最近のトラックバック

おはなし・ぽぴんず(ストーリーテリング)

K児童館 春休みのストーリーテリングによるおはなし会 細々でも続ければ

 続いて今日はK児童館でのおはなし会。近隣のほぼ4校のキッズクラブに入っていない子どもたちが自由に集まってくる児童館だ。来年度から新1年生になる子2人をくわえて、全員で6年生まで、全部で18人だった。おはなしのプログラムは昨日と同じ。ただ、ろうそくは使わず、手遊びでろうそくをつける

プログラム
 はじまりのうた ろうそくぱっ
 サルのきも タイの昔話 *
 わらべうた たけんこがのびた *
 かしこいモリー イギリスの昔話
 おしまいのうた ろうそくぱっ

「ろうそくぱっ」の手遊びは大きな子はちょっと恥ずかしそうだ。「サルのきも」では、「肝」の説明をしていると「肝試しのキモ?」と聞く子がいた。そうそうそれ。いい言葉を教えてもらった。話しだすと、またよく聞いていた。とても反応のいい男の子がひとりいて、サルが肝を忘れてきたなどと言い出すと、「だまされている」とつぶやいて、面白そうに聞いていた。最後までくるとやはり「ええーっ」と驚いて、「じゃあ、イチジクで正解なの?」なんていう子もいる。子どもたちそれぞれの反応が、とても楽しい。
「かしこいモリー」では、やはり、モリーが「やってみます!」と勇敢に大男の上に行くことを宣言するたびに、わくわくした様子で友だちと顔を見合わせて喜んでいた。
 終わったあと、大きな子どもたちから、この児童館で私たちの話を何度か聞いていて、面白いと思っていたと、言ってもらった。毎年、春休みと夏休みの2回だけだけれど、だいたい同じ子が来て聞いてくれている。細々でも続ければ、流れができる。充実感を味あわせてもらえた。ありがとう。

Hキッズクラブ 春休みのおはなし会 本へつなぐ

 昨日は、春休みの初日。Hキッズクラブは1~5年生が30人あまり。朝の勉強の時間のあとに入れてもらった。

プログラム
 わらべうた なかなかほい
 サルのきも タイの昔話 *
 わらべうた たけんこがのびた *
 かしこいモリー イギリスの昔話

 このキッズクラブは元気がいい子が多い。けれど、お話になるとピッと聞いてくれる。楽しみに待っていてくれる気がして嬉しい。手遊びも、低学年だけでなく高学年まで楽しげにやってくれる。どんなことも、その気になってやれば楽しいということを知っているのだと思う。そんな姿勢は私自身も学びたいものだ。
「サルのきも」は、肝の説明をしてから始めた。子でもたちは「肝っ玉」という言葉を知らないとが、この時初めて分かった。最初からとても興味を持って聞いてくれた。サルがだましているのがわかると、友だちと顔を見合わせてにやにや笑っている。語り終わると「えーっ、本当に!?」という声が上がった。
 わらべうたでは、「たけんごがのびた」で、だんだんタケノコが大きくなるのを背伸びしてやってくれた。
「かしこいモリー」よく聞いていた。モリーが大男の家に戻っていくと宣言するたびに喜び、髪の毛一本橋までくると笑い声が上がった。お話を前進で楽しんでいるのが伝わってくる。
 おはなしの会の後で、出典本を紹介すると、男の子が、「その本はおばさんが買ったの? どこで買えるの?」と聞いてきた。「市の図書館で借りれるからね」と言って、題名を書いた紙を渡した。すると他の子も欲しいと言い出したので、紙に書いて先生に、子どもたちに教えてあげてください。と渡してきた。
 ところで、出典本を聞いてきた男の子は小さなとき図書館のお話会によくきてくれた子だ。こうしておはなし会から、本につながっていく子がいると思うと嬉しい。

  出典本

     

