すいすい 朝の小学校おはなし会

2024年3月 9日 (土)

南K小学校 朝の読み聞かせ 2年1組 最高の締めくくり

今週は3月にはいって、今年度、最後のおはなし会が3つ。
まずは3月6日の南K小学校。わたしの担当は2年1組。

のびのびした雰囲気のクラスで、おはなしを聞く場所も自由。十数人が前に陣取り、後の方に、同じくらいの子が横並びにいて、前と後の間にパラパラと何人か。

座り方座り方でいいの?と思ったが、担任の先生もにこにこしているので、始めた。

前の月に3年生に語ったのと同じおはなしだ。

今回も出典本を紹介し、ババヤガーとペチカを初めに説明した。
本を見せると、1冊全部を語ると勘違いしたらしく、「すごい長い話?」というので、いえいえ、「この中にたくさんあるおはなしのひとつだよ」と伝えた。

語ったおはなし
 ババヤガーの白い鳥 ロシアの昔話(『ロシアの昔話』より)


前回はボロボロになったが、今回は、子どもたちが、どこにいる子もみな、真剣な目で聞いてくれ、先生もにこにこしながら聞いてくださり、わたしもおはなしに集中できた。

マーシャが親の言いつけを忘れたところからもう、「やばい」という子がいて、弟がとりにさらわれめところから、ほとんどの子がおはなしに入り込んでくれた。

とはいえ、ふざけっこは、どこにもいるもので、ときどきわたしの言葉を繰り返す子もいたのだが、他の子はそれに引きずられて行くことはなかった。

「ミルクの川」「ゼリーの岸」では、ええー?といったり、にやにや笑ったりする子もいたが、すぐにおはなしに戻ってきてくれる。

こんなだから、語り終わった時の満足感は、かなりあった。
今年度が満ち足りた気持ちでしめめくくれて、本当によかった。

 

2024年2月 8日 (木)

南K小学校 朝の読み聞かせ 3年1組 子どもは「おはなし」を聞いている

 昨日2月7日(水)は地元の南K小学校へ。

 クラスに入るのか遅かったので、おはなしひとつにした。
 2日前に語って、子どもたちの気持ちを引きつけられたお話だ。

語ったおはなし
 ババヤガーの白い鳥 ロシアの昔話(『ロシアの昔話』より)


 3年生には幼なすぎるだろうか? いや、面白いはずだと思って持って行った。
 語り出すと、好く聞いている子と聞いていない子がいて、隣で担任の先生がなにやら作業をしている音がやたらと聞こえて、私はまったく集中出来なかった。
 とちゅうで、間違えて言い直したり、言葉を探したり。でも、後半のマーシャたちが逃げて行くところは、多くの子どもたちが真剣に聞き、私も調子に乗れた。
 ゆっくり語りすぎたのか、少し時間オーバーした。
 自分的には、あー、失敗!としょんぼりした。

 ところが、次の日の朝(つまり今日だが)、そのクラスの子に出会ったら、「昨日おはなしにきたね」と話しかけてくれた? 「おはなし、わかった?」と聞くと「わかったよ。やばいと思ったよ」と言ってくれたのだ。
 あんなボロボロの語りでも、子どもたちはちゃんときいて、わかってくれる。

「子どもは話をするおばさんの状態はどうでもよくて、「おはなし」を聞いている」と、ある人に教わったことがある。そうだ! 子どもはちゃんとおはなしを自分の頭の中に入れているのだ。かたっている自分のしくじりのあれこれを大げさに考えなくていいのだ。と思った。
 でも、上手く語るに越したことはない!

 

2024年1月24日 (水)

南K小学校 朝の読み聞かせ 6年2組 雪の降る日に「雪おなご」

私の地域では、この冬、はじめて雪が積もった。とはいえ、道路はこおりついておらず、いつもどおり担当メンバーも学校へ来られた。子どもたちも、ちゃんと登校出来たようだ。

プログラム
 おはなし 雪おなご(『日本の昔話5』福音館書店より)
絵本 まっくろ 高崎拓馬作 黒井健絵 講談社


あたたかい日が続いていたなか、この日に雪が降ってくれて、私はとてもラッキーだった。「雪おなご」を語る予定にしていたからだ。
短いおはなしで、よく知られているし、6年生の子の前で語ると、あきれられるのではないか、茶化されるのではないかと、実はとても不安で冒険だった。

