最近のトラックバック

図書館おはなし会

9月のK図書館分館おはなし会 知っていても、おもしろし本はやっぱりおもしろい

 からっとした晴天。一気に秋がきたなと思う。図書館に来てくれたのは、5歳の女の子ひとりと、小学校1年生と4歳くらいの兄弟。3人1列に並んで聞いてくれた。

プログラム
 わらべうたであてっこ どんぐりころちゃん *
 絵本 でも だいじょうぶ! ジェフ・マック作 石津ちひろ訳 パイ ンターナショナル
 紙芝居 のんびりきょうりゅうのんのん―子育て恐竜マイアサウラのおはなし (ふしぎなきょうりゅうのせかい) 田中秀幸脚本 中村美佐子画・教育画劇
 手遊び あげたりさげたり *
 絵本 うし 内田麟太郎詩 高畠純絵 アリス館 *
 絵本 11ぴきのねこふくろのなか 馬場のぼる作 こぐま社 *
 紙芝居 へっこきよめ (日本のユーモア民話) 香山美子脚本 川端誠画 教育画劇 *

 先日の雨のあと、まだ青いどんぐりが葉ごと落ちていたので、それを見せてから「どんぐりころちゃん」で、どちらの手に隠したかのあてっこをした。わたしはそれほど巧妙にできないのでバレバレだと思ったが、意外に当てられなかった。
でも だいじょうぶ! 』は、絵を読む部分が大きい。読み手が説明を加えながら読んだので、楽しめたようだ。『うし』は、言葉遊びにもなっている詩。牛が出てくるたびに、子どもたちは「うしばっかり」。最後の落ちは、よくわからなかったようだ。『11ぴきのねこふくろのなか』と『へっこきよめ (日本のユーモア民話)』は、1年生のお兄ちゃんが「知っている!」といったのだが、「読んでもいい?」と聞くと「いい」というので読ませてもらった。両方とも、知ってはいてもやっぱり面白いから、よく聞いてくれた。
 新しい本で面白いものをと、さがしてはいるものの、なかなか見つけられない、このごろ。努力が足りないのか、自分の感性が古くなったのか……。
 

    

8月のK図書館分館おはなし会 ひとりの聞き手

 昨日のおはなし会。夏休みでみなどこかに出かけたのだろうか? 年長のKくんがひとり来てくれた。Kくんは、いつもとってもよく聞いてくれるから、読み手の方も張り切れる。

プログラム
 おはなし くらーいくらーい家 (『五分間で語れるお話―もっと聞かせて!短いお話48編』より)
 絵本 ぼちぼちいこか マイク・セイラー文 ロバート・グロスマン絵 今江祥智訳 偕成社
 紙芝居 ピッカリくん―星は、どうして夜しか見えないの? (はてななぜかしら) 塩田守男作 教育画劇 *
 絵本 かかかかか 五味太郎 偕成社*
 絵本 ぼく、あぶらぜみ (かがくのとも絵本) 得田之久文 たかはしきよし絵 福音館書店 *
 絵本 ひゃくにんのおとうさん (こどものとも世界昔ばなしの旅2)  譚小勇・天野祐吉文  譚小勇 絵 福音館書店 *
 エプロンシアター 3匹のヤギのガラガラドン

 最初のおはなしは初めてやってみた。Kくんは最初いっしょに手遊びをしていたのだが、途中から怖くなったみたいでやめてしまった。「くらーいくらーい」の繰り返しは怖いのかもしれない。一転して『ぼちぼちいこか』では、「ぜんぜんだめだよ」とカバにつっこみを入れ、、けらけら笑いながら見ていた。『かかかかか』は、ちょっと意味を計りかねたようだ。小学生向けかなあ。先週あたりからはとてもセミが元気なので『ぼく、あぶらぜみ (かがくのとも絵本)』を。アブラゼミが5年も土の中にいると知ると、「5歳なの?」と自分と比べていた。最後の『ひゃくにんのおとうさん (こどものとも世界昔ばなしの旅2)』は、話の流れがちゃんとわかったようで、おとうさんが100人出てくると大笑いしていた。
 エプロンシアターでは、トロルが怖いようで、演じ手がトロルを出すたびにじりじりと後ろへ下がっていく。終わってから、トロルがでてきたらざうする?と演じ手画聞くと、頭をイノシシみたいに下げて向かっていくとたくましい。
 たったひとりの聞き手だけれど、おばさんたち3人はとっても楽しい思いができました。ありがとう! Kくん!!

