« D保育園 年長さん ストーリーテリングによるお話会 1回目 ふざけっこたち | トップページ | 南K小学校 朝の読み聞かせ 5年1組 この季節に語りたい「小石投げの名人タオ・カム」 »

2024年5月18日 (土)

I市立図書館 ストーリーテリングによるおはなし会 小さな活動だけれど

 

I市立図書館でのストーリーテリングによるおはなし会。図書館に看板をだしていただいているので、それを見てだろうか、1組の親子(両親と娘さん)がおはなし会を待っていてくれた。そのあと、会員が呼び込んだ1組の親子(お母さんと3人きょうだい)が聞いてくださった。

プログラム
 ふしぎなたいこ 日本の昔話(『ふしぎなたいこ』フレーベル館)より
 一年生たちとひよめ 新美南吉作 (『新美南吉童話全集第1巻』より) *
 こすずめのぼうけん エインワース作(『雨のち晴おはなしのろうそく愛蔵版7』より)


子どもたちが、前のござに座り、大人が後の椅子席に座る形になった。
子どもも大人もとても好く聞いてくれた。3歳くらいの子は、退屈したところもあっただろうが、上の子がよく面倒をみて、おとなしくしている。私たちは、とても語りやすかった。

わたしは新美南吉の「一年生たちとひよめ」を語った。
お話のなかに、先生が子どもたちに「うそをついてはなりません。」と教えるところがあるのだが、そこで、子どもたちが一層集中して聞き始めたのが、かわいらしかった。とくに3歳ぐらいの子は、それまでよそ事をして遊んでいたのに、瞬きもしないくらい目をまん丸にして、聞き入ったのだ。ちょっと驚かせてしまったかもしれない。

今日は一つ一つのお話も短くて、20分ほどで終わってしまった。
それでも、小さな子を絵本谷紙芝居なしで引き留めるのは、そのくらいがいいかもしれないと、会員同士で話し合った。

少人数相手の小さな活動だ。でも、いつか、誰かのなにかの役に立つことを願っている。

« D保育園 年長さん ストーリーテリングによるお話会 1回目 ふざけっこたち | トップページ | 南K小学校 朝の読み聞かせ 5年1組 この季節に語りたい「小石投げの名人タオ・カム」 »

おはなし(ストーリーテリング)」カテゴリの記事

図書館おはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« D保育園 年長さん ストーリーテリングによるお話会 1回目 ふざけっこたち | トップページ | 南K小学校 朝の読み聞かせ 5年1組 この季節に語りたい「小石投げの名人タオ・カム」 »

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

NetGalley 本の応援団

  • グッドレビュアー
  • プロフェッショナルな読者