最近のトラックバック

絵本+つぶやき

クモの巣の展覧会

昨日の雨が上がって、今朝は町中が霧につつまれましたが、子どもたちが家をでるころには霧がきえ、青空がのぞきはじめました。
子どもたちの後について学校まで歩いて行く途中、家の垣根や柵、植木にかかっている大きなクモの巣が、お日様に照らされ、レース模様がくっきりと見えて、とてもきれいでした。特に見事だったのが、歩道橋から学校へ向かう道路の上の、電線と電線の間に、数え切れないほど並ぶクモの巣。それぞれが思い思いの形をして、学校までつらなっていました。まるで、クモの巣の展覧会を観るようで、思わず子どもたちと足を止め、見入ってしまいました。
子どもたちはそれぞれ感嘆の声をあげ、いつもはちょっと怖い分団長さんが、低学年の子に「ほら」と指差して教えてあげたりしています。「夜のうちにこんなに張ったのかなあ。それとも、いつも、張っていたのに気がつかなかっただけかなあ」といっている子もいて、わたしも、うんうんとうなづきました。

クモの巣は、この季節にとくに目立つような気がします。冬眠のため、子作りのために栄養を蓄えているんじゃないかと、勝手に解釈しているのですが……。

クモの本といえば、今年の夏、『くものニイド』(いとうひろし作 ポプラ社)が出ました。

クモの巣作り名人、くものニイドのつくる巣は、カブトムシといった大きな昆虫だけでなく、ジェット機や空飛ぶ円盤だって捕まえることができるほど。でも、そのニイドの巣にゴミを放り込んでいく不届き者がいる。風だ。そこでニイドは……。

夢がぐんぐん広がるお話です。でも、季節が夏なのが残念でなりません。わたしにとって、クモは秋なのです。

わたしが、クモの巣が秋に目立つと気づいたのは、『シャーロットのおくりもの』(E.B.ホワイト作 さくまゆみこ訳 あすなろ書房)を読んでから、クモの巣を注意して見るようになったからかもしれません。この物語でシャーロットが美しいクモの巣を張るのは、夏だったでしょうか?(手元に本がないので確認できませんが) 

昨年は、今森光彦さんの写真絵本『クモ(やあ!出会えたね)』(アリス館)に、魅せられました。クモの巣を実際に作らせるところがあって、わたしもやってみたいと思ったものです。でも、息子は意外とクールで、この絵本にあまり興味を示してくれませんで(反抗期なのか、ほんとうに興味がないのか)。
その頃、わたしはダイニングの電灯にクモを飼って(つまり張っていたクモの巣をそのままにしていた)観察していました。不注意で何度かクモの巣を破ってしまったのですが、早朝、クモは修繕するとわかったり、なかなか面白かったです。

クモの絵本といえば、もうひとつル=グウィンの絵本『いちばん美しいクモの巣』(みすず書房)を思い出します。こちらは、すっかり内容を忘れてしまっています。今一度読み返してみたいです。

盆明け

暑さのせいか、一年間、だましだまし使っていたパソコンがとうとうダウン。タイミングよく、近所のパソコンやさんが引越しのために売り尽くしセール、そして夫は盆休み。思い切ってあたらしいのを購入した。その日のうちに、家族で、私の実家へ帰省したので、ばそこちゃんは、段ボール箱から出されることもなく居間においてきぼりに。
家にもどってきてさっそく設置。設定したり、新しい機能にほおっと感心したりするうち、はや3日。盆も終わり、そろそろ日常に戻らなくては。といっても、今夜は息子のサッカチームで、グランパスVSジュビロ戦を観戦、明日は午前にサッカーの試合、午後はシェークスピアの「リチャード三世」の観劇と落ち着かないのだが……。

今朝は、積読になっていた図書館の絵本を、ようやくゆっくり観る余裕ができる。

そこでおもしろさを再発見したのが

 『しってるねん』 いちかわけいこ文 長谷川義史絵 アリス館

大阪弁の男の子が、商店街で、おばさんに「こんにちは」と声をかけられて、「しっているねん」けど、誰か思い出せない。くすりやのおばさんかな? いやちがう、そのとなりの花やのおばさんかな? と考えていく。そうして、読者に商店街のいろいろなお店を紹介てくれる絵本だ。
背景の看板や広告、品書きなどにおもしろい言葉が書いてあるのは、前に見たときにしっていたが(とくに薬屋の天井からたれた広告は、作者がわたしと同年代であることを物語っている)、今回気づいたのは、違うページで、複数回登場す人たち。へえーと思って、人探しをした。そして、裏表紙のあそびに気がつき、大笑い。また絵本をはじめから終わりまで眺めることに。
この本、まだまだ、遊びが隠されていそうだ。

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