ちを飾った。
 それから、『おしょうがつのかみさま』へ。大晦日から元旦までのできごとを、おくはらゆめさんののんびりした絵と文章でみせてくれる絵本。こどもたちは、どのページもとてもよく見ていた。やはり、つい1週間前に経験した出来事だから、記憶に新しいのだろう。
 読み手がかわって『ゆきのよるに (いもとようこの日本むかしばなし)』。3、4歳の小さな子たちには、理解できなかったかもしれないが、静かに聞いていた。
うんちっち (うさぎの子シモン1)』は、やはり人気だ。「うんちっち」のところで一緒に言って笑っている。でも、8歳の子はその言葉だけでなく、ストーリー面白さをちゃんと理解していて、先を読んで楽しんでいた。
11ぴきのねことあほうどり』、親子で楽しめたようだ。アホウドリが3までしか数えられないので3羽と3羽と3羽と2羽で11羽というのを、指を折って数えて、考えている子もいてかわいらしかった。
 最後は『紙芝居 ししまいが やってきた! (年少向けおひさまこんにちは)』。ここでもお正月のものがたくさんでてきて、子どもたちは興味深げに見ている。ししまいは、もしかしたら初めて見るかも。頭をかじられると、1年元気で過ごせるなど興味深げに聞き、紙芝居の中で踊る獅子にあわせて、体を揺らしていた。

 コロナの不穏なニュースが伝わってきてはいるけれど、おはなし会は楽しい年明け。どうぞ、良い年となりますように。

Img_0596

2021年12月 9日 (木)

I市立図書館おはなし会11月27日(土)おはなし会の楽しみ方もいろいろ

11月27日(土)のおはなし会。

こちらは、絵本の読み聞かせ。
行楽日和のせいか、はじめ、子どもがだれもいなくて、おやおや、と思ったが、図書館員さんが3組読んできてくれた。

プログラム
 詩の朗読 くうきとあくしゅ/うんこのゆげ(『レモン (絵本 かがやけ・詩 かんじることば)』より)
      あーよかった(『木いちごつみ (日本傑作絵本シリーズ)』より)
 絵本 どうぞのいす (【2歳 3歳 4歳児の絵本】) 香山美子作 柿本幸造絵 ひさかたチャイルド
 絵本 かぜビューン (PETIT POOKA) 3~6歳児向け 絵本 tuperatupera作 学研プラス *
 絵本 かめくんのさんぽ (こどものとも絵本) なかのひろたか作 福音館書店
 絵本 おもいおいも 木坂涼作 どうなつみ絵 教育画劇 *
 パネルシアター ばけくらべ
 わらべうた さよならあんころもち

     

 子どもが5人と大人が4人。2歳~5歳ぐらいまで。絵本が続いたので、ちょっと疲れたかもしれない。ラストのわらべうたで、はじめて笑顔がはじけた。小さな子のおはなし会では、プログラムに手遊びなんかが必要だ!!
 楽しかったのは、いちばん小さな女の子が、読み手の隣に同じようにすわって、読み聞かせのまねを始めたこと。『かぜビューン (PETIT POOKA) 3~6歳児向け 絵本 』は、めくる仕掛けがあるので、普通の絵本と違うと気づき、近くまで見に来た。『かめくんのさんぽ (こどものとも絵本) 』の時には、ぞうくんのマネをして、丸くなったりする。まだ小さな子で、絵本の中身まであまり理解できないかもしれないけれど、それなりに(いや、いちばん)楽しんでいたんじゃないかと思う。おはなし会でこうして本に親しんでもらうのも、いいよね。

2021年7月10日 (土)

I図書館おはなし会 久々そして新しい場所。反省も問題も満載。でもやっぱり楽しい!

 久しぶりの更新。そして、図書館のおはなし会は何と1年半ぶり。初心に戻って、再出発だ。どうぞこのまま、ほそぼそとでもつづけられますように。

 I図書館では、新しく子ども読書空間ができ、今回からそこの読み聞かせスペースで行う事になった。普段は子どもとその親などが、靴を脱いで上がり、座ったり寝そべったりしながら、本を楽しむスペースだ。今までの閉じられた「お話の部屋」とは違って開放的で、親しみやすい場所だ。久々な上に、初めての場所で、私たちもドキドキだった。

プログラム
 大型絵本 ぼくのくれよん (講談社の創作絵本) 長新太作 講談社
 絵本 密林一きれいなひょうの話 工藤直子文 和田誠絵 瑞雲社 *
 絵本 このかみなあに? トイレットペーパーのはなし (福音館の科学シリーズ) 谷内つねお作 福音館書店
 手遊び 一丁目のおばけ *
 紙芝居 紙芝居 おじいさんとおばけ (紙芝居 おはなしがいっぱい) 堀尾青史脚本 瀬名恵子絵 童心社
 わらべうた さよならあんころもち

