« S保育園 年中/年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 年齢に応じたおはなし選び | トップページ | K小学校朝の読み聞かせ 5組さん 一人から笑いが広がる »

2024年2月19日 (月)

K第2幼稚園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 3回目 アクシデントがおきたらどうすればいいの?

 暖かいけれど、雨も降り、風も強い。園に行くと、屋根の下にある入り口のすのこがベタベタにぬれていて、なんとかまたいで入ったものの、今度は脱いだ靴がとれない! オロオロしていると先生がスリッパを持ってきてくださった。

プログラム
 はじまりのうた ろうそくぱっ *
 おはなし ババヤガーの白い鳥 ロシアの昔話(『ロシアの昔話』より) *
 手遊び ずくぼんじょ *
 おはなし アナンシと五 ジャマイカの昔話(『子どもに聞かせる世界の民話』より)
 おしまいのうた ろうそくぱっ


手遊び以外は、先々週のK幼稚園と同じプログラムだ。

あれからわたしは「ババヤガーの白い鳥」を2回語った。
なかなか手強いおはなしで、まだ思うようには語れない。

子どもたちは、静かに聞いていた。
前半で、子どもたちの中でアクシデントがあった。
私は語っている最中で止まることも出来ず、でも、子どもたちの注意がそちらに向かってしまい、解決するまでのあいだ、ゆるゆると語り、中途半端になってしまった。
こういうときはどうすればいいのだろう。

 それども、後半になって、集中して聞く子が増えてきた。語り終えるとしーんとしてしまい、わかったかなあと、又心配になる。

「アナンシと五」も、とても静かに聞いていた。「五」というと魔女の呪いにかかって死んでしまうことが、わかっている子といない子と半々なのように見えた。
わかっている子は、ラストのところで、目をきらっとさせている。

同じ年齢でも、成長の幅は大きい。

 

« S保育園 年中/年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 年齢に応じたおはなし選び | トップページ | K小学校朝の読み聞かせ 5組さん 一人から笑いが広がる »

おはなし・ぽぴんず(ストーリーテリング)」カテゴリの記事

保育園 おはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« S保育園 年中/年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 年齢に応じたおはなし選び | トップページ | K小学校朝の読み聞かせ 5組さん 一人から笑いが広がる »

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

NetGalley 本の応援団

  • グッドレビュアー
  • プロフェッショナルな読者