おはなし(ストーリーテリング)

2024年7月19日 (金)

D保育園 年長さん ストーリーテリングによるお話会 2回目 ますますハイで

 今日は、近くの高校生が保育体験学習に来て、恐竜ごっこでもりあがったとのこと。それはきっと気分が高まっているだろうと思ったが、案の定、前回にもまして、ふざけていて、笑いっぱなしだった。

プログラム
 はじまりのうた ろうそくぱっ *
 おはなし おいしいおかゆ グリムの昔話(『エパミナンダス』より) 
 手遊び 木がのびる * 
 おはなし  おはなし おばあさんとブタ イギリスの昔話(『ながすね ふとはら がんりき (愛蔵版おはなしのろうそく4)』より)
 おしまいのうた ろうそくぱっ


 わたしは最初の「おいしいおかゆ」を語った。

 なにしろ、「女の子がいました」というだけで、立ち上がって笑い出す子がいる始末。前の方の子をはじめ、数人はよく聞いているので、ゆっくりゆっくり、間をとって、落ち着くのを待ちながら語るしかなかった。
 おしまいの方になったら、少しずつ聞いている子が増えてきたように思う。どうかなあ、わかったかなあ。という感じだ。

 次の「おばあさんとブタ」も、同じような感じだった。このおはなしではさらに「おばあさん」や「ブタ」などの単語に。吹き出して笑っている。おはなしの流れやリズムが思しくて笑っているのではなく、単語そのものを面白がっている感じだ。それでも、聞いている子は聞いているのが、すごいなと思ったりする。

 次は9月だ。少しはおちついてくれるだろうか? わたしは、短めで簡単なおはなし「にんじん、ごぼう、だいこん」とか「おおきなかぶ」とか、どうだろう? まだ覚えていないんだけれど。

2024年7月12日 (金)

K小学校朝の読み聞かせ 3年2組 聞き手一緒におはなしの波に乗る

今週最後の今日金曜日は、K小学校の3年生。
今日は、朝から土砂降りで、学校の駐車場は送ってきた保護者の車が次々にやってきていた。

昨年度、3年から5年まで語ったおはなしを、今年度も3年生に。

語ったおはなし
 かしこいモリー イギリスの昔話(『子どもに語るイギリスの昔話』、『エパミナンダス』より)

昨年、2年生のとき私が来たのを覚えていてくれた子がいたみたいで、「あ。前に来た人だ」と言ってくれた子がいた。

さて、おはなしは、ところどころ、とちってしまった。いつもはすんなりいくところを間違えたりした。先生が廊下を通ったりすると、気がそれたりもする。いやいや、こんなに語りなれた話で、どうしたんだ? 自分。
その理由は、明らか。連日のおはなし会と、急にはいってきたもろもろの雑用で寝不足などが重なって、キャパオーバーしているのだ。

だが、聞き手がとてもよかった。

モリーが「いえいえ、来ますわ。もうあと2回!!」といったことをちゃんと理解していて、モリーが王さまのところへ戻ると、「あと、2回行くんだね」と、いっている。

髪の毛一本橋までくれば安心だと、1回目に渡ったところでわかったようなので、私も子どもたちの緊張にあわせて、力を入れたり、ぬいたりできた。

もしかして、聞き手と一体になって、お話の波にのってあがり、急降下したり、ゆるやかに凪いだり、といったダイナミクスは、もしかして今まで最高だったのではないかと思う。
私のいい間違え、言い直しはとても多かったけれど、それをカバーできたのではと。

とはいえ、わたしはそれほど器用なほうではないのだから、これからは、もう少しセーブしなきゃと思っている。


I南小学校の朝の読み聞かせ 6年1組 静かだと不安

昨日木曜日はI南小学校へ。
雨で送迎の車が多いのか、いくつも信号待ちがあって、時間がとられ、早く家を出たつもりが、あまり余裕がなくて焦った。

プログラム
 絵本 まっくろ 高崎卓馬作 黒井健絵 講談社
 おはなし ほらふき長吉 (『したきりすずめ (日本の昔話 2)』福音館書店より)


このプログラムは、昨年の6年生のときとまったく同じ。昨年はおはなしを知っている子がいて焦ったし、絵本『まっくろ』は、最近読んだ人があったような気がしたので、両方とも、始める前に「見たことある?」「聞いたことある?」と、尋ねた。
両方とも「知らない」との答え。よかった。

さて私は、「ほらふき長吉」の冒頭で、「だんなさま」を「長者さま」と間違えて言ってしまった。一回出てくる言葉ならそのまま続けてもいいが、このあと何回も「だんなさま」が出てくる。
話を始めたばかりなので、「ごめんなさい、間違えました。もう一回はじめからやります」といって、はじめからやろうとしたものの、あれ?なぜか「だんなさま」がでてこない。うーーんと考えて、やっと出てきて、最初から話すことが出来た。

