« K第2幼稚園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 3回目 アクシデントがおきたらどうすればいいの? | トップページ | G東保育園 年少さん おはなし会 子どもたちの感性は計り知れない »

2024年2月23日 (金)

K小学校朝の読み聞かせ 5組さん 一人から笑いが広がる

昨日(2月22日)はダブルヘッダー。
朝はK小学校の読み聞かせの時間へ。

支援クラスの5組さんだ。
1年生から5年生まで10人程度の子が自分の机で聞いてくれた。
わたしとしては、床に座ってもらいたいところだが、それたと子どもたちが落ち着かないとのこと。
でも、人数が少ないので、机のままでも、こじんまりとして大丈夫だ。

プログラム
 絵本 しろねこしろちゃん 森佐智子文 MAYA MAXX絵 福音館書店
 おはなし きしむドア 『フランさんの語り3』より


しろねこしろちゃん 』は、静かに聞いていた。他のきょうだい子猫が黒くて自分だけ白い、疎外感の悲しみと、そこから救われて喜ぶ気持ちをくみ取って聞いてくれればと思う。

「きしむドア」もはじめのうちは真面目な顔で聞いていたが、ドアのきしむ音に一人が笑い出すと、他の子たちも笑い出し、繰り返すごとにドアの音だけでなく、おばあさんがつれてくる動物へと笑い声が広がり、最後はみんなで大笑いとなった。
一番前で聞いていた1年生の子は、おばあさんが電気を消すときの「パチン」という音が好きなようで、その部分に来る度に、期待に目が輝く。こんなところが面白いんだ、ツボは人それぞれなのだなと思った。

ところで、昨日(2月22日)は猫の日だったと後から知った。
たまたまだが、タイミングぴったりの選書だった。

« K第2幼稚園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 3回目 アクシデントがおきたらどうすればいいの? | トップページ | G東保育園 年少さん おはなし会 子どもたちの感性は計り知れない »

おはなし(ストーリーテリング)」カテゴリの記事

朝の読み聞かせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« K第2幼稚園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 3回目 アクシデントがおきたらどうすればいいの? | トップページ | G東保育園 年少さん おはなし会 子どもたちの感性は計り知れない »

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

NetGalley 本の応援団

  • グッドレビュアー
  • プロフェッショナルな読者