D保育園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 5回目 とてもよくわかって聞いている

 この園も今日が今年度の最後。お雛祭の今日は、お誕生日会もあったようで、子どもたちはいつもよりハイテンションで迎えてくれた。

プログラム
 はじまりのうた ろうそくぱっ
 おはなし アナンシと五 ジャマイカの昔話 
 手遊び つくしんぼ *
 おはなし はらぺこピエトリン イタリアの昔話 *
 おしまいのうた ろうそくぱっ *

 はじまりのうたのあとも、なかなか静かにならなかったのだが、おはなしが始まると急に静かになって聞きだした。魔女の呪いの「死んでしまえ~」にびっくりしている。アナンシが数を数えはじめて、まずはアヒルのおくさんが罠にかかると、呪いの意味がわかったらしく、うさぎの奥さんが現れたところで、もう「あぶない、あぶない」と警告をする子がいた。数えるところでは、語り手と一緒に数え「1、2、3、4」のあと「6」と「5」を抜かして数えた子がいたのには驚いた。最後にハトの奥さんが「5」を数えないところは、真剣に聞いていた。ここのところが、まだ小学生より幼いところなのかもしれない。でも、アナンシが自分のかけた罠にひっかかると笑う子が何人もいて、うわー、すごくお話が分かっていると感じた。
 そのあともまた、わいわいがやがやしたものの、手遊びでにこにこしながら、みんなでやってくれたものの、またわいわいがやがや。おはなしに出てくる「ニョッキ」や「フォカッチャ」の説明もしっかり聞いていないので、これは聞いてもらえるんだろうかと心配したが、「みんなと同じような子どもが出てくるよ」といって語りだすと、また急に静かになった。
「鬼がいました」で、びっくり。「人食い鬼で……」でまたびっくり。ピエトリンが食べてはいけないニョッキを食べてしまうと「」ええっ、食べられちゃう……」と、どきどきしながら聞いてくれているのがよく分かった。羊のふんを鍋に入れるところでは「きたなーい」と少し笑ったのだか、牛のふんをフォカッチャのかわりにしたところでは、その先がどうなるのだろうかとはらはらしている様子だった。ピエトリンの鬼がやってくるところでは、鬼が近づいてくるたびに、先生の顔を見て、恐怖を訴えている。最後のドアの後ろにピエトリンが行くと、「だめっ!」という。子どもたちがあんまり必死で聞いているので、実は、私はもう吹き出しそうだった。最後の最後に鬼が死んでしまうと、子どもたちがほっとしたように笑顔になった。
 本当にお話に入り込んで、よくわかって聞いている。定期的に聞いてもらえると聞く力ができてくるなと思う。
 最後なので、絵馬に見立てた、おりがとうのカードをいただいて帰ってきた。今年は、残念ながら、私たちがお話に行く学校へ上がる子がいないので、「また会おうね」とは言えないけれど、児童館などでまた会えたらいいな。

K第2幼稚園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 こちらもインフル警報!

 今年度最後のおはなし会。K第2幼稚園はインフルエンザが大流行中で、明日から1クラス学級閉鎖になるという。子どもたちは全員マスク姿であちこちから咳の音が響いてくる。私たちも、「感染予防にマスクをして」といわれたが、語るときマスクでは伝わらない。子どもたちの前にでる時だけマスクを取って行った。それにしても、全員のマスク姿は壮観。使い捨てでも今はいろいろなマスクが出ているようで、なかには、マスクに鼻と口の描いてあるのがあったりで、思わず吹き出しそうになった。

プログラム
 はじまりのうた ろうそくぱっ *
 おはなし 屋根がチーズでできた家 スウェーデンの昔話 *
 手遊び 1わのにわとりさんぽして *
 おはなし アナンシと五 ジャマイカの昔話
 おしまいのうた ろうそくぱっ

