最近のトラックバック

おはなし(ストーリーテリング)

I幼稚園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 おしまいは和気藹々と

 この園は今年度2回目だけれど、私が行くのは初めて。子どもたちはわたしの顔を見て、「前来た人と違う」とちゃんと覚えているようだ。2クラス40人が3列にきちんと並んで聞いてくれた。

プログラム
 手遊び 頭に帽子、目にめがね *
 おはなし おんちょろちょろ 日本の昔話 *
 おはなし 屋根がチーズでできた家 スウェーデンの昔話
 手遊び ぐーんとのびてぐるぐるぐる
 おはなし おいしいよ どうぞ 『ねずみのはなし (おやすみのまえに)』より さとうわきこ作

 わたしは一番最初の「おんちょろちょろ」を語った。このお話は子どもたちの前で初めて語る。瀬田貞二さんの『さてさて、きょうのおはなしは・・・・・・ (福音館の単行本)』のお話で、「ねずみ経」や「おんちょろ経」でよく知られている。年長さんでは、ストーリーをきちんとおって面白さが理解できるかどうか不安だった。でも、「おんちょろちょろ……」というめちゃくちゃなお経を楽しんでもらえればいいと思って語った。お経の部分は、みんなにこにこ笑って楽しそうに聞いている。でも、何人かは、ストーリーがわかっているようで、泥棒がお経でびっくりするところを笑っている。うわあ、すごいなと思った。
 次の「屋根がチーズでできた家」は、お話をよく聞いてい子とついていけない子の間に差ができてしまった。よく聞いている子は入り込んでいるのに対して、そうでない子は体がぐらぐら揺れてしまう。
 全員がよく聞けたのかが、「おいしいよ、どうぞ」。ねずみ、ねこ、きつね……ぞうと大きくなる順に食べて行って、最後にみんなでてくるという短いお話。リズムを楽しみ、最後にはみんなで大笑いしていた。和気あいあいとして終えられて、よかった。
 

      

Sキッズクラブ 3、4年生 ストーリーテリングによるおはなし会 継続の成果

 3、4年生だけ、別室に集まってもらった。もう顔なじみの子たちだ。「おはなしいやだー」といつも言う子は、今日も同じように駄々をこねるのだが、おはなしが始まると、それなりに聞いているのが、まだまだかわいらしい。

プログラム
 やせたメンドリ イタリアの昔話 *
 糠福と米福 日本の昔話

 私は1話目の「やせたメンドリ」を語った。子どもたちは、メンドリがいったいどうなるんだろうと聞いているが、最後にメンドリがキツネを巧みにだまして追い払うと、友だちと顔を見合わせて笑っている。「糠福と米福」は14分と長いのだが。前半の糠福が、継母にいじめられるところから、惹きつけられてじっーっと聞いていた。女の子が主人公だけれど、男の子もよく聞いていた。
 話が終わると、とたんに、ぐたっとなったり、立ち上がって本を見に来たり。それなのに、お話のときは静かにしていると、先生も驚いていらっしゃった。この子たちはたぶん1年生から定期的にお話を聞いてくれている。継続することで、お話が好きになってくれていると嬉しい。

Dキッズクラブ 夏休みのストーリーテリングによるおはなし会 焦りに焦る。

 夏休みのDキッズクラブのストーリーテリング。ここも、1、2年生と3年生以上に分かれて。親たちのお盆休みが終わったころのせいか、今日はいつもより人数が少ないとのこと。それでも、1、2年生約15名、3年生以上約25名は大所帯。3年生以上は、近くの公民館に移動してもらった。

