最近のトラックバック

すいすい 朝の小学校おはなし会

朝の読み聞かせ 4年1組 強行スケジュール山越えの日

 今週は5日連続のおはなし会。明日以外はみなストーリーテリングで、年齢や場所が違うために、毎回ちがうお話を語ることになってしまった。きょう語ったのが、いちばん慣れていないので、山越えだと思っていた。さて……

 語ったのは「小石投げの名人」。ラオスの昔話だ。
 朝、さらっとおさらいしたとき、あれ?なんだか、最初のあたりが怪しいぞと思ったのがいけなかっただろうか。初めのうち、少し語っては空白、また少し語っては空白という感じになってしまった。それでも、途中からは調子を取り戻したので、安心して、最後まで語り終えた。子どもたちは、じっときいていた。王様が大臣の口の中に土の粒を投げ込むようタオ・カムに命じ、それが成功したあたりは、面白そうにする子もいて、いちばん子どもたちが面白そうに聞いたところだ。ラストのところは、チャイムが鳴ってしまったので、子どもたちの気もそれた。おはなしの筋は終わり、教訓的なところも入っているので、子どもたちにはつまらない部分かもしれないが……。
 先生からは「こんなに長いお話を覚えられてすごいですね」というお言葉。うーん、たどたどしくて覚えた!という感じになってしまっただろうか? だとしたら嫌だなあ。いや、そんな風にとってはいけない。思うように語れないと、素直に受け止められないんだよね。

 今回、わたしには強行スケジュールすぎて、気持ちよく語るまでいかなかったかもしれない。子どもたちには私のスケジュールなど関係ないわけで……だから、もっと無理のない計画をたてないと……。でも、おはなし会って重なるし、新しいお話も覚えたいし……。
 悩みは尽きないけれど、なにはともあれ、最後まで大過なく語ったのだから、よしとしよう。

朝の読み聞かせ 6年2組 プログラムを2つ用意

 高学年は1学期に1回のおはなし会。貴重な機会なのでなんとなく張り切ってしまう。それで、早めに教室にはいれたら、グリムの「あめふらし」を語りたいと思っていた。でも、今日は、なにやら何人かが話し合いに呼ばれていて、子どもたちがそろったと同時にチャイムが……。これは無理だと断念して、短めバージョンのプログラムに変えた。

プログラム
 絵本 てをみてごらん (PHPわたしのえほん) 中村牧江文 林健三絵 PHP研究所
 おはなし びんぼうこびと ウクライナの民話

てをみてごらん (PHPわたしのえほん)』は、紙であらわされた手がいろいろな表情を見せているもの。文章は短いので絵をじっくり見せて、感じてもらうようにした。子どもたちは自分の手を見て真似したりしている。
 続いて「びんぼうこびと」。お百姓が、まんまとびんぼう袋に閉じ込めるところから、子どもたちがきゅっと気持ちをお話に寄せてきたようだ。ラストで、にんまり笑う子も。このお話は、テキストには5、6歳以上となっているが、中学年以上のほうが楽しめるように思う。
 おはなしが終わるころ、ちょうどチャイムが鳴った。プログラムを2つ用意しておいて、よかった。

     ←絵本で見るなら

朝の読み聞かせ 2年2組 まだまだ修行が足りません。

 やっとこの時期らしい気候になってきた。爽やかな気持ちで教室へ。

プログラム
 詩 ぽいぽい・たいそう(一番だけ)(『のはらうた 2』より)
 おはなし はらぺこピエトリン イタリアの昔話

 時間より少し早く教室に入らせてもらえたので、「ぽいぽい・たいそう」でリラックス。言葉に合わせて2回体操し、子どもたちはもっとやりたそうだったけれど、そうもいかないのでお話へ。
 よーく聞いてくれた。羊や牛のふんが出てくるところで、にやにやと笑う子たちが何人もいた。最後まで語ると、「ああーおもしろかった!」の声。そういってもらえると嬉しいです!!
 でも、実は私、途中で、遅刻した子が入って着たり、校長先生が入ってきたり、そのたびに気が散って、自分の思うようには語れていなかった。は~。ほんとに修行が足りません。

     

朝の読み聞かせ 3年1組 子どももわたしも緊張気味

 雨が昨夜から降り続いて、肌寒い朝。今年は、本当に寒暖の差が激しすぎる。今年度初めての朝の読み聞かせ。新しい先生、新しいクラスメイトで子どもたちは緊張気味。というわたし、なんだかも緊張した。

