おはなし(ストーリーテリング)

2022年7月29日 (金)

K市立図書館本館 ストーリーテリングによるおはなし会 夏休みおはなし広場 びっくり、そして大笑い!

 K市立図書館では、毎年、夏休みに3日連続でお話会が開催されていた。でも、2年間お休みで、今年また復活した。そして私たちストーリーテリングの会も機会をいただけた。

 日にちは2日前の7月20日だった。先着12名だが、実際には3家族、子ども4人でb合計7人が聞いてくださった。

プログラム
 さるの生き肝 日本の昔話 『子どもに語る日本の昔話1』より
 おばけ学校の三人の生徒 松岡享子作 『おはなしのろうそく28』より *

  

 6年生の女の子のほかは3-5歳さん。年長さんの女の子ひとりと男の子の兄弟。一つ目のおはなし「さるの生き肝」は幼児さんたちには少し難しかった。でも年長さんの女の子と来ていたお父さんは、おはなしを一生懸命説明していて、女の子もよく聞いていた。6年生さんはちゃんとおはなしを理解して、お母さんと頷きながら聞いていた。

 わたしは「おばけ学校の三人の生徒」を語ったのだが、おばけときいて、兄弟のお兄ちゃんの方が、前まででてきて聞き始めた。おばけの子どもたちが、いろい真似真似をするのが面白いらしい。今まで、このおはなしは小学生低学年向きと考えていたが、年長さんぐらいも楽しんでもらえるとわかった。ラストは、お父さんお母さんまで、びっくり! そして大笑い!! よかった!!

2022年7月14日 (木)

I南小学校 朝の読み聞かせ 4年1組 エパミナンダスはずば抜けて面白い

 昨日に引き続いて、今日はI南小学校での朝の読み聞かせ。4-2、4-3に続けて、今日は4-1。おはなしは同じエパミナンダス。絵本は変えて、先週H小学校の3年生と同じプログラムにしてみた。

プログラム

 絵本 ぱんつさん たなかひかる作 ポプラ社
 おはなし エパミナンダス 『エパミナンダス』より東京子ども図書館

      


 昨日、絵本を動かしてみんなに見せて、上手くいったので、今日も『ぱんつさん』で同じように見せてみた。でも、ううーん、子ども達の表情は固い。4年生だからだろうか? 笑っていいか、まじめにきいたほうがいいか悩んでしまったのだろうか? ナンセンス絵本はむずかしい。

「エパミナンダス」は、途中で大笑いが始まり、終わると「おもしろかった!」という素直な声があちこちであがった。反応はとても嬉しいのだけれど、実は、わたしは散々なできだったため、ちょっとめげている。上手くかたれなかった理由は、慣れによる練習不足。そして、あれこれあってお疲れぎみなこと(そういうのって、語りにでるんだなと、実感した)。それでも、あんなに喜んでもらえて、このおはなしのすごさに感激する。もう一回、この学校の4年生に語れたら(まだ4組がのこつているの)、今度こそ!!

南K小学校 朝の読み聞かせ 1年2組 「また来てね~」

 やっと我が学校区の小学校で読み聞かせが解禁になった!!(でも、今週になって感染数が急増して、またお休みになるかもしれないと不安を感じているのだが)
 私の担当は1年生。子どもたちは自分の席について、いっせいに私に注目してくれている。どきどきした。(昨日の記録です)

プログラム
 絵本 はぐ 佐々木マキ作 福音館書店
 おはなし きしむドア 『フランさんの語り3』より

 

 

 ここ何回から読み聞かせで、一番前の最も左と右の子が絵本の絵が見えにくいのが分かった。読み聞かせの時は、絵本を動かさないのが基本。でも、絵がちゃんと見えなきゃ絵本じゃない。参加型の絵本なら大丈夫と、今回は読んで、絵本を動かしてみんなに見せるようにした。そのせいか、1年生なのか、とても反応がよくて、絵を楽しんでくれた。(なんで、今までそんな簡単なことに気がつかなかったのだろうか)

「きしむドア」も、ものすごく楽しんでくれた。次々に動物が増えていくのに喜び(すごい大きいベッドという子あり)、「キー」というドアの音を待って喜び、大笑いしながら聞いてくれた。私も嬉しくて、もうノリノリで語った。

 終わってから教室を出ようとすると、「おもしろかった!!」「また、きてね~」と口々に言ってくれる。1年生ってほんとにかわいい。また行きたいよ!