「屋根がチーズでできた家」は、真剣に静かに聞いてくれた。マスクをしていることもあって表情があまりわからない。手遊びでは1わ、2わ、3わ……とニワトリの数が増えるにつれて、子どもたちの声が大きくなり元気になった。でも、体調がよくない子もいるのだろう。もうひとつお話があるよというと、「もうききたくない」という声も……。「アナンシと五」は、1、2、3、4、5と数を数えるところを、一緒に数えていた。まだ、ラストのところはあまりピンとこないらしい。ぼよよんとしている。
 また小学校でも、おはなしの会があるから、楽しみにしてね。と挨拶をして帰ってきた。
 まあ、まずは、みんな元気に一年生になってね。

D保育園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 4回目 けん玉名人たち

 D保育園は改装が終わり、新しい部屋でのおはなし会だった。床板が新しくなり、廊下やトイレとの間もバリアフリーになっている。ほとんど倉庫状態の前回のホールとくらべて、やはりお部屋はこじんまりとして落ち着く。

プログラム
 はじまりのうた ろうそくぱっ
 おはなし てぶくろ ウクライナの昔話
 手遊び 1わのにわとり *
 おはなし 屋根がチーズでできた家 スウェーデンの昔話 *
 おしまいのうた ろうそくぱっ *

「てぶくろ」は知っている子が多く、初めのうちざわついていたが、だんだん、手袋の中に入る動物の数をかぞえたり、手袋の膨らみ具合を想像して隣の子に話したりで、とても楽しく聞いていた。とくに、一人の子が「つぎはクマ」と予想して言ったところで、「きばもちイノシシ」が登場したものだから、「うわー」と子どもたちの驚きの声が大きくなった。
「屋根がチーズでできた家」は、森の中にトロル女が住んでいることを語ったあと、小作人が「子どもたちを森へ行かせました」というと、「うわっ危ないよ」といった子がいて、どの子も次はどうなるかとハラハラしながらしんとして最後まで聞いてくれた。
 語り終わってから、女の子がわたしのところへ来て「どんな家が見てみたい」と言ってくれたのが嬉しかった。
 部屋から出る前、子どもたちがそれぞれ自分のけん玉を持ってきて、披露してくれた。大勢の子が、びっくりするほどリズムよく、横縦横縦と玉を乗せられる。すごいっ!! それでもやはり個人差はあって、「ぼくは大きいところにしかのせられないよ」と言いながら、一生懸命やって、でもできない子もいる。そのうち、子どもたちは、私たちに見せるより、自分のけん玉に夢中になってやり始めたので、部屋を出てきた。
 一瞬一瞬を夢中で生きている子どもたち、素敵だ。

D保育園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 3回目 おはなしは日常のなかで

 おととい帷子第2幼稚園でしたのと同じお話で。
 D保育園は、現在、順次改装中。ホールを、クラスがかわるがわるお部屋に使っている。今日は年長さんがホールを使うだったようで、おはなし会もそこで行った。改装中の場所から運んだ荷物が入って、まるで倉庫のようになったホールは、探検するのが楽しそうで、落ち着いてお話を聞く雰囲気ではない。非日常的な高揚感があって、子どもたちはいつもよりかなりのハイテンションだった。

プログラム
 はじまりのうた ろうそくぱっ
 おはなし あなのはなし マラリーク作
 手遊び かたどんひじどんん *
 おはなし 三枚のお札 日本の昔話 *
 おしまいのうた ろうそくぱっ *

