« I南小学校朝の読み聞かせ 4年1組 静かににこにこと楽しむ | トップページ | K市立図書館本館 ストーリーテリングによるおはなし会 赤ちゃんとお母さんに語る »

2023年12月11日 (月)

K小学校朝の読み聞かせ 4年2組 おはなしの後の感想って……

先週金曜日(12月8日)は、K小学校へ。3人で4年生のすべてのクラスにはいる。おはなしは、他の人の語るおはなしとそろえて、3年生とおなじ「かしこいモリー」

最初教室にはいると、こどもたちは、横2列に並んでいる。かなり前の方にすわっていたので、真ん中の方の子だけ、少し後に下がってもらって、そのままおおぎ型の形になってもらった。

語ったおはなし
 かしこいモリー イギリスの昔話(『子どもに語るイギリスの昔話』、『エパミナンダス』より)


この学校では、コロナの3年間ほぼ読み聞かせがなかったようで、そのせいか、子どもたちがとても楽しみにして待っていてくれるのを感じた。どの子も、ものすごくよく聞こうとしている感じがする。その期待を裏切らないようにと精一杯語った。

モリーが「やってみます」と言って、大男の家に戻る宣言をする度に、子どもたちは喜びの表情を浮かべた。
そして「髪の毛一本橋」にたどりつくのが、1回目、2回目、3回目と安心の表情になるのが、早くなる。おはなしにしっかり入って聞いていてくれるのがわかる。

私が残念だったのは、佳境にはいって、「針と糸とはさみ」というところで、なぜか(たぶん、何かで気がそれていたのだと思う)糸を先にいってしまい、「糸とはさみ」と言いながら、「えっとあと言ってないのは、そうそう針」と頭の中で修正しながら語ったために、ほんの少し止まった事。その後は、動揺しないよう努力をして、最小限に失敗をおさめた。こんなところで言いよどんだことは、いままで一度もなかったのに。語りは生もの。いろいろなことが起きるものだ。

おはなしの後、先生が感想を聞かれ、元気よく手をあげてくれた子の感想が「大きい声で好く聞こえました!」だった。そのあとは、手が上がらず、えっ!と思ってしまったが、感想をぱっと言えないくらい、おはなしに集中してくれていたのだと思いたい。
感想を聞かないというのが、読み聞かせや語りの基本だけれど、やっぱり聞きたくなっちゃう。なので、担任の先生が感想を子どもたちに尋ねる時は、私は、止めたりしない。

感想を言うために子どもたちがきいているとすると問題だけれど、聞いた後の素直な気持ちを言ってくれるのは、いいんじゃないかと思うのだ。

« I南小学校朝の読み聞かせ 4年1組 静かににこにこと楽しむ | トップページ | K市立図書館本館 ストーリーテリングによるおはなし会 赤ちゃんとお母さんに語る »

おはなし(ストーリーテリング)」カテゴリの記事

朝の読み聞かせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« I南小学校朝の読み聞かせ 4年1組 静かににこにこと楽しむ | トップページ | K市立図書館本館 ストーリーテリングによるおはなし会 赤ちゃんとお母さんに語る »

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

NetGalley 本の応援団

  • グッドレビュアー
  • プロフェッショナルな読者