 来てくれたのは、子ども9人、大人5人。年長さんと年中さんが一人ずつして、その他はみな2歳よりちっちゃな子たちだ。あーーー。これは、プログラムが難しすぎるかもと思った。案の定、よく聞いて見てくれたのは、最初の『ぼくのくれよん (講談社の創作絵本)』だけ。擬音や大きな動物たちを楽しんでいる。
    

 私が読んだ『密林一きれいなひょうの話』は10分ぐらいかかり、その間、他の絵本を見る子あり、遊ぶ子ありで、がやがや落ち着きがない。そのなかで、わたしは懸命に心をこめて読んだのだが、どこまで伝わっただろうか。あああ。そうだった!! 2-3歳を対象にして選書しなければいけなかったんだ! 新しい場所なので、小学生も来るだろう、これをきっかけにお話会の対象年齢をあげたいと思った私がおろかだった、と思い知った。1年半のあいだにすっかり現実から離れてしまったらしい。
     

次の『このかみなあに? トイレットペーパーのはなし (福音館の科学シリーズ)』では、だいぶ聞き手の人数が減って、静かになった。トイレットペーパーに跡がつくページを、年中さんがしっかり見ていた。
 ここで残っていたのは3組の親子。手遊びでは、みんなで一緒にやってくれる。最後にお化けが出てきそうになると、年中さんが後の方へ逃げて行ったのがかわいらしかった。
     

その雰囲気のまま紙芝居『紙芝居 おじいさんとおばけ (紙芝居 おはなしがいっぱい)』へ。2歳さんが紙芝居に触りたくて、前へ出てきたところで、ちょうど一つ目小僧が出てきて、わっと驚いて、お母さんの元へ戻っていく。笑いが広がった。
     

 ラストはいつもの「さよならあんころもち」。小さなお団子をつくるね、小さな子の小さな指がかわいらしいこと。

 なにはともあれ、お話会が無事終わってほっとする。こうした緊張感忘れていた。でも、これが楽しい!!

 前のおはなしの部屋の方が、子どもたちが集中しやすい。でも、この開放的で平坦なスペースでは、親しみやすい感じがするような気もする。プログラムをもっと賑やかにするとか、対話を多くするとか、前とは違うお話会ができるかもしれない。しばらくは試行錯誤が続きそうだ。

2020年2月 1日 (土)

2月のK図書館分館おはなし会 また、眼鏡を忘れた!

 今年、担当の第1土曜日が1月4日のお休みだったので、K図書館分館ではじめてのおはなし会。
 冬らしい晴天。まず1組の親子が来てくれた。男の子で6歳くらいかな?

プログラム
 わらべうた いっぴきちゅう
 絵本 きっともっとすてき! あんびるやすこ作 ひさかたチャイルド
 絵本 オオカミと10ぴきの子ブタ (児童図書館・絵本の部屋) 評論社 久山太一訳 
 紙芝居 かみしばいおに (紙芝居ユーモアひろば 第 1集) 矢玉四郎作 教育画劇
 エプロンシアター おふろにはいろう

 聞き手が少ないと緊張するのだろうか? とても静かに聞いていた。

   

きっともっとすてき!』は、仕掛け絵本。シンプルなおはなしだけれど、小さな子は楽しめると思う。

   

 わたしは『オオカミと10ぴきの子ブタ (児童図書館・絵本の部屋)』を読んだ。ところが、眼鏡を忘れたので、大変。何回もとちってしまった。ごめんなさい。

 節分ということで『かみしばいおに (紙芝居ユーモアひろば 第 1集)』。この紙芝居からもうひとり、年中さんの女の子が参加した。
 最後はエプロンシアター。いろいろな野菜がお風呂に入って、きれいになるお話。子どもたちは、野菜の名前がいろいろ言えた。大根が黒いときは、「ごぼう」と言っている。でも、じゃがいもや里芋もちゃんと言えているのがすごい。

 ところで、わたし、自分としては、とても反省している。うまく読めなかったのは、眼鏡を忘れたこともあるけれど、ろくろく練習していないから。このところ、おはなし会に人が集まらない。集まっても、2、3歳の小さな子たちで、しっかりしたお話の本は読めず、なんだか、やる気を失ってしまっていたのだ。今日も、ちいさな子向けの本を持ち、もし、大きな子がきたら、みたいな感じで、ただ候補の本をいくつか持っていっていただけ。そして、よし!と読んだら、このざまだった。ああ、年齢をとって、ぱっと見てぱっと読むってことができなくなったてきたのだと、実感した。
 とっても読みたい。でも、ちゃんと読むためには、たとえ、その日読めなくても練習しておかなくちゃ。その練習を自分で楽しめばいい。

2020年1月11日 (土)