2022年7月 8日 (金)

H小学校の朝の読み聞かせ 3年1組 ひとりひとりがつくるおはなしの世界

H小学校の朝の読み聞かせは2年ぶり。そして、今年度は2回で、そのうち私の担当は今日のみ、という貴重な日となった。

3年1組。プログラムは、I南の4年生と同じおはなし「エパミナンダス」にした。初めてきくのにいいおはなしだと思うからだ。

プログラム

 絵本 ぱんつさん たなかひかる作 ポプラ社
 おはなし エパミナンダス 『エパミナンダス』より東京子ども図書館

      


『ぱんつさん』は、シュールな絵本で、子どもたちはずっと神妙な顔で見ていた。ラストのページで、「ええっ、最後そうなったの?」という子がいて、ついてきてくれているかなと、少し安堵する。「エパミナンダス」も神妙な顔で聞いていたが、子犬が出てくるあたりから、おもしろいっという顔で聞いていた。ラストのお母さんがうわーっと言うセリフも楽しんでいる感じがして、ああよかったと思う。

コロナ前のように、子ども同士くっついて聞くときのような、盛り上がり方はできない。でも、それぞれが頭の中で、おはなしの世界を創造して楽しんでくれたらなと思う。

 

 

 

2022年6月23日 (木)

I南小学校 朝の読み聞かせ 4年3組 

 I南小学校は読み聞かせに力をいれている小学校。前年度、前々年度と思うようにお話会ができなかったのを埋め合わせるかのように、全学年での朝の読み聞かせが、6月は2回。私は、前回と同じ学年の違うクラスを、同じプログラムで参加した。

プログラム
 絵本 わにさんどきっ はいしゃさんどきっ 五味太郎作 偕成社
 おはなし エパミナンダス 『エパミナンダス』より東京子ども図書館

  

『わにさんどきっ はいしゃさんどきっ』は、前回同様、あまり反応がなく。4年生には幼稚すぎるのだろうか。「エバミンダス」では、子犬あたりからくすくす笑い始めて楽しんでくれている様子。でも、前回の2組の方が、笑いが大きくひろがったかなあ。クラスによるカラーがあるのだと実感した。 

2022年6月 9日 (木)

I南小学校 朝の読み聞かせ 4年2組 語りなれたお話から

 昨年度一回だけ朝の読み聞かせに参加させていただいたI南小学校。今年度は5月までお休みだったのだが、6月、なんと、2回も全学年で行うことになった。今日はその1回目。

プログラム
 絵本 わにさんどきっ はいしゃさんどきっ 五味太郎作 偕成社
 おはなし エパミナンダス 『エパミナンダス』より東京子ども図書館

 

  

 子ども達も久しぶりだからだろうか、とても緊張しているように思う。『わにさんどきっ はいしゃさんどきっ』は、真剣に見ているけれど、あまり反応がなかった。こりゃ心配と「エパミナンダス」へ。はじめは真面目な顔で聞いていたが、バターがでてくるところから、あれぇなんか可笑しいぞ!という顔になって、子犬、パンと、笑いが広がっていった。ほっとした。

 学校でストーリテリングは2年半ぶり。今は、マスクをしなきゃならないし、子ども達も自分の席に離れてすわっている。家でマスクをして練習していったけれど、教室だと家より大きな声をださないと聞こえないか心配だ。かなり緊張した。でも、大丈夫、ちゃんと 伝わった。

 今後もしばらくはリハビリのつもりで、語りなれたお話を語っていくつもり。
子ども達との時間を持てたことを喜ぼう!