最初「雪おなご」とタイトルをいうと「雪女のこと?」と聞く子があり、にやにやする子もある。案の定、と思ったが、かまわず語っていくと、雪女が山小屋に入ってくるあたりから、急にしんとして聞き出した。
静けさのせいか、わたしはドキドキと自分の鼓動がきこえ、どんどん早くなり、自分が緊張していることに気づいた。
でも、子どもたちはしんとしたまま耳を傾けてくれ、私も最後まで語れた。こういうときの充実感って、大きい。

そのまま『まっくろ』も、よく聞いてくれた。最後にクジラが現われると「あっ、クジラ」と読む前に言う子もいて、またまた充実感を感じた。子どもたちもそうだといいなあ。

2024年1月18日 (木)

南K小学校 朝の読み聞かせ 4年1組 おはなしをわいわい楽しむ

今週はおはなし会続きで、1週間に4回と重なってしまった。
でも、コロナ禍はまったくできなかったことや、いまだって、明日は何があるかわからないことを思えば、こうして毎日のようにでかけて、子どもたちから元気をもらえるのは、贅沢なことだ。

さて、昨日1月17日(水)は、地域の小学校での朝の読み聞かせ。この冬一番に冷え込んだ朝で、学校につくと、始業時間間近なのに、ランドセルをしょったままの子どもたちが池のまわりに集まって、氷をわったり、つかんだりしている。見る根だけで寒そう、ブルルルル
「教室にはいる時間だよ! 今日は読み聞かせがあるから、早く入って!」と声をかけた。

私の担当は4年1組。
教室に入ると、「あ、外にいた人(校庭の池で「教室に入れ」といった人ということ)だ!」と迎え入れてくれた。

プログラム
 絵本 とっています 市原淳作 世界文化社
 おはなし 馬方やまんば 日本の昔話(『日本の昔話5』より)


元気のいいクラスだった。

とっています』では、ページを捲る毎に笑いがおこり、口々に感想を言ってくれる。「行事、なにやっているんだ!」といった突っ込みも忘れない。裏表紙で、勝敗まで、しっかり見てくれた。

その勢いのまま、おはなしに進んだ。子どもたちは、「ぶん投げて」とか「わらわら」といった、普段はあまり使わない言葉が面白いようだ。わいわいいいながらも、馬方が馬の脚を切っていくところなど、ちゃんと想像して楽しんでいる。私も楽しく語っていた。

ところが、馬方が山姥の家に入ってから、一転。急にしんとした(このタイミングで校長先生がいらしたので、それもあったかも)。わたしは、突然の変化に驚いてしまって、調子をくずし、それでもまあ、なんとか大過なく最後まで語り終えた。

今回は、聞き手といっしょに楽しんで語ることができたように思う。
また、こんな雰囲気がつくりたい。

 

2023年12月15日 (金)

南K小学校 朝の読み聞かせ 4年2組 馬方やまんば いまの子どもたちになじみのない言葉がたくさん

おととい(12月13日)の朝の読み聞かせ。
このクラスは今年度2回目だ。

プログラム
 絵本 これなーんだ? のむらさやか文 ムラタ有子絵 こどものとも0.1.2. 2006.01 福音館書店
 おはなし 馬方やまんば 日本の昔話 (『日本の昔話5』より)


『これなーんだ?』は、赤ちゃん絵本なのだけれど、発想が面白くて、むしろ大きい子、ーや大人の方が楽しめる。一人の子が答えてくれたのをきっかけに、たくさんの子が考えて、答えを言ってくれた。クラスがとてもいい雰囲気だ。

「馬方やまんば」も前半の山姥が追いかけてきて、馬方が馬の足を切ってにげる、シュールな場面を笑いながら聞き、後半の馬方が山姥を上手く懲らしめる部分は、真剣な顔で聞いていた。

 このお話では、背あぶり、天井の梁、屋根の茅、からと(唐櫃)といったいまの子たちには想像のしにくい言葉が出てくる。
背あぶりは、いままでも「背中を火に向けて」と説明してきた。
でも今回はもう2カ所説明を加えた。

