« K小学校朝の読み聞かせ 6年2組 おはなしの世界を思い描くこと | トップページ | I南小学校の朝の読み聞かせ 4年4組 おはなしが重なること »

2024年6月27日 (木)

南K小学校 朝の読み聞かせ 6年1組 きっと心に届いていると信じて

 今週は、水、木、金曜日と連続で、小学校での朝の読み聞かせ。それぞれ違う学校だ。
 昨日の水曜日は、私の学区にある南K小学校での読み聞かせだった。

 今年度から1時間目の最初の時間をいただいている。
 高学年は2回目。だいぶ、先生も子どもたちも、そして私たちも慣れてきた。
子どもたちは、床に座って、おはなしを聞く態勢になって迎えてくれる。


プログラム
 絵本 こっちとあっち 谷川俊太郎文 樋勝朋己絵 クレヨンハウス
 おはなし 小石投げの名人タオ・カム ラオスの昔話(『子どもに語るアジアの昔話2』より)


こっちとあっち 』は、赤ちゃん絵本として出ている。友だちとけんかして、また遊んで、またけんかして……と、たった2分ちょっとで読み終わるし、ほんの小さな子にもわかる内容だけれど、友だちと自分の関わり方を描いていて、とても奥深い。友だちとの関係に悩む高学年こそ、感じることがあるのではと思って読んでみた。

静かに聞いていたけれど、どうだっただろう?
何か感じた子がいたら、嬉しい。

「小石投げの名人タオ・カム」は、おそらく、今年度語るのは最後だ。有終の美を飾りたいと、張り切って語ったのだが、思いの他、子どもの反応を得られず、少しばかり気落ちした。
空回りしたか?!
でも、何人かは真剣に最後まできいていたので、その子たちの心に届いていることを祈るばかりだ。

人の心は見えない。だから、表に反応がでると嬉しいが、感じられないとものすごく不安になる。
きっと、心に届いている。と、信じよう。

« K小学校朝の読み聞かせ 6年2組 おはなしの世界を思い描くこと | トップページ | I南小学校の朝の読み聞かせ 4年4組 おはなしが重なること »

すいすい 朝の小学校おはなし会」カテゴリの記事

おはなし(ストーリーテリング)」カテゴリの記事

朝の読み聞かせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« K小学校朝の読み聞かせ 6年2組 おはなしの世界を思い描くこと | トップページ | I南小学校の朝の読み聞かせ 4年4組 おはなしが重なること »

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

NetGalley 本の応援団

  • グッドレビュアー
  • プロフェッショナルな読者