プログラム
 絵本 だいこんとにんじんとごぼう つるたようこ再話・絵 アスラン書房
 おはなし びんぼうこびと ウクライナの昔話

だいこんとにんじんとごぼう』は、普段しられているお風呂に入るのとは違うバージョン。おはなしは単純だが、つるたようこさんの絵が最高に楽しい。ちゃんと大根、人参、ごぼうの写実的な姿なのに、表情たっぷりで、現れる感情の動きがユーモラスで笑える。そのおかしみを味わってもらいたくて読んだのだが、どうだっただろう。真面目に聞いてしまったかもしれない。
 次の「びんぼうこびと」は、子どもの前では初語り。これもまた、びんぼうこびとを追い払う、気のいい貧乏人の機転と、金持ちのやきもちやきなばかりの愚かさが、面白い。よーく聞いていてくれたけれど、おもしろくきいてくれたかどうかは不明。ただ、ひとりの子がラストで、くすくすっと笑ってくれたのが救いだ。
 プログラムが、似たような感じ(ふたつとも人の内面の愚かさを笑いに変えたお話で、すきっとしたハッピーエンドではない)になってしまったと反省。来週、他の学校の3年生にもお話するので、プログラムを変えてみよう。

     

朝の読み聞かせ 3年1組 想像を楽しむ

 担任の先生がなにかのお仕事をされていて、教室には子どもたちばかり。でも、ちゃんとおはなしの体勢になって待っていてくれた。当番の子が、とても照れ屋で、なかなか挨拶できないので、他の子たちが一生懸命教えているのが微笑ましかった。ああ、いいクラスだなあと思う。

プログラム
 おはなし 馬方やまんば 日本の昔話
 絵本 バナナじけん 高畠那生作 BL出版

「馬方やまんば」は、とても反応がよかった!! 題名をきいて、山姥が怖いといっていた子もいたが、馬が3本足、2本足で走る辺りから、そんなことは忘れて聞き出した。後半、馬方がやまんばを巧く出し抜くところも、「だまされている」といってきいている。ただ怖いだけでなく、どこか間のぬけたやまんばを馬方がうまく出し抜く話として聞いてもらえたと思う。
バナナじけん』は、久しぶりに読んだ。子どもたちは楽しんでくれたようだ。最後のオチも何人かがわかった様子。まあ、実際には起こりえない、たわいのない話ではあるけれど、こんなことあったら愉快だなと、想像するのは楽しい。
「馬方やまんば」にしても、3本足、2本足の馬が走るのは、絶対ありえないけれど、想像すればとても愉快。こうした想像は、一見、意味がなくて、くだらなくも見えるけれど、いろいろなことがある人生を生き抜いていくうえで、きっと大切なんじゃないかと思う。

   

朝の読み聞かせ 5年2組 クラスでお話の世界を共有

 高学年の朝の読み聞かせは、1学期に1回ずつ。今年度、3回目で最後。来年度から2学期制に変わると聞いているが、読み聞かせも年に2回になってしまうのだろうか?
 5年生になると、とても体が大きい。教室いっぱいに広がって座っていたので、絵が見えるように少し詰めて座ってもらった。

プログラム
 絵本 バナナです 川端誠作 文化出版局
 おはなし お話を知らなかった若者 アイルランドの昔話

バナナです』は、言葉はいたってシンプル。「バナナです」だけなのに、絵が饒舌に物語る。5年生ともなると、それがよくわかって、とても楽しんでいるように思えた。次の「お話を知らなかった若者」は、最近、ずっと語っているお話。夜中に男が寝室に入ってくるところから、それはよく聞いていた。いつも子どもたちの顔を見て語るのだが、どの顔を見ても目が合い、不気味な雰囲気をクラスでおはなしの世界を共有しているような気持ちになれた。語り終わって、「おしまい」といっても、しばらくしんとしたまま。それから拍手してくれた。こういうのは、本当にうれしい。
 来年もこの子たちの前で語れるといいなあ。

    

朝の読み聞かせ 1年1組 「かしこいモリー」髪の毛一本橋ってどんなん?

 先月、2組で語ったおはなしを、今日は1組で。

 かしこいモリー イギリスの昔話 (『子どもに語るイギリスの昔話』より)

 廊下で待っていたけれど、なかなか教室に呼んでもらえず、教室内でなにやら点呼をする声が聞こえてきたので、こりゃおかしいと、先生に声掛けした。読み聞かせの日ではないと間違えていらっしゃったとのこと。すぐに準備をしてもらった(子どもたちの動き、とっても素早かった!)けれど、やはり時間が大分すぎていて、「長いお話をひとつしかよういしていないので、時間をオーバーさせてください」と了解を得て、語らせてもらった。
 子どもたちは、最初からしんとして、よく聞いていた。モリーが「やってみます」と、大男の家にもどって行こうとすると、にこにこする子がいる。語り終わると「髪の毛一本橋って、こんなん?」などと、子どもたちが、床に指で線をひいたりしていた。
 先生からは「聞いていて絵に描けました」と、なによりものお言葉をいただけた。強引に語らせてもらったけれど、喜んでいただけてよかった。ありがとうございました。

