« K小学校朝の読み聞かせ 5組さん 一人から笑いが広がる | トップページ | 南K小学校 朝の読み聞かせ 2年1組 最高の締めくくり »

2024年2月23日 (金)

G東保育園 年少さん おはなし会 子どもたちの感性は計り知れない

昨日(2月22日)は、K小学校から一度家へ帰り、隣市のG東保育園へ。

プログラム
 絵本 うしのもーさん 風木一人文 西村敏雄絵 教育画劇 
 絵本 おしりじまん 斎藤槙作 福音館書店 *
 紙芝居 きたかぜとたいよう こがようこ脚本 長谷川義史絵 童心社
 エプロンシアター トンネルぐるぐるふしぎなトンネル(『増田裕子のミュージックパネル2』より)


子どもは15名ほど。人なつっこく好奇心いっぱいの子たちで、始まる前から紙芝居やパネルシアターの舞台を見て、「中に何があるの?」「見えてるよ!」と話しかけてきた。

うしのもーさん』は、最初笑って見ていたのだが、次第に夢中になり、真剣な顔で物語の行方を見ていた。

私が読んだ『おしりじまん』では、動物の名前や、そのおしりの感想などいろんなことを言ってくれた。ハリネズミの名前をちゃんと知っていたのに驚いた。

いちばん喜んだのは紙芝居の『きたかぜとたいよう』。子どもたちは、長谷川義史さんの迫力あふれるユニークな絵に釘付けだった。読み終わると「はやっ!」との声。
「はやっ!」は、最大の讃辞だ!
演じ手が「北風と太陽とどちらが好き?」と聞くと、ほとんどが「太陽」と答えたが、意外にも「北風」と答えた子も数人いた。「寒い方が好きだもん」と理由を言った子も。
紙芝居の北風は、力強くて魅力てきだったから、ステキだと思った子もいたんじゃないかと思う。
子どもたちの感性は大人には想像つかない。

最後の「トンネルぐるぐる」では、途中で、次の車の端が見えて、「見えた!」と指摘されるなど、アクシデントはあったものの、私たちと一緒に歌って踊って、楽しんでくれた。

あー、子どもたちといっしょの楽しい時間だった。
エネルギーをもらったよ。ありがとう!

« K小学校朝の読み聞かせ 5組さん 一人から笑いが広がる | トップページ | 南K小学校 朝の読み聞かせ 2年1組 最高の締めくくり »

保育園 おはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« K小学校朝の読み聞かせ 5組さん 一人から笑いが広がる | トップページ | 南K小学校 朝の読み聞かせ 2年1組 最高の締めくくり »

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

NetGalley 本の応援団

  • グッドレビュアー
  • プロフェッショナルな読者