そのあとは、まあまあ、語れた。
ただ、数人を除いて、子どもたちの反応がなく、しーんとしていので、私は不安で、あまりノって語れなかった。

それでも、喜んでいた子たちは、ラストのオチに吹き出したり、頭(お首)をすげ替える仕草をしたりして、面白がってくれたことが救いだ。

同じおはなしをしても、語り手の調子、聞き手たちの雰囲気によって、ずいぶん変わってくると感じる。
こういう笑い話はとくに、いつでも、おおらかに語りたいのだけれど、ついつい動揺したりして、本当に私は、ちっぽけと思う。
もっと大ききなりたい。

南K小学校 朝の読み聞かせ 1年1組 かわいい一年生

今週は、水、木、金と、3日間、小学校朝のおはなし会が続いてしまった。
コロナ禍期間前より、1校増え、さらに回数を増やした学校もあって、連日になることが多くなって、すこしばかりあたふたしている。

水曜日は我が学区の南K小学校。かわいい1年生だ。

プログラム
 絵本 ぞうくんのあめふりさんぼ なかのひろたか作絵 福音館書店
 おはなし ホットケーキ ノルウェーの昔話(『ホットケーキ 愛蔵版  おはなしのろうそく 9』より)


 前にK小学校では手遊びのあと「ホットケーキ」を語ったが、南K小学校ではいただいている時間が少し長いので絵本『ぞうくんのあめふりさんぽ』を先に読んだ。

 カバ君、ワニ君、さらには小さなカメ君がゾウ君をのせて行くのを、「すごいー」と素直な感想を言いながら、見てくれた。
実は、私はちょっとトーンをまつがえて読んだところがあって反省している。
でも、子どもたちは喜んでくれていて、さても満足感があった。

 K小学校で、いくつもしくじった「ホットケーキ」は、多少のしくじりはあったものの、まあ、面白く語れた(つもり)。
 はじめの、子どもたちがホットケーキをお母さんにねだるところから、面白がって聞いてくれ、名前の言葉遊びも大喜びだった。
 ホットケーキが食べられてしまうラストは、ちょっと、しんみりした。

 終わると、子どもたちは、にこにこ顔で見送ってくれた。
やっぱり一年生はかわいい!!

2024年7月 4日 (木)

H小学校朝の読み聞かせ 4年1組 私よりずっと大人?

H小学校では、今年度2回、全クラスで朝の読み聞かせがあると決まったようだ。
この学校には読み聞かせグループがなく、毎年PTA役員さんが、保護者のなかの希望者と外部ボランティアから読み手を募る。
それで集まった読み手人数とクラス数を考慮して、年2回となったようだ。
お仕事をされている保護者が多い中、保護者の読み手はなかなか集まらないようだ。

さて、昨日から急に蒸し暑くなった今日。
控え室になっている会議室に、迎えに来てくれたクラスの男子は、頭から首に玉の汗をかいていた。
「教室はエアコンが入っているの?」と聞くと、「はい、クーラーが効いています」との返事。がっつり元気男子! それでも暑いのだろう。

プログラム
 絵本 ピッツァぼうや ウィリアム・スタイグ作 木坂涼訳 セーラー出版
 おはなし ヤギとライオン トリニダードの昔話 (『子どもに聞かせる世界の民話』より)


挨拶から、かっちりと指導される先生だった(それは、子どもたちがこれから生きていく中でとても大切なこと)。
子どもたちもきちんとしている。
それで、か、どうかはわからないけれど、子どもたちはとても静かだった。

ピッツァぼうや 』も、シーンとしている。そういえば、I南小の4年生もそうだった。私の記憶では、以前は、親離れしかけている年代の中学年の子たちも、この絵本をけっこう面白がってくれたように思うけど、時代が変わってしまったかなあ?

続いておはなし「ヤギとライオン」も、静かに聞いていた。声には出さないけれど、要所要所で、えっという顔をしたり、ニヤニヤ笑ったり、子どもたちがおはなしがわかってくれているのは、感じられた。

おはなしが終わってから、また会議室まで送ってくれた。やっぱり男子は玉の汗をかいている。
「みんな静かだったね」と言うと、「みんないいおはなしだと思っていますよ」と、私を気遣う言葉を言ってくれた。

もしかして、この子たち、わたしよりずっと大人かも。

2024年6月28日 (金)

K小学校朝の読み聞かせ 1年2組 子どもたちに救われる

朝から大雨。もしかして警報出ている?と思ったが、注意報のみだった。
でも、こんな日は学校は送迎のラッシュ。いつもよりちょっとゆっくり学校に着く。

1年生ははじめてのおはなし会。そして、担任の先生方に今日の予定が伝わっていなかったようで、私たちが教室の前に行ってから準備してもらった。
なにしろ、一年生だから、いつもと違うことをするのは大変で、床に座ってもらいたいところだが、席について聞いてもらった。

何人かの子が幼稚園で私の話を聞いたことがある、と言ってくれた。
覚えていてくれて、ありがとう!!