   

  

7月のK図書館分館おはなし会 4匹の子ブタ

 今日から7月。今年ももう後半に入ったかと思う、時の流れの速さに驚いてしまう。今日は4人の子どもたちが来てくれた。一番大きな子は1年生。他の子は年中さんくらいかなあ。横一列に並んで、にこにこしていてくれる。

プログラム
 わらべうたであてっこ おてぶしてぶし *
 絵本 いしぶたくん (チューリップえほんシリーズ) あきやまただし作 すずき出版
 紙芝居 おかしだいすきくいしんぼ王さま (ゆかいな6人の王さまシリーズ) 飯島敏子脚本 相沢つる子絵 教育画劇
 手遊び ぶたがぶたれた *
 絵本 ちゅうちゅうたこかいな (講談社の幼児えほん) 新井洋行作 講談社 *
 絵本 おばけのたんけん (こどものとも絵本) 西平あかね作 福音館書店 *
 エプロンシアター 若返りの水

「おてぶしてぶし」では、手づくりのさくらんぼうを隠すのだが、そのさくらんぼがちょっと大きめなために、小学生のお兄ちゃんにはすぐにわかってしまい、他の子はお兄ちゃんを見て、真似するので、2回やって、2回とも当てられてしまった。でも、子どもたちは嬉しそうだった。
いしぶたくん (チューリップえほんシリーズ』は、意外に子どもたちは真面目な顔で見ている。お兄ちゃんだけがちよぴりくすくす笑っている。ブタのお話が続いたので手遊びは「ぶたがぶたれた」最後にゴツンと頭を拳でぶつのだが、4人いるので、4人分やった。4匹の子ブダだ。少人数おはなし会では、こんなことができるのがいい。
ちゅうちゅうたこかいな (講談社の幼児えほん) 』は、新く、たぶんあちこちのおはなし会で読まれている人気絵本。「ちゅーちゅーたこかいな」をふしを付けて歌いながら読むと、子どもたちもいっしょに歌い出し、次に出てくるのは何かと考えていた。すべて「な」で始まるのだが、そのあたりは年中さんたちにはまだわからないらしい。『おばけのたんけん (こどものとも絵本)』は、とても可愛らしいお話で、小さな子たちが共感できそうなので選んだ。絵が全体に暗く、登場するおばけたちも小さいが、少人数のおはなし会ならなんとかなると思ったのだ。子どもたちは静かに聞いていた。あとで、仲間に聞いてみると、「私の目ではあんまりはっきり見えなかった」「それより、よくあんな細かい字が読めるね」と、話が別の方に飛んでしまった。(読み聞かせをするものにとって、年とともに近くが見えなくなるのは、大問題です)
 エプロンシアターでは、4人の子は木になったり、エプロンに流れる水にさわったりと、楽しそう。おばあさんが赤ちゃんになってしまったのをけらけら笑って聞いていた。

   

6月のK図書館分館おはなし会 紙芝居をなめにくる

 風がふいて、さわやかな日。4人の姫が来てくれた。1人は小学生。あと3人は年中さんぐらいだ。

プログラム
 折り紙シアター ちょうちょう
 絵本 パパと10にんのこども ベネディクト・ゲッティエール作 那須田淳訳 ひのくま出版
 紙芝居 ごきげんのわるいコックさん (とびだすせかい)まついのりこ&ひょうしぎ絵・脚本 童心社
 絵本 矢玉史郎 ながいいぬのかいかた (矢玉四郎のあいうえほん) ポプラ社
 絵本 ガストン (講談社の翻訳絵本) ケリー・ディップチオ文 クリスチャン・ロビンソン絵 木坂涼訳 講談社
 エプロンシアター かえるののどじまん

パパと10にんのこども』は、どの子も知っている~というものの、読み始めると、パパのてんやわんやを笑いながらよく聞いていた。紙芝居の『ごきげんのわるいコックさん (とびだすせかい)』は、大喜び。キャンディが現れると、小学生以外の子は、競争でなめに走ってくる。『ながいいぬのかいかた (矢玉四郎のあいうえほん)』では、長い犬をとても不思議がっていた。『ガストン (講談社の翻訳絵本)』は小学生がいるので読んでみた。小さな子たちはどこまで理解できたかなあ? 「アントワネット」という犬の名前が日本ではあまりないので、それが不思議な様子。最後まで食い入るように見ていたのは、小学生とその妹。後の二人は途中から、おしゃべりしたりしていた。つまんなくなっちゃったかな? 最後は楽しいエプロンシアター。演じ手が布でつくったマイクを子どもたちに向けて名前を尋ねると、急に緊張して小さな声で「○○です」と答えるのが可愛らしかった。