2022年5月21日 (土)

I市立図書館 ストーリーテリングによるおはなし会 ぴたっと止まる瞬間

奇数月に行っているおはなし会。3月は蔓延防止のためお休みだったので、久しぶり。3家族が来てくださった。

プログラム
 天までのびた竹 沖縄の昔話(『沖縄むかしあったとさ』より)
 びんぼうこびと ウクライナの昔話(『おはなしのろうそく26』より)
 ひなどりとネコ ミャンマーの昔話(『子どもに聞かせる世界の民話』より)*

「天までのびた竹」は、腰折れ雀によく似たお話で、おじいさんが、助けた千鳥の持ってきたタネをまくと、竹が生えて、天まで伸び、天の金蔵をやぶって金貨が落ちてくるという、壮大なお話。3-6歳の小さな子たちだったが、語り手が伸びやかに語り、静かに聞いてくれた。
 ところが、小さな子たちはさすがにお話1つで疲れてしまい、さらに2話目の「びんぼうこびと」がこの子たちには難しすぎた。もぞもぞ、くねくね体を動かしはじめ、ついには声を上げて立ち上がる子も。そのなか、語り手はよくぞ自分を見失わずに語りきったと思う。
 2話が終わって、2家族が出て行ってしまった。ただ一家、6歳と4歳、お母さんの一家族残ってくれて、私の「ひなどりとネコ」になった。まず「木が伸びる」の手遊びで、ちょっと休憩して語り始めた。でも、子どもたちはやっぱり、もうお話はうんざりといった感じだ。「ハハハ、こりゃ最後まで持つかな?」と思いながら語った。ところが、ひなどりとお母さんが、猫から逃れようと走って行くところで、急に上の子の男の子の動きがぴたっと止まって、私をじっと見て聞いてくれるようになった。それからは、下の子もおとなしくなって、最後までしっかり聞いてくれた。私も、とても集中して語れた。ああ、満足! 本当にありがとうございました。

おはなし会のあとで、今日のプログラムは、ストーリーを聞く話ばかりだったから、もっと遊べるお話や、小さな子でも楽しめるお話を入れた方がよかったと、みんなで話し合った。
そう! お話が楽しい、お話が聞けて満ちたりた。聞きにきてくださった方には、そんな気持ちになって、帰っていってほしい。

2021年12月 9日 (木)

I市立図書館 ストーリーテリングによるおはなし会 11月20日(土) 聞き手によって語り方を変える

11月、I市立図書館で、おはなし会が2回あったのだが、他用と重なってしまい、記録できなかったので、これから記録だけ。

ひとつ目は、11月20日(土)ストーリーテリングによるおはなし会だ。

プログラム
 世界でいちばんきれいな声 ラ・フルール作(『ヴァイノと白鳥ひめ (愛蔵版おはなしのろうそく (6))』より)*
 まのいいりょうし 日本の昔話(『おはなしのろうそく 21』より)
 ひなどりとネコ ミャンマーの昔話(『子どもに聞かせる世界の民話』より)

 

 

 図書館にちょうどいい年頃の子どもがいない。それでも2人の姉妹(小2と小5)がきてくれた。会員がいつもいっている学校の子なので、ストーリーテリングはなれていて、質借り聞いてくれた。

 私は一番目の「世界でいちばんきれいな声」を語った。小学生には幼稚すぎたかも。それでもしっかり聞いてくれて助かった。「まのいいりょうし」や「ひなどりとネコ」は、ちょうどいいくらいのおはなし。「ひなどりとネコ」の語り手は、小学生の子が聞き手だから、ひなどりは小学生と思って語ったと、後から話してくれた。なるほど、すごいっ!! 相手を見て、語り方を変えるのは、大切だ。私の「世界でいちばんきれいな声」も、小さな子に語るときのように、小ガモに共感する語りではなく、ちょっとひいた第三者的な視点、小ガモって一生懸命でかわいいよね。みたいな語りにもできたかもしれないと思う。臨機応変できるように、語りこみたい。

2021年10月14日 (木)

G東こども未来園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 語れるって嬉しい!