プログラム
 死神の名付け親 グリムの昔話
 カメの笛 ブラジルの昔話 *
 手遊び きびだんご
 うそばなし千両 日本の昔話
 
 私は3年生以上の担当で1つ目のおはなし。ところが、プログラムなどの小道具を私が持っていたので、まず1、2年生のところのいる建物へ行き、それから公民館にいくと、なんと、もう2つ目のお話をしているではないか。自分が遅くなっている認識がないので、本当にびっくりした。仕方ないので、1つ目が終わってから、のこのことでていって、プログラムを立てかけ、そして語った。でも、そんなときは、やっぱり気持ちが落ち着かないので集中できず、あちこちでしくじりを。なんとかつくろて語ったものの、自分としては本当に不満足。プログラムとしても、かえって語らない方がよかったのではないかと悔やむことしきりだった。でも、そのあとの語り手が手遊びをして、軽やかに語って笑いをさそい、助けてくれた。ありがとうございます。

 どうやら、時間より早く公民館に集まって座ってしまったので、はじめないではいられなかったとのこと。そもそも、プログラムを持っている私が早めにいって、みんなを待っていればよかったのだ。それをしなかった自分が甘かった。今年の夏は、本当に時間を間違えたHキッズと今回のDキッズで2回も遅刻してしまった。大いに反省した。つねに集合時間より前にいって待っている。そんな習慣にしなくては、また他の人に迷惑をかけてしまうし、語りも無茶苦茶になる。

Sキッズクラブ 夏休みのストーリーテリングによるおはなし会 水分の準備をお忘れなく

 夏休みのキッズクラブは、1、2年生と3年生以上に分けて。私は3年生以上の担当。今年はキッズクラブの希望者が多かったので、4、5年生の受け入れはなかったとのこと。そのせいか人数が20人程度で、落ち着いた雰囲気だった。

プログラム
 馬のたまご 日本の昔話
 王子さまの耳は、ロバの耳 ポルトガルの昔話 *
 金の髪 コルシカの昔話

 わたしは、先週の図書館にひきつづいて「王子さまの耳は、ロバの耳」を語った。「王さまの耳はロバの耳」は知っている?ときくと、知らないと答えられて、びっくりした。語りだすと、びっくりするほどよく聞いていた。どうやら、よくきいてもらえる話らしい。ただ、わたしは歌のところで乗りすぎちゃって、最後の大事なところで息切れ。力を加減しなければならないと実感した。
「金の髪」は、語る前に語り手が手遊びをした。子どもたちはそれで、少しリラックスし過ぎてしまって、お話のはじめのうちは、壁際に動いたりしていた。でも、次第に面白いお話だと分かってきたのだろう。だんだん前ににじり寄ってきて聞いていた。
ところが、いちばんのクライマックスで、語り手に異変が……。エアコンで空気が乾燥しているせいだろう。せき込み始めてしまったのだ。すぐにでもお茶で喉をうるわせてあげたいところだが、あいにく準備していなくて、語ってはとまり、語ってはとまりで何とか終えることができた。語り手はとても悔しがっていた。その気持ち、とってもわかる。もう一度どこかで語ってほしい。
 それにしても、喉は命。水分をかならず持っていなくちゃ。
 

K図書館本館 ストーリーテリングによるおはなし会 小学生歓迎!

 つい先日小学生向けにおはなし会をしたのと同じ場所でのおはなし会。今日は幼児からを対象にしていたけれど、なんと小学生がたくさん来てくれた。全部で子ども11名と大人5名で、幼児はたった2人だ。なんで前回の小学生向けのときに来てくれないの!! でも、もちろん今日来てくれたのは大歓迎。嬉しい。

プログラム
 おはなし 若返りの水 日本の昔話
 手遊び のっぽのにいさんこっつんこ *
 おはなし 王子さまの耳は、ロバの耳 ポルトガルの昔話 *
 手遊び きびだんご
 おはなし エパミナンダス

 さすが大きい子が多いと、静かによくきいてれる。「若返りの水」では、最後のおちがわかって、にこっとしている。私が語った「王子さまの耳は、ロバの耳」も、よく聞いてくれた。おそらく前半はほとんどの子が知らないので、興味を持って聞いてくれたと思う。王子のさいごの言葉も、真剣に聞いていた。最後の「エパミナンダス」は大爆笑が起こり、語り手ものりのりだった。
 次回も、どうかどうか、大きな子が来てくれますように。