       

5月のK図書館分館おはなし会 リピーターがいる喜び

 ゴールデンウィークのおしまいの土曜日は曇り空。常連さんばかり4人の子どもが来てくれた。繰り返してきてくれるのはとても嬉しい。

プログラム
 手袋シアター はながさいた まどみちお詩 *
 絵本 ねえ どっちがすき? (幼児絵本シリーズ) 安江リエ文 降矢なな絵 福音館書店
 絵本 にんじんと ごぼうと だいこん (たんぽぽえほんシリーズ) 和歌山静子作 すずき出版 *
 絵本 もりのおやつやさん (学研おはなし絵本) とりごえまり作 教育学習社 *
 わらべうた たけんこがのびた *
 絵本 ルラルさんのにわ (いとうひろしの本) いとうひろし作 ポプラ社 *
 紙芝居 おにぎりさんきょうだい (おもしろゆかいなたべもの紙芝居) つぼいじゅり作 教育画劇

 4~6歳くらいの小さな子たち。どの子もお行儀のいい子ばかりで、きっちり座って静かに聞いていたが『ねえ どっちがすき? (幼児絵本シリーズ) 』のときは、それぞれが、他の子につられずに自分の好き嫌いを言えたのがすごいなと思った。『もりのおやつやさん (学研おはなし絵本)』は。前半、みつばち、ねずみ、うさぎがつぎづきにおいしそうな食べ物を持っていくのを、特に一番小さな子が喜んで見ていた。でも、後半は良くわからなかったかもしれない。『ルラルさんのにわ (いとうひろしの本)』も、最後の落ちが、大人たち(お母さんとお父さん)にはくすっと笑えるけれど、子どもたちはポカンという感じだ。本選び、本当に難しい。

    

4月のK図書館分館おはなし会 読み継がれた作品で

 今年は桜の開花が遅い。いつもなら4月の最初の土曜日、図書館の桜は満開なのに、なんと1輪も開いてなくて、驚きだった。曇の肌寒いの日の今日、7人もの子が来てくれた。3歳さんから7歳まで。1列にずらっと並んで聞いてくれた。

プログラム
 詩の朗読 は、は、はるだよ 与田準一作 『は は はるだよ』(金の星社)より
 絵本 だんごだんごどこいった 大江ちさと文 太田大八絵 トモ企画
 絵本 はるです はるのおおそうじ (幼児絵本シリーズ) こいでたん文 こいでやすこ絵 福音館書店
 手遊び つくしんぼ
 絵本 たんぽぽ (絵本のおくりもの) 甲斐信枝作 金の星社
 紙芝居 おおきくおおきくおおきくなあれ (ひろがるせかい) (まついのりこ・かみしばいひろがるせかい) まついのりこ作 童心社

『だんごだんごどこいった』は、古い絵本。セリフの土地言葉が読みにくくて、家でなんどか練習したけれど、やはりうまくいかなかった。子どもたちは静かに聞いていたけれど、どこまでわかってきいていただろうか? 稲穂を石うすでひいて、粉を作り、その粉で団子を作るところが、絵でしっかり描かれているから、現代の生活になくても、ある程度理解できると思うのだが……。『はるです はるのおおそうじ (幼児絵本シリーズ)』は、最後にいくにつれて、子どもたちが主人公のねずみたちを心配しているのがわかった。ねずみたちの家がなくなってしまう……というところにくると、みんな真剣に絵本を見つめている。『たんぽぽ (絵本のおくりもの)』は、特に7歳の女の子が食い入るように絵を見ていた。読み終わって、今たんぽぽはこんな感じで咲いているかなあと、先初めのたんぽぽの絵を見せると「もう少し大きくなっている。学校へ行く道に咲いている……」とその子が答えた。やはり、科学絵本は、自分が体験したことを、絵本で見て、また観察して……というのがいい。最後にみんな 一つずつ学年が大きくなるから『おおきくおおきくおおきくなあれ (ひろがるせかい) (まついのりこ・かみしばいひろがるせかい)』の紙芝居。大きな声でいっしょに言ってくれて楽しめた。
 こうして書きだして見ると、古い作品ばかり。この頃、いいと思える新しい絵本になかなか出会えないし、新作で冒険できない。ああ、年なんかなあ。
 