テキストでは、山姥が「石のからと(箱)にはいって寝ようか」という。だが、セリフの中で箱と説明するのはなんか違うので箱とは言わずにいた。今回は、からとという言葉をセリフでたくさん言った後ではあるが、地の文で「木のからと、木の箱に入って寝ました」と説明してみた。
また、「茅をストローみたいにして」という言葉もはじめて入れてみた。日本の昔話にストローという言葉ばなじまないかもしれないが、いま語る昔話なのだから、いまの言葉で説明してもおかしくない。
これで、子どもたちの理解が進んだがどうかは、不明だが。

私の反省点は、実はいまひとつ集中が足りなかったこと。そして語る前に「馬方」の説明するのを忘れたこと。なんてことだ。

でも、子どもたちがよく聞いてくれたので、まあよしとしよう。
 

2023年11月 8日 (水)

南K小学校 朝の読み聞かせ 1年1組 自由奔放、でも、おはなしは好き!

お待ちかねの1年生。
今年の1年生は自由奔放。始業の時間になっても、何人ものが教室からあふれて、走り回っている。それでも、本を読み始めると、結構聞くと、前に担当したグループの仲間たちがいっていたのだ。

どれどれ、と教室に行くと、なるほど外で走り回っている子、水筒のお茶を飲んでいる子、部屋の中で遊んでいる子とてんでバラバラだ。
先生が声をかけて、しばらくして、やっとみんなが席についた。
コの字方に机が並べてあり、「よく見えない席の人は真ん中(コの字の空いたところ)にすわって」と先生にいわれて、座ったのは十数人。自分の席のままの子は、見にくそうな子もいるのだが、まあ、子どもの判断に任せることにした。

プログラム
 絵本 わたし 谷川俊太郎文 長新太絵 福音館書店
 おはなし ひなどりとネコ ミャンマーの昔話(『子どもに聞かせる世界の民話』より) 


仲間が言っていたとおり、あれほどわいわい言っていたのに『わたし』を読み始めると、しゅっと集中した。「わたし」という存在が、違う立場の人によって呼び方が変わるのを楽しんでいる。

この調子なら、おはなしも聞けそうだと思い「ひなどりとネコ」を語ることにした。
実は、もしあまり聞けなさそうなら、とても簡単な「きしむドア」を語ろうと思っていたのだ。
語りはじめると、聞いている子と聞いていない子の差が少しずつでてきた。前でかぶりつきで聞いている子は、とくに、ものすごくしっかり聞いている。席に座っている子のなかのなかにも、じっと聞いてい子もいるが、他の子は、絵を描いたり他の本を読んだり遊んでいる。そういう子たちは話について行けないのか、他の子にちょっかいを出したりしている。
ああ、やっぱり「きしむドア」にすべきだったか、と少し思った。

でも、ひなどりがくしゃみをしたいと言い出すころから、耳を傾ける子が多くなってきた。そして、くしゃみをするあたりでは、ほぼ全員が聞いていた。
つぼがわれると「どうするの?」なんて声が上がる。
おはなしが終わって、教室を出ると、「先生、くしゃみをしてもいい?」と聞いている子がいて、可笑しかった。

子どもたちはおはなしが好きなんだなと、つくづく思う。

2023年10月26日 (木)

南K小学校 朝の読み聞かせ 5年2組 真剣に聞いてくれるけれど、不安になる

昨日のおはなし会。
5年生の教室に行くと、それぞれ好きなことをしている。どうやら読み聞かせがあることに気づいていない様子。「今日おはなし会があるから用意してくれる?」
というと、すぐに机を後ろにずって、聞く体勢をとくってくれた。素晴らしい!!

プログラム
 おはなし やせたメンドリ イタリアの昔話(『子どもに語るイタリアの昔話』より)
 絵本 あなた 谷川俊太郎文 長新太絵 福音館書店


「やせたメンドリ」は、実ははじめて子どもの前で語る。短いおはなしだけれど、ラストのオチがすっきりする。それに、はじめはやせこけたメンドリが主人公なのがいい。やせこけた私が語るのにぴったりではないか?!
子どもたちは、真剣にきいてはくれたものの、最後のオチは、ど、どうだっただろうか? 一瞬くすっとした子がいたように思うが……。反応が薄いととても心配になる。