「あなのはなし」がはじまると、あながくつしたをのみこんでしまったところから、大笑い。ドーナツ、カエル、ツバメと新しいキャラクターがでてくるたびに笑う。オオカミが出てくると静かになった。そして、どんでん返しでまた大笑いだった。
 さて、このハイな気分な子たちにK第2幼稚園と同じどんぐりころちゃんのじゃんけんをしたら、さらにハイになってしまって、次のお話は聞けそうにないと「かたどんひじどん」の手遊びにしてみた。でも、あまり集中させることができないまま「三枚のお札」へ。これが、みんな「知っている~」「こわーい」と大騒ぎに。とにもかくも始めたのだが、どうも集中して聞いてくれない。いちばん前の子たちが全く違うおしゃべりをしたりしている。思わすせお話をやめて注意したいくらいだ。そんなんで前半は、私も集中しないままに語ってしまった。途中で先生が注意され、いったんは静かになった。それからもおしゃべりはあったが、よく聞いている子たちがいたので、そちらに向けて、後半はなんとか巧く語ることができた。
「三枚のお札」は、たいていはよく聞いてもらえるので、こんなに苦戦したのは初めてだ。ひょっとしたら、近い過去に聞いたばかりなのかもしれない。それにしても、いつもはもう少し落ち着いて聞いている気がする。
 おはなしは日常のなかで、と再認識する。
 

K第2幼稚園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 2回目 中学生もいっしょに

 この時期は、市内の中学2年生の子たちの職場体験があるころで、図書館やスーパーなどで、体験中の子どもたちに出会う。K第2幼稚園にも十数人の中学生がきていて、年長さんと一緒に楽しそうに聞いてくれた。

プログラム
 はじまりのうた ろうそくぱっ
 おはなし あなのはなし マラリーク作
 手遊び どんぐりころちゃん *
 おはなし 三枚のお札 日本の昔話 *
 おしまいのうた ろうそくぱっ *

 園児たちは、「あなのはなし」は、前半はふーんという顔をしてきいていたが、オオカミがでてくると、さっと真剣になって聞いていた。オオカミが動物たちを飲みこむたびに、はっと息をのむ子がいる。
「どんぐりころちゃん」は、最後にじゃんけんをし、何度かやった後で、おばさんは「これをだすからね」と前もって、教えてからやったりした。もちろん、みんな勝てて大喜びだった。
 そのあとの「三枚のお札」は、とてもよく聞いてくれた。聞き終わって疲れたようで、「おしまい」というと、大勢の子が「ふにゃ~」となった。こういうところが、子どもたちは正直でかわいいなと思う。

Hキッズクラブ 二学期 ストーリーテリングによるおはなし会 元気な子どもたちに圧倒された?

 今日は日も差さず、日中も気温が上がらず、寒さになれないからだがぶるぶるしている。でも、せまい部屋に30人以上の子どもが集まるキッズクラブは、熱気でむんむん。指導員の先生がおはなし会を別の日だと勘違いされていて、急きょ、おやつの時間のあとにおはなしの時間をいただいた。

プログラム
 あなのはなし マラリーク作
 わらべうた どんぐりころちゃん *
 三びきの子ブタ イギリスの昔話 *

 始まる前に、語り手の靴下に穴が空いているのを子どもたちが見つけて、語り手にとっては、恥ずかしいけれど、ラッキーだった。「靴下には穴があいていました」で大笑い。まるで、その靴下の穴がたびに出たかのように楽しく聞いてくれた。ラストどオオカミのお腹に穴があくと、また大笑いだ。
「三びきの子ブタ」は、前半はよく知っているので、がやがやしていた。でも、後半のオオカミと子ブタのだまし合いになると、子どもたちは一転してよく聞いていた。ただ、語り終わるとやはり「1匹めと2匹めの子ブタはしんじゃったの?」という質問。「そうだね、でも3匹目の子ブタは幸せに暮らしたんだよ」と答えた。

 しかし……今日のおはなし会は、全体的にざわざわしていたのは否めない。しんと集中してきかせる何かが足りなかったと思う。おはなし選びのまちがい? わらべうたでの遊びでじゃんけんやあてっこしてはしゃがせたのが、余分? 喧騒な雰囲気にのまれた? 
 子どもたちの反応は直球で飛んでくる。おはなしで心を惹きつけるには、まだまだ人間的にも語りとしても、足りないところだらけ。これにこりずに、自分なりの語りをつくっていこう。