   

3月のK図書館分館おはなし会 聴き手一人だからできること

 3月になって、急に春めいてきた。日中は暖かく、図書館に子どもの姿はなく……と思っていたら、年中のKちゃんがお母さんと来てくれた。

プログラム
 手袋シアター つんつんつくし
 絵本 つくし (かがくのとも傑作集 どきどき・しぜん) 甲斐信枝作 福音館書店
 絵本 ねこ・こども (幼児絵本シリーズ) 佐々木マキ作 福音館書店
 絵本 ずいとんさん―日本の昔話 (こどものとも傑作集) 日野十成再話 斎藤隆夫絵 福音館書店
 絵本 まるまるまるのほん エルヴェ・テュレ作 谷川俊太郎訳 ポプラ社

 Kちゃんは年中だけれど、いつも熱心に聞いてくれるので、ちょっと難しいかなと思いつつ、『つくし (かがくのとも傑作集 どきどき・しぜん)』を読んでみた。つくしは、昨年田んぼの土手に出ているのを見たという。そのつくしが食べられると知り、びっくりしている。根っこがつながっているところも、絵に近づいてきて一生懸命見て、「すごいっ」と言っていた。
ねこ・こども (幼児絵本シリーズ) 』は、楽しんではいたものの、意外にもつながりがよくわからなかったようだ。しりとりは知っているけれど、「ネッシー」「キス」など、言葉がまだわからないみたいだった。
 選本をしくじったのは、『ずいとんさん―日本の昔話 (こどものとも傑作集) 』。お寺のご本尊などの言葉がわかりにくいし、キツネが化かしているのも、理解できなかったみたい。風景に梅が咲いていて、今の季節にピッタリで選んだけれど、『』を用意していたので、そっちを読めばよかった。
 聞き手がひとりなので『まるまるまるのほん』をいっしょに楽しんだ。押したり、こすったり、揺らしたり……とても喜んでやってくれた。読み終わるとちょうど30分たったので「今日はこれでおしまい」というと、「ええー、もうおわっっちゃうの」と言ってくれた。
 Kちゃん、本当にありがとう。とってもとっても楽しかったよ。

     

2月のI市立図書館おはなし会 また、やっちまった!!

 昨日は朝方に雪。こういう日しかも休日は家にいるのがいちばんだから、子どもたちは来ないよねえと思いつつ出かける。そんな後ろ向きの気持ちがいけなかったのだろう。ああー、また紙芝居を忘れてしまった。一緒に借りて図書館に返すのはちゃんと持っていたのに、読む予定のものだけ、前日練習したために、そのまま……。は~。でも、ため息ついているひまはない、とにかく埋め合わせを探さないと……で、ナイスな絵本見つけられました。happy01

プログラム
 紙芝居 ててて (年少向けおひさまこんにちは)  まどみちお脚本 片山健絵 童心社
 絵本 はるちゃんのぼんぼりぼうし  とくながまり文 とよたかずひこ絵 ひさかたチャイルド *
 絵本 ちょろりんのすてきなセーター (こどものとも傑作集)  降矢なな作 福音館書店
 手遊び 1わのにわとりさんぽして *
 絵本 まじょの  おとしもの (こどものとも絵本)  油野誠一作 福音館書店
 紙芝居 ポンコちゃんとゆきだるま (年少向けおひさまこんにちは) ひろかわさえこ作 童心社 *
 わらべうた さよならあんころもち

 はじまる前は予想通り子どもの姿がなかったのだが、時間になって、10人位の子と親が5人来てくれた。そのあとは、途中からしだれで何人もが入ってきた。ただ、全体的に年齢が低く2歳ぐらいの子が多くて、退屈して外へ出る子も……。出入りが多くて、ややまとまらない感じだった。
 そのなか、私は紙芝居を忘れた動揺か、出入りが気になったか、『はるちゃんのぼんぼりぼうし 』では、読み間違えたり、ページをめくり損ねたり……散々だった。でも手遊びで、2歳の子たちも大きな子もほとんどの子が楽しそうにやってくれたので、気をよくして持ち直した。絵本の『ちょろりんのすてきなセーター (こどものとも傑作集)』『まじょの  おとしもの (こどものとも絵本) 』は、どちらもいい絵本なのだが、おちびさんたちには難しくてざわついた。でも、5~6才の数人は食い入るように見つめて聞いている。聞き手の年齢に合わせた絵本選びをしたいけれど、幅の広い図書館でのおはなし会では、致し方のないことだ。
 最初と最後の紙芝居2つは、小さい子向けでよかった。『ててて (年少向けおひさまこんにちは)』は、復唱していう子がいてかわいらしい。私が大急ぎで選んだ『ポンコちゃんとゆきだるま (年少向けおひさまこんにちは)』の方も、ユーモアがあって、雪の降った昨日にピッタリだった。まあ、禍転じて福と為すということで……