プログラム
 手遊び あたまはてんてんてん まどみちお
 おはなし ホットケーキ ノルウェーの昔話(『ホットケーキ 愛蔵版  おはなしのろうそく 9』より)


はじめて聞く子も多いので、手遊びでなじんでもらった。本来なら2回繰り返したいが、始まりが遅くなったので、一回にとどめた。

さて、本命の語りだが、調子が悪かった。
このおはなしは大好きで、以前大いに語ったが、そのあともう何年も語っていなかった。でも、ちょっと練習したらすぐ思い出せた。で、ろくろく練習もせずに臨んだ。そのせいだ。

まずいきなり、どこの国の昔話だったか不確かだったので、それを省いた。(まあ、それはいい)

そのあと、語りはじめて、1フレーズ(子どもたちがフライパンの周りに集まっているところ)を抜かしてしまった。
付け加えようか、どうしようかと思ったが、まあ、ストーリーに関係ないからと無視することにした。
(でも、本当は無視しない方がよかった。子どもが7人とお父さんがいることを印象づけるために必要な部分だった)

そして、極めつけは、繰り返し部分で、2回も、あれ?と思い、言い直さなければならなかった。

こりゃあ、酷い!! いままでやった中で最悪だ。

ところが、子どもたちの反応は、最高とはいかないけれど、かなりの好感触だった。
机の席なので、友だちときゃっきゃっいえないのに、笑い声がどんどん広がる。

ラストでは、ええーっ!!と驚いてくれる。

さらに「これでおしまいです」というと、「おもしろかった!」と言ってくれる。
だから、私も、大しくじりをしたのに、落ち込まず、ほんわかした気持ちで終れた。

子どもたちに救われた。
ありがとう!!としか言いようがない。

まあ、こんなことくりかえしてはいけないけれど、これも、いい体験だったと思う。

 

2024年6月27日 (木)

I南小学校の朝の読み聞かせ 4年4組 おはなしが重なること

 今日(木曜日)は、ちょっと家から離れたI南小学校でのお話会。

 今年度に入って、ずっと5年生を担当していて、きょうはじめて4年生になった。

 夏だからやっぱり「エパミナンダス」を語ることにした。

プログラム
 絵本 ピッツァぼうや ウィリアム・スタイグ作 木坂涼訳 セーラー出版
 おはなし エパミナンダス 『エパミナンダス』より東京子ども図書館


 教室に入ろうとしたら、当番の子が、私への挨拶の仕方について、先生に注意を受けて、なんだか不穏な雰囲気になってしまった。厳しい先生なのだろうか?

 できるだけ、明るい気分で絵本『ピッツァぼうや 』を出した。
「ほら、この絵本、表も裏も同じなんだよ。どちらから始まるかわかりゃしない」などと言ってみたりする。
 一番前の子がニコニコ笑っていてくれたのでほっとした。

 絵本『ピッツァぼうや 』は、静かにきいていた。
 みんな机を寄せているけれど、席に座ったままだったので、後の方の子は見えなかったかもしれない。

 さて、「エパミナンダス」。はじめのうちをゆつくり語ってみたら、子どもたちは面白さをわかってくれて、先を予想して、にこにこと笑い始めた。いっしょうけんめい、笑うのをこらえている子もいる。
 大爆笑にならなくても、面白がっているのがわかるから、とても語りやすかった。
 楽しんでもらえて、よかった!!

 終わった後で、担任の先生が
「このおはなし、好きで、子どもたちに読み聞かせしているんですよ」と、おっしゃった!!
「ええっ、もしかして、このクラスの子知っていました?」ときくと、
「いえ、このクラスはまだです」と、言ってくださった。

 よかったと安堵したけれど、「エパミナンダス」は、結構知られてきていて、先生方で読まれる方も増えてきたかもしれない。
 面白いおはなしは何度聞いてもおもしろいし、語る(読み聞かせする)人によって、雰囲気も変わるだろうけれど、重ならないようにしたいなあ。

 

 

 

 

南K小学校 朝の読み聞かせ 6年1組 きっと心に届いていると信じて

 今週は、水、木、金曜日と連続で、小学校での朝の読み聞かせ。それぞれ違う学校だ。
 昨日の水曜日は、私の学区にある南K小学校での読み聞かせだった。

 今年度から1時間目の最初の時間をいただいている。
 高学年は2回目。だいぶ、先生も子どもたちも、そして私たちも慣れてきた。
子どもたちは、床に座って、おはなしを聞く態勢になって迎えてくれる。