あなた 』は、はじめて手にして目で読んだとき、同じ作者たちの『わたし』と比べてずいぶん理屈っぽいな。と感じた。でも、声に出して読んでみると、うんうんと深く納得することがあって、「わたし」と他者の「あなた」という存在が心に響く。
で、ぜひその感覚を分かちたいと思って読んで見た。
これまた、また、真剣にきいているので、どうかよくわからない。何かが心に響いてていてくれていると嬉しい。

 

2023年9月13日 (水)

南K小学校 朝の読み聞かせ 4年1 組 かんけりであそぼう

今月はお休みのはずだったが、担当者が急に来られなくなり、代わって入った。
多忙で、おはなしの練習が満足にできていなかったので、思い切って絵本二冊にした、

プログラム
 絵本 かんけり 石川えりこ作 アリス館
 絵本 やさいのおなか きうちかつ作絵 福音館書店

 このクラスは、前回とてももり上がったクラス。
 絵本をだすと、さっと興味をひいて、わいわい聞いてくれた。

かんけり』は、「かんけり、やったことある? 知ってる?」とたずねてから始めた。
知っている子が多かったが、中には知らない子も。聞いているとルールがわかるよといって読み始めた。興味をもって見てくれたと思う。ラストの女の子のかんけりのおでは、「すこーーい!」、その女の子の周りの子たちのことも、いろいろと言い合っていた。
 子どもたちの日々の気持ちに寄り添う本と思い。

やさいのおなか 』は、さすが4年生、すいすいこたえていた。なかで、サツマイモ、ピーマンが難しいようだった。

臨時で入ったけれど、子どもたちとわいわい言うのは、楽しいなと思った。元気の素をありがとう。

2023年7月13日 (木)

南K小学校 朝の読み聞かせ 4年2組 繰り返し同じ話を語ること

3日連続、2日目の昨日は、ホームの南K小学校。
再開したおはなし会にもなじんできたようで、子どもたちは床に座って待っていてくれた。

プログラム
 絵本 ジローとぼく 大島妙子作 偕成社
 おはなし ヤギとライオン トリニダード・トバコの昔話 『子どもに聞かせる世界の民話』より


とても静かなクラスで、きちんと座ってしっかり聞いてくれた。絵本の時は、わたしも絵本をみていて、子どもたちの反応があまりみえないので、静かなのはとても不安だ。笑っちゃう話の時は、とくに。

でも、「ヤギとライオン」で、私が歌を歌い出すと、隣の子と顔を合わせてくすくす笑ったり、「美味しい肉って何のことだかわかります?」と語ると、大きくうなずいたりしている。その後も、子ども達の目が笑って(このクラスはマスクの子が多かった)いるのがわかって、安心して語れた。
実はわたしは1フレーズ抜かして語ったのだが、クライマックスだったし、なくても話は十分伝わると思って、止まって戻ったりせずにそのまま語った。

文を抜かすのはよくないけれど(前にも「ほらふき長吉」で、同じようなことやらかしてた)、同じ話をなんでも繰り返しているとそういうこともあるし、あっ、間違えたと思っても、焦らずに語れる。これって、慣れでいい加減になったってこと? いやいや、話が自分の物になってきたと思いたい。

2023年6月22日 (木)

南K小学校 朝の読み聞かせ 5年1組 しっかりきいてくれたときの満足館

 

昨日の朝のおはなし会。
子どもたちは、机を後にずって、前の方にすわっていてくれた。
少し横に広がりすぎていたので、少しつめてもらった。

プログラム
 絵本 海は広いね、おじいちゃん 五味太郎作画 絵本館
 おはなし ヤギとライオン トリニダード・トバコの昔話 『子どもに聞かせる世界の民話』より



「絵が見えないとおもしろくない絵本なので」というと、一生懸命見てくれた。言葉と裏腹にとんでもない出来事が起きているのに、驚きの声と笑い声が上がる。最後は、えっ?という感じ。でも、面白いと思ってくれたようだ。

お話は、トリニダード・トバコの位置を説明してから始めた。先生が一番前に座ってきいてくださったこともあって、とても緊張した。子どもたちは、私が突然歌い出すと驚いたようだ。ヤギがライオンをだますために歌うところでは、何人かの子が顔を見合わせて笑っている。最後のオチまで、しっかり聞いてもらえた。
出典本を見せると、興味を持ってくれたようで、嬉しい。

より以前の記事一覧

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

NetGalley 本の応援団

  • グッドレビュアー
  • プロフェッショナルな読者