    

  

2月のK図書館分館おはなし会 

 今年ももう2月はやいです!! よいお天気の今日、最初に集まってくれたのは3人の女の子。年長さん2人と年少さん1人。真ん中ぐらいに、2年生と年長さんの兄弟が来てくれた。

プログラム
 手袋シアター ととけっこう
 絵本 しましま しまうま (とことこえほん)  かわむおさむ作 童心社
 紙芝居 イルカいらんかさかなやさん―紙芝居 (どうぶつむらのおみせやさん)  田沢梨枝子作 教育画劇
 手遊び いっちゃんいがつくいるかのこ *
 絵本 かくれんぼ かくれんぼ (はじめてよむ絵本)  五味太郎作 偕成社 *
 絵本 おおさむ こさむ (こどものとも傑作集)  こいでやすこ作 福音館書店 *
 エプロンシアター おふろにはいろう

 女の子3人はとても静か。うたを歌うのも、手遊びをするのも恥ずかしそうに、周りのお友達がやっているかを気にしながらやっている。絵本や紙芝居も背筋をのばし、しんとして聞いていた。そこへ元気に男の子たちがきて、一気ににぎやかに。『しましま しまうま (とことこえほん)』では、「ほんとは、かばだよー」「ぞうだよー」と声を上げる。『おおさむ こさむ (こどものとも傑作集) 』では、ゆきぼうずだ! エプロンシアターでは、100まで数えようとがんばったりした。
 今日来た子たちは、みなリピーター。少人数でも繰り返し来てくれるのは嬉しい。

  

1月のK図書館分館おはなし会 おはなしはじめ

 fuji あけましておめでとうございます。


 今日は、おはなし会はじめ。朝の冷え込みは厳しかったけれど、日中は日が照ってポッカポカ。小1と年中の姉妹がパパときてくれた。

プログラム
 手袋人形で ととけっこ (『おはなしおばさんの小道具 (シリーズ つくってあそんで) 』より)*
 絵本 へんしんレストラン (新しいえほん)  あきやまただし作 金の星社
 紙芝居 たからさがし (とびだすせかい)  まついのりこ作 童心社
 絵本 コッケモーモー!  ジュリエット・ダラス=コンテ文 アリソン・バートレット絵 田中亜希子訳 徳間書店 *
 絵本 さる と びっき 山形の昔話 (こどものとも 日本の昔話 10のとびら) 武田正再話 梶山俊夫絵 福音館書店 *
 エプロンシアター  ねずみのよめいり

「ととけっこ」をするのは10年ぶり位。酉年なので引っ張り出してやってみた。たまごやひよこを出すところがうまくいかなくて、年中さんは、「ああ、あそこ(メンドリのおなかのなか)に入っているんだね」なんてお姉ちゃんにささやいている。『へんしんレストラン (新しいえほん)』は、音でひっくりかえるのを楽しむものなのだが、子どもたちは字で分かってしまう。それでも、自分が思った通りのものに返信するのが面白いようだ。
 酉年の本を読みたいと思っていたので、絵本も『コッケモーモー! 』。オンドリが「コッケコッコー」ではなく、「コッケモーモー」「コッケガーガー」などとなくのを笑うのではなく、真剣に聞いていた。『さる と びっき 山形の昔話 (こどものとも 日本の昔話 10のとびら)』もじっと聞いていた。
 エプロンシアターのおはなしも、ふたりとも知っていた。演じ手がお日様より強いのはなんだろう?と聞くと「雲!」、「雲より強いのは?」「風!」と、迷わず答えていく。後できくと絵本で読んだことがあるとのこと。たくさん本を読んでもらってきたのかな。今年も、おはなしを楽しんでね。

     

より以前の記事一覧

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