1月のI市立図書館おはなし会 おはなし会はじまり

 今年のおはなし会はじめはI市立図書館。3連休のぽかぽか陽気とあって、いつもより子どもの数は少なめ。でも、なぜか、大人だけでいらっしゃった方が3~4名。支援学校からは4名(高学年から高校生まで)。そして、まだ1~2歳の幼児と、ものすごーい年齢幅となってしまった。途中出入りがあって、全体としては大人16名、こども10名だった。

 プログラム
 わらべうた ひとつひばしでやいたもち *
 絵本 おもちのきもち (講談社の創作絵本) かがくいひろし作 講談社
 絵本 十二支のはじまり いもとようこ作 金の星社
 絵本 おっしくっらまんじゅう おかいみほ作 こどものとも0.1.2. 2015.01 福音館書店
 手袋シアター だれかが忘れたぼうし
 絵本 みかんのひみつ (しぜんにタッチ!) 鈴木伸一監修 岩間史朗写真 ひさかたチャイルド * 
 紙芝居 紙芝居 しりなりべら (日本民話かみしばい選・わらいばなしがいっぱい) 渋谷勲脚本 松谷みよ子監修 福田庄助絵 童心社
 わらべうた さよならあんころもち

  Photo_20200111164601   
 わらべうた「ひとつひばしでやいたもち」は、3番の「みごとなかざりもち」まで。歌いながら、お手玉を三つのせて、鏡餅をつくった。でも、鏡餅、なんかぴんと来ないようだった。いまは、あまり家でかざらないのだろうか? 

   

おもちのきもち (講談社の創作絵本)』と『十二支のはじまり』は、1~2歳の子にはよくわからなかったようであきてしまい、2組の親子が出ていかれた。
『おっしくっらまんじゅう』は、わたしたち会員も「おっしくっらまんじゅう♪」と読み手と歌った。年嵩の大人たちもなつかしそうに歌ってくれた。
 手袋シアターでは、ちいさな子と支援学校の何人かが大喜び。「ワンワン」など、動物の鳴き声が楽しいのだと思う。


   

 みんなが興味を持って聞いてくれたのは『みかんのひみつ (しぜんにタッチ!)』。おなじみのミカンだけれど、切り口がよくて、ひと房のみかんにつぶつぶが270以上もあるとか、大人でもびっくりすることも教えてくれのだ。

   

 最後の紙芝居『紙芝居 しりなりべら (日本民話かみしばい選・わらいばなしがいっぱい)』は、初笑い。小さな子には、理解しにくかったかも。ただおならの音がリズムよく、見ていてくれたように思う。

 

2019年12月14日 (土)

12月のI市立図書館おはなし会 またきてね

 I市立図書館はここ最近常連さんが多くなってきていたのだが、きょうは集まりが悪かった。最初は3歳の子が二人と1年生くらいの子が一人。そのあと、児童室に来た子に声をかけ、出たり入ったりで総人数10人くらいだった。最初に入ってきた3歳の子2人はずっといてくれた。

プログラム
 絵本 ろうそく ぱっ みなみじゅんこ作 アリス館 *
 絵本 いぶくろ 洞野志保再話・絵 こどものとも年中版 2018.12 福音館書店
 手遊び にぎってひらいてパッパッパッ
 絵本 ふたごだよ (ポプラ社の絵本) サトシン作 竹内通雅絵 ポプラ社 *
 絵本 ハリーのセーター (世界傑作絵本シリーズ) ジーン・ジオン文 マーガレット・ブロイ・グレアム絵 福音館書店
 エプロンシアター おおきなかぶ
 わらべうた さよならあんころもち


  


ろうそく ぱっ』は大きな子にはどうかなと思ったが、意外にもよく見ていた。ろうそくの火をふっと消すところで、驚いたように目を大きく見開いて見ていたのが印象的だった。

  

  逆に『いぶくろ』や『ハリーのセーター (世界傑作絵本シリーズ)』は、3歳さんにはわかるだろうか、飽きてしまわないかと心配したが、ずっと静かに見ている。どこまでわかっているのかわからないけれど、すごいなあ。大きな子はさすが、前にでてきて見ていた。

  

 手遊びの時、児童室にいた子を何人か入れて『ふたごだよ (ポプラ社の絵本)』へ。偶然にも双子がいた。男女の二卵性だったのがちょっと残念だったけれど。この絵本は、絵がはっきりしていて、言葉のリズムがよい。読み聞かせにおすすめだ。
 最後はエプロンシアターで。「うんとこしょ、どっこいしょ」と、みんなでかぶをひけた。
 新しく来た子たちはみな、きょうのスタンプをおした出席カードをもって帰った。どうぞ、また来てくださいね。
 

 

より以前の記事一覧

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

NetGalley 本の応援団

  • グッドレビュアー
  • プロフェッショナルな読者