« 2024年1月 | トップページ | 2024年3月 »

2024年2月

2024年2月23日 (金)

G東保育園 年少さん おはなし会 子どもたちの感性は計り知れない

昨日(2月22日)は、K小学校から一度家へ帰り、隣市のG東保育園へ。

プログラム
 絵本 うしのもーさん 風木一人文 西村敏雄絵 教育画劇 
 絵本 おしりじまん 斎藤槙作 福音館書店 *
 紙芝居 きたかぜとたいよう こがようこ脚本 長谷川義史絵 童心社
 エプロンシアター トンネルぐるぐるふしぎなトンネル(『増田裕子のミュージックパネル2』より)


子どもは15名ほど。人なつっこく好奇心いっぱいの子たちで、始まる前から紙芝居やパネルシアターの舞台を見て、「中に何があるの?」「見えてるよ!」と話しかけてきた。

うしのもーさん』は、最初笑って見ていたのだが、次第に夢中になり、真剣な顔で物語の行方を見ていた。

私が読んだ『おしりじまん』では、動物の名前や、そのおしりの感想などいろんなことを言ってくれた。ハリネズミの名前をちゃんと知っていたのに驚いた。

いちばん喜んだのは紙芝居の『きたかぜとたいよう』。子どもたちは、長谷川義史さんの迫力あふれるユニークな絵に釘付けだった。読み終わると「はやっ!」との声。
「はやっ!」は、最大の讃辞だ!
演じ手が「北風と太陽とどちらが好き?」と聞くと、ほとんどが「太陽」と答えたが、意外にも「北風」と答えた子も数人いた。「寒い方が好きだもん」と理由を言った子も。
紙芝居の北風は、力強くて魅力てきだったから、ステキだと思った子もいたんじゃないかと思う。
子どもたちの感性は大人には想像つかない。

最後の「トンネルぐるぐる」では、途中で、次の車の端が見えて、「見えた!」と指摘されるなど、アクシデントはあったものの、私たちと一緒に歌って踊って、楽しんでくれた。

あー、子どもたちといっしょの楽しい時間だった。
エネルギーをもらったよ。ありがとう!

K小学校朝の読み聞かせ 5組さん 一人から笑いが広がる

昨日(2月22日)はダブルヘッダー。
朝はK小学校の読み聞かせの時間へ。

支援クラスの5組さんだ。
1年生から5年生まで10人程度の子が自分の机で聞いてくれた。
わたしとしては、床に座ってもらいたいところだが、それたと子どもたちが落ち着かないとのこと。
でも、人数が少ないので、机のままでも、こじんまりとして大丈夫だ。

プログラム
 絵本 しろねこしろちゃん 森佐智子文 MAYA MAXX絵 福音館書店
 おはなし きしむドア 『フランさんの語り3』より


しろねこしろちゃん 』は、静かに聞いていた。他のきょうだい子猫が黒くて自分だけ白い、疎外感の悲しみと、そこから救われて喜ぶ気持ちをくみ取って聞いてくれればと思う。

「きしむドア」もはじめのうちは真面目な顔で聞いていたが、ドアのきしむ音に一人が笑い出すと、他の子たちも笑い出し、繰り返すごとにドアの音だけでなく、おばあさんがつれてくる動物へと笑い声が広がり、最後はみんなで大笑いとなった。
一番前で聞いていた1年生の子は、おばあさんが電気を消すときの「パチン」という音が好きなようで、その部分に来る度に、期待に目が輝く。こんなところが面白いんだ、ツボは人それぞれなのだなと思った。

ところで、昨日(2月22日)は猫の日だったと後から知った。
たまたまだが、タイミングぴったりの選書だった。

2024年2月19日 (月)

K第2幼稚園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 3回目 アクシデントがおきたらどうすればいいの?