K図書館本館 ストーリーテリングによるおはなし会 小学生向けだげど

昨日に引き続いて、図書館でのストーリーテリングによるおはなし会。夏休みの小学生向けにもうけられた枠で、3日間、午前と午後にいろいろなお話会や人形劇が行われる。わたしたちストーリーテリングの会がトップランナーだ。

プログラム
 おばけ学校の三人の生徒 松岡享子作 *
 わらべうた いちじくにんじん *
 かえるの王さま グリムの昔話

 雨が降ったこともあって、いつもより子どもたちが多くて、子ども16名、大人8名だった。ただ、小学生向けだけれど小さな子が多い。小学生は4名ぐらいで、あとは2~5歳の子ばかり。絵本や紙芝居がないので、小さな子はわからないかもしれません、と一応はお伝えしたが、みなさん聞いてくださった。
「おばけ学校の三人の生徒」の始まりのところで、ひとりの子が大きな声をたててぐずり出し、心ここに非ずで語ってしまったために、なにか抜かしたかもしれない。でも、そのまま語り続けると、小さな子も含めて、こちらを見て静かに聞いてくれた。おばけたちがどんなふうにやるのか、興味をもっいてるようで、笑っている子もいる。ぐずっていた子もぽかんとて私の方を見ていた。はあ、まずまずと手遊びへ。小さな子が多いので昨日とは違うバージョンでやった。
 つぎの「かえるの王さま」は、ほとんどの子が聞けなかった。寝転んだり、おしゃべりしたり。でも、小学生の何人かとお母さんがよく聞いていて、語り手はその聞き手を頼りに、しっかり語った。素晴らしい。
 今週末は、普段の図書館のお話会で、小さな子向けのプログラムを用意している。なんとか、おはなしが面白いと思ってもらいたい。

S保育園 年少中長さん ストーリーテリングによるおはなし会 小さな子におすすめ「ねずみのおむこさん」

 毎月、会員のだれかが朝の時間に行って、ひとつだけお話をしているS保育園。今日は私の当番だった。語ったのは、「ねずみのおむこさん」。
 子どもたちの前で語るのは2回目。前回は静かに真面目に聞いてくれたが、いまひとつ反応がわからなかった。
 今回は「ねずみのおむこさん」といったところで「知っている?」との声。ほほぉ、ほんとかな?と思いつつ語り始めた。でも、「誰が世界一偉いのかなあ」というと「ねずみだよ」という声がして、ああ本当に知っている子がいると思った。
 それにしても年少さんまで実によく聞いている。
 雲さんより強いのは風さんというところでは、「風かあ」という声が上がった。そんな反応が返ってくるとは思わなかったので、びっくりして一瞬とまってしまった。でも、すぐ気を取り直して語る。そのあとも、興味深げに聞いてくれるので、最後まで気持ちよく語ることができた。終わると「ねずみのお嫁さんだね」という声。すごいほんとによく知っていると思った。
 あとで園長先生から、昨年、劇で年長さん(今は1年生)が「ねずみのお嫁さん」やったので、それを見た子どもたちは、とくに興味を持っただろうとのことだった。なるほど。
 今回でこのお話は、年少さんのような小さな子たちでも楽しめるお話だと分かった。小さな子たちに、どんどん話していきたい。


   ↑
  出典本

J保育園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 はじめて語るおはなし

 前回、工事のために通行禁止で迷走してたどり着いた園。今日は工事も修了していて無事たどりついた。しかし、涼しい。5月に行ったときよりも涼しいさわやかだ。

プログラム
 おはなし 鳥のみじい 日本の昔話
 おはなし おおかみと七ひきの子やぎ グリムの昔話
 手遊び 木がのびる *
 おはなし ねずみのおむこさん 日本の昔話 *

