« K小学校朝の読み聞かせ 1年2組 子どもたちに救われる | トップページ | K市立図書分館おはなし会 やっと…… »

2024年7月 4日 (木)

H小学校朝の読み聞かせ 4年1組 私よりずっと大人?

H小学校では、今年度2回、全クラスで朝の読み聞かせがあると決まったようだ。
この学校には読み聞かせグループがなく、毎年PTA役員さんが、保護者のなかの希望者と外部ボランティアから読み手を募る。
それで集まった読み手人数とクラス数を考慮して、年2回となったようだ。
お仕事をされている保護者が多い中、保護者の読み手はなかなか集まらないようだ。

さて、昨日から急に蒸し暑くなった今日。
控え室になっている会議室に、迎えに来てくれたクラスの男子は、頭から首に玉の汗をかいていた。
「教室はエアコンが入っているの?」と聞くと、「はい、クーラーが効いています」との返事。がっつり元気男子! それでも暑いのだろう。

プログラム
 絵本 ピッツァぼうや ウィリアム・スタイグ作 木坂涼訳 セーラー出版
 おはなし ヤギとライオン トリニダードの昔話 (『子どもに聞かせる世界の民話』より)


挨拶から、かっちりと指導される先生だった(それは、子どもたちがこれから生きていく中でとても大切なこと)。
子どもたちもきちんとしている。
それで、か、どうかはわからないけれど、子どもたちはとても静かだった。

ピッツァぼうや 』も、シーンとしている。そういえば、I南小の4年生もそうだった。私の記憶では、以前は、親離れしかけている年代の中学年の子たちも、この絵本をけっこう面白がってくれたように思うけど、時代が変わってしまったかなあ?

続いておはなし「ヤギとライオン」も、静かに聞いていた。声には出さないけれど、要所要所で、えっという顔をしたり、ニヤニヤ笑ったり、子どもたちがおはなしがわかってくれているのは、感じられた。

おはなしが終わってから、また会議室まで送ってくれた。やっぱり男子は玉の汗をかいている。
「みんな静かだったね」と言うと、「みんないいおはなしだと思っていますよ」と、私を気遣う言葉を言ってくれた。

もしかして、この子たち、わたしよりずっと大人かも。

« K小学校朝の読み聞かせ 1年2組 子どもたちに救われる | トップページ | K市立図書分館おはなし会 やっと…… »

おはなし(ストーリーテリング)」カテゴリの記事

朝の読み聞かせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« K小学校朝の読み聞かせ 1年2組 子どもたちに救われる | トップページ | K市立図書分館おはなし会 やっと…… »

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

NetGalley 本の応援団

  • グッドレビュアー
  • プロフェッショナルな読者