 暖かいけれど、雨も降り、風も強い。園に行くと、屋根の下にある入り口のすのこがベタベタにぬれていて、なんとかまたいで入ったものの、今度は脱いだ靴がとれない! オロオロしていると先生がスリッパを持ってきてくださった。

プログラム
 はじまりのうた ろうそくぱっ *
 おはなし ババヤガーの白い鳥 ロシアの昔話(『ロシアの昔話』より) *
 手遊び ずくぼんじょ *
 おはなし アナンシと五 ジャマイカの昔話(『子どもに聞かせる世界の民話』より)
 おしまいのうた ろうそくぱっ


手遊び以外は、先々週のK幼稚園と同じプログラムだ。

あれからわたしは「ババヤガーの白い鳥」を2回語った。
なかなか手強いおはなしで、まだ思うようには語れない。

子どもたちは、静かに聞いていた。
前半で、子どもたちの中でアクシデントがあった。
私は語っている最中で止まることも出来ず、でも、子どもたちの注意がそちらに向かってしまい、解決するまでのあいだ、ゆるゆると語り、中途半端になってしまった。
こういうときはどうすればいいのだろう。

 それども、後半になって、集中して聞く子が増えてきた。語り終えるとしーんとしてしまい、わかったかなあと、又心配になる。

「アナンシと五」も、とても静かに聞いていた。「五」というと魔女の呪いにかかって死んでしまうことが、わかっている子といない子と半々なのように見えた。
わかっている子は、ラストのところで、目をきらっとさせている。

同じ年齢でも、成長の幅は大きい。

 

S保育園 年中/年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 年齢に応じたおはなし選び

先週の金曜日(2月16日)。
毎月グループからひとりいって、1話ずつ語っている園。前月の担当者が「ミアッカどん」を語り、「子どもたちは物足りないみたいだったから、聞き応えのあるおはなしにした方がいい」とアドバイスをくれた。

それで、語ったのは、

 ババヤガーの白い鳥 ロシアの昔話(『ロシアの昔話』より)


でも、年中さんもいることを私は忘れていた。
お部屋にはいって、年中さんもいることを知って、あちゃーーー、難しすぎると思った。

そこで、出来るだけゆっくりと丁寧に語った。
子どもたちは静かに聞いていたけれどどうだろう? 途中、あくびをする子がいたりして、心配になる。

退屈そうな子が年中さん、年長さんにかぎらず何人かいたけれど、ものすごく真剣に聞いていたのは、やはり年長さんが多かった。
そういう子がいたのは救いだ。

来年度も語らせてもらえることになった。来年は、おはなしの選択、間違えないようにしよう。

2024年2月15日 (木)

K市立図書分館 ひよこちゃん 言葉を獲得する瞬間

 小学校の朝の読み聞かせから帰ってきて、散らかった台所を片付け、洗濯物をほしてから、k市立図書分館へ。
 雨はぱらぱら。親子さんが1組きていて、おはなしを聞いてもらえた。2歳さんくらいのKちゃんだ。

プログラム
 わらべうた くまさんくまさん *
       お茶を飲みに来てください *
 絵本 まあるいたまご 西内としお 学研プラス
 絵本 おひさまあはは 前川かずお こぐま社
 わらべうた どうどうめぐり
 絵本 もりのおふろ 西村敏雄作 福音館書店 *
 わらべうた どっちんかっちん鍛冶屋の子 *
 紙芝居 だぁれがだぁれがくるのかな 武鹿悦子作 黒岩章人画 教育画劇


 kちゃんはお母さんのお膝にすわって、絵本にとても興味を持って聞いていた。
 一組だったので、『まあるいたまご 』では、一緒にページをめくってもらったりした。
 
おひさまあはは 』で読み手が「見て! ここに何かいるよ」と青虫を教えると、次のページからは、kちゃんから「見て!」といって、描かれている虫などを指し示してくれた。
 新しい言葉の使い方を取得した瞬間に立ち会った気がした。

 わべうたでは、ちょっと照れ気味。
 でも、「どっちんかっちん鍛冶屋の子」は気に入ったようだ。お母さんが用事があるというので、少し早めに終了。また、来てくれるといいなと思う。