     

朝の読み聞かせ 1年2組 「かしこいモリー」  はおはなしのプレゼント

雨が降ったけれど、久しぶりの温かい朝でありがたい。今日はおはなし一つ。

 かしこいモリー イギリスの昔話 (『子どもに語るイギリスの昔話』より)

 本当は朝の時間内に収まらない。だから、早めに行って、少し早目に初めさせてもらって、少し早目に語った。時間内に収められるよう、かなり練習していったので、ほんのちょっぴりだけ時間超過しただけで終えられ、子どもたちも、よく聞いてくれたので、ほっとした。特に一番前の真ん中の子が、すごくいい反応をしてくれて助かった。
 このお話は、本当に面白い。1か月に1回、国語の授業で読み聞かせを聞いてきた子たちに、2年への進級プレゼントとして、ぜひ聞いてもらいたい。それで、無理無理語らせてもらった。来月はもうひとつのクラスで語る予定。次もうまくいきますように。

     

I南小学校 朝の読み聞かせ 6年1組 語り慣れて、失敗

 今朝も寒かった。時々呼んでいただけるI南小学校へ。クラスへ行くと、先生が「準備しますので少し待ってください」とのこと。机をうしろにずってくれるのかな?と思ったら、机の上のものをしまうということだった。授業スタイルで聞いてもらうのはやりにくい気がして、机の横を詰めてもらった。一番前の席が2つ空いていたのが、ちょっと不安で、「欠席ですか?」と聞くと「委員会で遅れてくる」とのこと。早く帰ってきてねと願いつつ、読み聞かせを始めた。

プログラム
 絵本 これなーんだ? のむらさやか作 ムラタ有子絵 こどものとも0.1.2. 2006.1 福音館書店
 おはなし お話を知らなかった若者 アイルランドの昔話

『これなーんだ?』は、高学年でも結構おもしろがってくれた本だけれど、今日はあまりうまくいかなかった。答えてくれる子も少ない。子供じみたのが嫌だったかもしれないとおもいつつお話へ。途中まではとてもいい感じだった。ごそごそ机の上のもの(片づけるように言われていたのに何で出ていたんだろう?)をさわっていた子も手をとめて聞き出した。ところが……いちばんのクライマックスで、ひとり、ふたり、さんにんと、かわるがわる入ってきた。子どもたちの視線はそうした子に向き、私も、ああヤだな、と思っているうちに、意識が話からそれて、肝心なところを言わずに、先を語ってしまった。その時、ちょうど、いちばん前の席の子がドアを開けて入ってきたので、とにかく、その子が席に着くのを待ち、心を落ち着かせて、抜かしたところから語った。それからなんとか最後までたどり着いたものの、子どもたちのそれまでの集中は途切れ、このお話の面白さが半分くらいしか伝わらなかったと思う。はぁ~とめげてしまった。
 1月ぐらい前に、幼稚園で大失敗をしたが、それに次ぐ同じような失敗。つまり、語り慣れたお話で、他のことに気をとられる余裕もあり、そのためにお話に集中できないことからくる失敗だ。語るときは、どんな時もどんなお話もお話だけに専念すること。それを忘れてはいけない。幼稚園のときも思ったのに、ひと月でもう忘れてしまっていた!!
 次からは、必ず!!

朝の読み聞かせ 2年2組 私なりの語りで

 今年初めての雪がちらちらした朝の読み聞かせ。風邪が流行りはじめているのだろうか、3人欠席で、ただでさえ少人数のクラスが、ますます少なくなっていた。
 教室にいくと、まだ先生は来ていなくて、机を後にずったものの、なかなか座る気配がない。こりゃ時間が足りなくなると思い、図々しく教室に入って行くと、ようやくすわって、ちゃんと当番さんがでてきて挨拶してくれた。

ブログラム
 絵本 ぶたたぬききつねねこ 馬場のぼる作 こぐま社
 おはなし 七わのカラス グリムの昔話

ぶたたぬききつねねこ 』は、最後の「クリスマス」が、言いたくて選んだ本。しりとりを子どもたちと一緒に楽しみながら進んだら、予定以上に時間をとってしまった。その間に先生が教室へ来て、一緒に見てくださった。「七わのカラス」は、とてもよく聞いていた。このお話は、自分で語ったのを録音して、聞いて覚えた。そのせいだろうか、それとも、お話がいいのだろうか、なにか語りやすい。といいつつ、一度カラスと小人を言い間違えてしまったが……。はは、私が完璧に語れることはまずないし、自分に求めてはいけない。なにせ、それが私だから。
 反省すべきは、絵本で時間を取ってしまったので、かなり持ち時間をオーバーしてしまった。でも、先生はお話をとても喜んでくださったので助かった。私なりの語り、少しずつできているのかなあ。

   

より以前の記事一覧

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