 おはなしは2回目とあって、子どもたちも慣れたのだろうか?涼しいせいだろうか? 前回より、全体によく聞いている気がする。「おおかみと七ひきの子やぎ」では、オオカミが来て子どもたちをたべてしまうころから、子どもたちの体の動きがとまってよく聞いているのがわかった。でも、さすがに長いお話なので、終わると「はぁーっ」とため息。「木がのびる」の手遊びをしてから、「ねずみのおむこさん」を私が語った。このお話は、他に語っている人をまだ見たことないし、私も初めて子どもの前で語るのでとても心配だった。子どもたちは長い話を聞いて疲れているので、できるだけ、楽しい感じで語ることを心がけた。反応は……どうなのだろうか? 何人も体を揺らしているから、すべてを集中してきいているわけではない。でも、お日さま、雲、風、壁にネズミのおとうさんが呼びかけるところ、それに答えるセリフのところになると、子どもたちがぴっと止まって、興味をもって聞いている感じがする。そんな繰り返しだつた。もし、一番目に語ったら、また違う聞き方をしてくれたかもしれないと思ったりする。また、どこかで語りたいお話だ。

        ←「ねずみのおむこさん」の出典本

Sキッズクラブ 3年生~ ストーリーテリングによるおはなし会 ちゃんと聞けばちゃんと面白い

今日は午前と午後のダブルヘッダー。

 Sキッズクラブは、1、2年と3年生以上と分けて、毎月交互におはなし会をさせてもらっている。今日は3年生以上の子で、今年度ははじめてだ。

プログラム
 カメの笛 ブラジルの昔話 *
 きつねにょうぼう 日本の昔話

 3年生以上ともなると反抗する気持ちもでてきて、ふざけたりして、なかなか静かに座っていてくれない。でも、語り始めれば、聞いてくれるものだ。
 今日もそうだった。私は「カメの笛」を語ったのだが、はじめ、知らんふりをしてリズムをとったり、ふにゃふにゃしていた子も、すぐにじっとして聞き始めた。カメがヒョウをだます面白い話なので、深刻な話にならないよう、なるべく軽い感じで語ったのだが、子どもたちはどうだったろうか。
 次の「きつねにょうぼう」も、最初からよく聞いていた。語り手ものりにのっていた。ただ歌のいいところで、放送やらチャイムが鳴ってしまったのが残念。小学校の敷地内にある施設なので、仕方ないのだが……。でも、子どもたちはあまり気にならないようでちゃんと聞いていた。
 今年度、初めてということもあるかもしれないが、やはり、ちゃんと聞けば、ちゃんと面白いのだ。

G保育園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 前と同じお話で

 2週間前、J保育園でしたのと同じお話を、語る順番を替えてのおはなし会

プログラム
 手遊び あたまはてんてんてん まどみちお詩 
 おはなし おいしいおかゆ グリムの昔話
 おはなし ねずみのすもう 日本の昔話 *
 手遊び でんでんむし
 おはなし ひなどりとネコ ミャンマーの昔話

 子どもは14人で、前の時の半分くらいでこじんまりしている。「おいしいおかゆ」はとても反応がよく、「食べるものがなくなってしまいました」でまず、驚きの声が上がり、おかゆがどんどん増えていくところでは、笑い声が上がった。これはいいな、私が語る「ねずみのすもう」も楽しみと思って語りだした。ところが、途中で、遅れて来た子がお母さんにつれられてやってきて、先生が出て行って挨拶したり、その子が入ってきたりで、そのたびに子どもたちがそちらに気を取られてしまい、なんだかあまり聞いてもらえなかった感じ。長者のこえネズミがやせネズミを投げるところで、ふふっと何人かが笑ってくれたのが救い。はらはらするお話ではないので、そのくらいの反応かなと思う。
 次の「ひなどりとネコ」は、ひなどりがネコにやるケーキを食べてしまったところで、「ええー」という声が何人か上がったので、やはり惹きつける力のある話だと思ったのだが、後半のくしゃみのところは、あまりよくわかっていないようだった。
 初めてのおはなし会。1つ目のお話でもう疲れてしまったかしれない。

より以前の記事一覧

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