 子どもの前でストーリーテリングをするのは、いつ以来だろうか? 記録を見ると、2020年の2月14日が最後。ということは、1年8ヶ月ぶりということになる。最後に語った時は、同じような日々が続くと思っていたし、おはなし会が重なって、ちょっとおざなりに語っていたようなところもあった。
 そして、今日。本当に久々。マスクをして声が届くか、緊張しすぎやしないか、と心配しながらも、やっぱり嬉しくて、お話をちゃんと届けるんだと、意気込んででかけた。

プログラム
 おいしいおかゆ グリムの昔話(『エパミナンダス 1』より)
 ひなどりとネコ ミャンマーの昔話(『子どもに聞かせる世界の民話』より)
 手遊び 虫かご *4
 世界でいちばんきれいな声 ラ・フルール作(『ヴァイノと白鳥ひめ (愛蔵版おはなしのろうそく (6))』より) *

 

   

 

 子どもたちは、絵本なしでお話を聞くのは、おそらく初めて。それでも、よく聞いていた。
「おいしいおかゆ」では、おかゆがどんどん増えるところで面白がる声が聞こえる。そのあとの「ひなどりのネコ」も、はじめは、よくわからないような感じだったのだが、くしゃみが繰り返されるところで笑い声が聞こえた。本当にくしゃみをしてしまうところで、何人かがびっくりしている。このあたり、理解できている子と、まだ理解できない子がいたようだ。
 次が私のお話。子どもたちは、お話を2つ聞いて、だいぶ疲れてしまったようで、前の方の子は寝転がってしまったので、「虫かご」の手遊びをした。ここで、きゅっとみんなが集中したのだが、そのあと、「次は外国の人が書いたおはなしだよ」「鴨って知っている?」と言ったのが失敗だった。またこどもたちが、元気になりすぎてしまった。途中で、下の学年の子たちがのぞきに来たりして、子どもたちは、落ち着いて聞いてくれていなかった。
 でも、私自身はよく練習したこともあって、最後まで気を抜かずに語れた。最後のところで、ようやく数人が真剣に目を向けて聞いてくれたことも嬉しい。


 そうそう、子どもたちはこちらが思っているようには動かない。でもどこかでちゃんと聞いている。それを信じて、心を込めて語る。ああ、やっぱり子どもたちに語れるって嬉しい。

2020年1月27日 (月)

C児童館 ストーリーテリングによるおはなし会 語り手と聞き手の作る世界

 土曜日に小学校で行事があって、その代休の子たちが集まるC児童館でのおはなし会。1年生と2年生、聞きたい子だけ12人の子が部屋に入ってくれた。

プログラム
 ねずみのすもう 日本の昔話
 屋根がチーズでできた家 スウェーデンの昔話 *
 鬼六と庄屋どん 日本の昔話


出典本
  
 

 ひとり、ちゃちゃを入れる子がいて、ちょっと語りにくい感じ。「ねずみのすもう」では、「ネズミが話している」とか、「長者のねずみがお金を盗んでいる」とか。でも、ちゃんとおはなしの内容はわかっているようだ。語り手も落ち着いて語り、特にかけ声のところでは子どもたちも一緒に声に出したりして、楽しいおはなしになった。

 わたしは「屋根がチーズでできた家」。はじめのうちは、屋根にのぼったのは「わたしだよー」などといってくるので、語りにくい。でも、妹が屋根に上って「それから、わたし」と大きな声で言うと、びっくりしたような顔をして、聞き出した。他の子どもたちも集中して聞いてくれ、とてもいい感じだった。なのに、また、間違えた。兄の台詞を妹のところで言ってしまったのだ。すぐに「まちがえた」と言っていい直して、すぐ立ち直して語り、その後も子どもはよく聞いてくれたけれど、自分としてはあーあーとため息。最近、どうして、自分でも信じられないところで間違えるのだろう。今日こそ、集中して語りきろうと思っていたのに……。でも、終わると、茶々入れる子が、「おばさんがトロル女みたい」と言うので、それはそれで面白かった。

 最後の「鬼六と庄屋どん」は、その子がついに飽きてしまったようで、部屋から出たり入ったり、クライマックスでもどってきて座り、よく聞いていた女の子に話しかけ、おしゃべりが始まってしまった。でも、語り手はしっかりと語り、他の子どもたちもよく聞いていた。
 
 いろり端で語られてきた昔話。きっと、生活のなかでのことだから、しんとした空間ではなかっただろう。でも、語り手と聞き手のなかにはおはなしの世界がすくっとできあがっていたのだと思う。そんな風に語れたらいいのに。私は、まだまだ、おはなしが自分のものになっていないのだろうな。

より以前の記事一覧

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

NetGalley 本の応援団

  • グッドレビュアー
  • プロフェッショナルな読者