 

I南小学校朝の読み聞かせ 3年3組 なかなか手強い「ババヤガーの白い鳥」

 どんより曇っているけれど、あたたかい朝。春眠暁を覚えずというが、少しばかり寝坊して、朝の片付けもそこそこに大急ぎで出かけた。

プログラム
 絵本 プアー 長新太文・絵 和田誠しあげ 福音館書店
 おはなし ババヤガーの白い鳥 ロシアの昔話(『ロシアの昔話』より)


プアー 』は、たいてい喜ばれるが、このクラスでも、ページを捲るごとに、驚きと期待の声が上がった。

 さて、おはなし。今日で、「ババヤガーの白い鳥」を語るのは3回目だ、いい加減にすらすらと語れるといいのだが、なかなか上手くいかない。なぜかなあ。
 子どもたちが席のまま教室中に広がっていると、声を張り上げてしまう。おそらく、そちらの方に脳のエネルギーがもっていかれ、練習では上手くいく語りも、つかえたり、言い間違えたりする、と勝手に分析している。

 よく聞いていた子と、途中で飽きてしまった子と半々ぐらいだったかと思う。
 先週3年生に語ったとき、私の語りはもっとボロボロだったが、子どもたちはもっと多くの子が真剣に聞いていた気がする。あのときは、絵本なしでお話だけした。
 もしかしたら、絵本があって、おもしがってもらえたけれど、その分お話に入れないこともあったかもしれない。

 とにもかくにも、もっとちゃんと語らなくては。

H小学校朝の読み聞かせ 5年2組 「ひばり」「福寿草」知ってる?

 おはなし会がつづき、記録が滞りがちになっている。

 先週の金曜日(2月9日)は、H小学校へ。会議室で待っているとクラスの子が迎えに来てくれて教室へ。下にすわっていてくれたが、横に広がっていたので、絵本を出して、見えるところに移動してもらった。

プログラム
 絵本 だって春だもん 小寺卓矢写真・文 ポプラ社
 おはなし クナウとひばり アイヌの昔話 (瀬田貞二再話 おはなしのろうそく20より)


 このプログラムは、昨年I南小学校の5年生にしたのと同じ。この季節、それも立春後の2月限定のプログラムで、今年度の初めに希望をきかれたとき、「2月に5年生で」とお願いしていたのだ。

 子どもたちは、とても静かに聞いてくれた。静かすぎてこわいぐらいで、私としては、集中して語れたけれど、子どもたちは、どんなふうに受けためたのか、心に残る物があったか、心配ではある。
 
 おはなしの後、子どもたちに「ひばり」や「福寿草」を知っているか尋ねてみたが、「知っている」と答えた子はいなかった。H小学校は、里山のあって田んぼがひろがる地域にあり、古くから住むいわゆる地元の子と、その近くに新しく(といってもここ30年ぐらい前からだが)できた住宅地の子が通う。地元の子は知っているだろうと思っていたが、誰も知らないのは意外だった。
 でも、おはなしから、興味を持ってくれる子が一人でもいたらと願う。

 

2024年2月 8日 (木)

南K小学校 朝の読み聞かせ 3年1組 子どもは「おはなし」を聞いている

 昨日2月7日(水)は地元の南K小学校へ。

 クラスに入るのか遅かったので、おはなしひとつにした。
 2日前に語って、子どもたちの気持ちを引きつけられたお話だ。

語ったおはなし
 ババヤガーの白い鳥 ロシアの昔話(『ロシアの昔話』より)


 3年生には幼なすぎるだろうか? いや、面白いはずだと思って持って行った。
 語り出すと、好く聞いている子と聞いていない子がいて、隣で担任の先生がなにやら作業をしている音がやたらと聞こえて、私はまったく集中出来なかった。
 とちゅうで、間違えて言い直したり、言葉を探したり。でも、後半のマーシャたちが逃げて行くところは、多くの子どもたちが真剣に聞き、私も調子に乗れた。
 ゆっくり語りすぎたのか、少し時間オーバーした。
 自分的には、あー、失敗!としょんぼりした。