D保育園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 2回目 里山になじむ「なら梨とり」

 D保育園はただいま、調理室とトイレを改装中。それで年長さんのお部屋も、いつもより少し狭くなっている。でも、その分こじんまりとしたなかで聞いてくれた。

プログラム
 はじまりのうた ろうそくぱっ *
 おはなし なら梨とり 日本の昔話 *
 手遊び いもにめがでて *
 おはなし おばあさんとブタ イギリスの昔話
 おしまいのうた ろうそくぱっ

 とってもよく聞いてくれた。「なら梨とり」で、「おかあさんと3人兄弟がおりました」というと、「おかあさんと、おとうさんと、おにいさんと?」と大きな声できく子がいた。最初のところなので「おかあさんと、おにいちゃんとおにいちゃんと弟」と答えて、そのあとは、質問には止まらずに語っていった。太郎がおばあさんに会うところから、不思議そうに聞いている。そして太郎が沼の主に呑みこまれてしまうと、びっくりしていた。3番目の三郎が沼の主を切りつけると、また、はっとしたように聞いている。子どもたちの反応がとても語りやすかった。
「なら梨とり」は、里山が身近にある、私の住む地域にとても馴染むお話だと思う。子どもたちも入りやすいのではないだろうか。
「おばあさんとブタ」も、ひとつひとつ一生懸命聞いていた。ただ、関連してつらなっていくのが、この子たちには、まだ今一つ、つかめないかもしれない。エピソードのつながりとともにリズムや音のつながりが楽しいのだが、英語ではどんなふうに語られるのだろう。きいてみたい気がする。

 ところで、この園にはブラジル系の子が何人かいて、日本語があまりわからない子も数人いるとのこと。言葉があまりわからないのにお話を聞くって、どんなだろう。せめて、ブラジルのおはなしを覚えなくてはと思っている。

Hキッズクラブ 夏休み ストーリーテリングによるおはなし会 子どもたちに助けられて

 今年の5月にはじめて語らせてもらったHキッズクラブ。次は夏休みにでも……と言われていて、きょう午前中に伺った。わたしは、ぎりぎりに到着してしまったので、すでに子どもたちが並んで相方が手遊びをして、時間をもたせていていてくれた。
 1~3年生がほとんどだが、6年生までいて、だいたい40人程度だ。

プログラム
 アリョーヌシカとイワーヌシカ ロシアの昔話 *
 手遊び 八兵衛さんと十兵衛さんが喧嘩して
 エパミナンダス ブライアント作
 
 お話のプログラムは、夏休みのはじめごろK児童館で行ったものと同じ。私は、アリョーヌシカとイワーヌシカを語った。このお話を子どもの前で語るのは2回目。1回目にいい感触で自信がついたというものの、実家でお盆の行事があったり、夫がお盆休みで家にいて、オリンピックがあって、極めつけは昨夜の卓球女子団体の観戦で、練習不足と寝不足。おまけにぎりぎりの到着で気持ちが落ち着かず、前半集中にかける語りになってしまった。それでも、子どもたちは実によく聞いてくれたので、それに助けられて後半はいい雰囲気を作れたと思う。
 手遊びは、K児童館のものが今一つ、小学生にはつまらないようだったので、「八兵衛さんと十兵衛さんが喧嘩して」にしてみた。子どもたちは、大きな子も、素直におもしろがてやってれて助かった。
「エパミナンダス」での反応も素晴らしかった。最初のエピソードの、エパミナンダスケーキをにぎしめて帰るところから、面白がっている。バターがとけることも、語り手が語るよりはやく予測していた。
 こうして、にこやかなうちにおはなし会は終わった。
 今後は、1学期に1回+夏休みと春休みにおはなしさせていただくことになった。いいおはなしをしっかり伝えて、何かの形で子どもたちの力になってくれればうれしい。

より以前の記事一覧

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