プログラム
 絵本 こっちとあっち 谷川俊太郎文 樋勝朋己絵 クレヨンハウス
 おはなし 小石投げの名人タオ・カム ラオスの昔話(『子どもに語るアジアの昔話2』より)


こっちとあっち 』は、赤ちゃん絵本として出ている。友だちとけんかして、また遊んで、またけんかして……と、たった2分ちょっとで読み終わるし、ほんの小さな子にもわかる内容だけれど、友だちと自分の関わり方を描いていて、とても奥深い。友だちとの関係に悩む高学年こそ、感じることがあるのではと思って読んでみた。

静かに聞いていたけれど、どうだっただろう?
何か感じた子がいたら、嬉しい。

「小石投げの名人タオ・カム」は、おそらく、今年度語るのは最後だ。有終の美を飾りたいと、張り切って語ったのだが、思いの他、子どもの反応を得られず、少しばかり気落ちした。
空回りしたか?!
でも、何人かは真剣に最後まできいていたので、その子たちの心に届いていることを祈るばかりだ。

人の心は見えない。だから、表に反応がでると嬉しいが、感じられないとものすごく不安になる。
きっと、心に届いている。と、信じよう。

2024年6月21日 (金)

K小学校朝の読み聞かせ 6年2組 おはなしの世界を思い描くこと

ついに梅雨入りが近いか、結構な雨が降った今朝は、K小学校朝の読み聞かせ。
先週はよい天気で、子どもたちの登校時間をさけて学校へ行ったつもりが、開始ぎりぎりの時間で、他のメンバーをはらはらさせたので、今日は、少しだけ早めに行った。
ところが、今度は、雨で子どもたちの登校が遅れ、かち合ってしまった。
なかなか上手くいかないものだ。

さて、6年生だが、5年生と同じおはなしにした。

プログラム

 おはなし 小石投げの名人タオ・カム ラオスの昔話(『子どもに語るアジアの昔話2』より)



子どもたちは全員が、最初はとてもよく聞いていた。
小石を飛ばす仕草をする子も何人かいる。

でも、真ん中あたりで好く聞いている子と、つまらなそうにもじもじする子とに別れてきた。
おはなしについていけない子もあるのだと思う。

そんなことを気にしたり、また、外で見学している先生の数人が気になったりして、ちょっぴりわたしは集中を欠いてしまった。

後半にまた集中をとりもどして語れたけれど、申し訳なかったなと思う。

おはなしの終わった後、担任の先生が子どもたちに「映像が浮かぶようなおはなしで楽しかったですね」といってくださり、救いでもある。

おはなしは生ものだから、まあ、いろいろな事があってずっと集中し続けるのは、私の場合、不可能だ。せめておはなしの世界を思い描きながら語り、なにかあって、そこから離れてもまたすぐに戻れる柔軟さ、鷹揚さが大切なんじゃないかと思う。
それを楽しめるようになったら、ある意味、域に達せられるかもしれない。

2024年6月17日 (月)

K第2幼稚園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 1回目 静かすぎる!!

近所のK第2幼稚園でのお話会。

高齢化が進んでいる地区なので、子どもの数が減ったので、今年度はホールではなくて、お部屋ですることになった。
その方が語りやすくて、嬉しいのだけれど、子どもが減っているのは寂しい。

ただ、これもまた、ある意味、寂しいことなのだが、「あっ、あの家、空き家になった」と思った家に、新しく若い家族が引っ越してきて、少しずつ世代交代が進んでいる。この地区が新興住宅地だったときのような勢いはなくても、子どもがいなくなることはないと思っている。

余分なことを書いてしまった。
さて、おはなしおはなし。
一週間前のK幼稚園とまったく同じプログラムで語った。

プログラム
 はじまりのうた ろうそくぱっ *
 おはなし 世界でいちばんきれいな声 ラ・フルール作 『おはなしのろうそく6 ヴァイノと白鳥ひめ』より*
 手遊び 木がのびる * 
 おはなし ついでにペロリ デンマークの昔話 『ついでにペロリ (愛蔵版おはなしのろうそく)』より
 おしまいのうた ろうそくぱっ


K幼稚園より、もっと静かだった。
ただ、ものすごく、真面目に聞いている感じだった。

「世界でいちばんきれいな声」では、「~といえるでしょうか?」というと、悲しげにこちらを見返したり、首をふったりする。わかってくれていると思いたい。

「ついでにペロリ」も、ものすごく静かだった。
あまり反応がないので、語り手も、なんとなく語りにくそうだ。

そして、おはなしが終わると、2つとも、ていねいに大きな声で「ありがとうございました!」
なんだか、笑ってしまった。

どうか、少しでも、おはなしをきいて楽しかった、と思ってもらえていますように。

より以前の記事一覧

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

NetGalley 本の応援団

  • グッドレビュアー
  • プロフェッショナルな読者