 ところが、次の日の朝(つまり今日だが)、そのクラスの子に出会ったら、「昨日おはなしにきたね」と話しかけてくれた? 「おはなし、わかった?」と聞くと「わかったよ。やばいと思ったよ」と言ってくれたのだ。
 あんなボロボロの語りでも、子どもたちはちゃんときいて、わかってくれる。

「子どもは話をするおばさんの状態はどうでもよくて、「おはなし」を聞いている」と、ある人に教わったことがある。そうだ! 子どもはちゃんとおはなしを自分の頭の中に入れているのだ。かたっている自分のしくじりのあれこれを大げさに考えなくていいのだ。と思った。
 でも、上手く語るに越したことはない!

 

K幼稚園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 ゆっくり語る

2月5日(月)は、この園で3回目のおはなし会。いままではホールで行ってきたか゛学芸会の練習をしているとのことで、お部屋で聞いてもらった(感染予防があると思うが、本当はお部屋の方がいい)。

プログラム
 はじまりのうた ろうそくぱっ *
 おはなし ババヤガーの白い鳥 ロシアの昔話(『ロシアの昔話』より) *
 手遊び やすべえじじい *
 おはなし アナンシと五 ジャマイカの昔話(『子どもに聞かせる世界の民話』より)
 おしまいのうた ろうそくぱっ


 子どもたちは、「ろうそくぱっ」を覚えていて、「もう、ろうそくつけたよー」などと話しかけてくれた。

『ババヤガーの白い鳥』は、子どもの前ではじめて?(おそろしく久しぶり?)に語る。覚え直してまだ心配なところがあったのだ、思い切って語ってみたのだ。
 こどもたちは、マーシャが親の言いつけを忘れて、弟を置いたまま遊びに行ってしまうところからもう、「ええー、ダメダメ」という顔をしていた。
 私は語りなれていないこともあって、ゆっくりした語りになった。相方によると、それが逆にしっかりと話が伝わったようで、最後まで、集中して聞いてもらえた。
 聞く方も語る方も、満足感のある話だ。

『アナンシと五』では、まだ「五」というと死んでしまうという意味が、しっかりわからない子が多かったようだ。それでも、語り手といっしょに数えたりしていた。

 この園の年長さんに語るのはこれでおしまい。でも、この園のほとんどの子が、私たちの語る小学校に来るので、また会えそう。楽しみにしている。

2024年2月 2日 (金)

K小学校朝の読み聞かせ 5年2組 「かしこいモリー」5年生の聞き方

K小学校での読み聞かせ。この学校は今年度初めてで、全学年に1回ずつはいるので、3~5年生、すべてに「かしこいモリー」を語ることにした。
今日は5年生。5年生はどんな聞き方をするか、楽しみにしていった。

語ったおはなし
 かしこいモリー イギリスの昔話(『子どもに語るイギリスの昔話』、『エパミナンダス』より)


とてもしっかり聞いていた。

初めの女の子が3人、親に捨てられてしまうところで、目を見張る子はいたけれど、それほど動揺した感じはしないのが、やはり5年生かなと思う。

髪の毛一本橋まで来れば大丈夫ということも、さすが5年生、2回目からちゃんとわかっている。

モリーが、「やってみます」といって、大男の家に戻る決心をするたびに、嬉しそうに顔を見合わせている子たちがいた。

モリーが大男をだます計略では、学年が下の子たちより早めに気がついて、面白がっていた。これもまた、さすが5年生だ。

こんなによく分かって聞いてくれているので、私もとても語りやすかったし、楽しかった。

よい時間をありがとう!

 

« 2024年1月 | トップページ | 2024年3月 »

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

NetGalley 本の応援団

  • グッドレビュアー
  • プロフェッショナルな読者