« K市立図書館本館 ストーリーテリングによるおはなし会 赤ちゃんとお母さんに語る | トップページ | I南小学校朝の読み聞かせ 5年4組 素敵な語り納め »

2023年12月15日 (金)

南K小学校 朝の読み聞かせ 4年2組 馬方やまんば いまの子どもたちになじみのない言葉がたくさん

おととい(12月13日)の朝の読み聞かせ。
このクラスは今年度2回目だ。

プログラム
 絵本 これなーんだ? のむらさやか文 ムラタ有子絵 こどものとも0.1.2. 2006.01 福音館書店
 おはなし 馬方やまんば 日本の昔話 (『日本の昔話5』より)


『これなーんだ?』は、赤ちゃん絵本なのだけれど、発想が面白くて、むしろ大きい子、ーや大人の方が楽しめる。一人の子が答えてくれたのをきっかけに、たくさんの子が考えて、答えを言ってくれた。クラスがとてもいい雰囲気だ。

「馬方やまんば」も前半の山姥が追いかけてきて、馬方が馬の足を切ってにげる、シュールな場面を笑いながら聞き、後半の馬方が山姥を上手く懲らしめる部分は、真剣な顔で聞いていた。

 このお話では、背あぶり、天井の梁、屋根の茅、からと(唐櫃)といったいまの子たちには想像のしにくい言葉が出てくる。
背あぶりは、いままでも「背中を火に向けて」と説明してきた。
でも今回はもう2カ所説明を加えた。

テキストでは、山姥が「石のからと(箱)にはいって寝ようか」という。だが、セリフの中で箱と説明するのはなんか違うので箱とは言わずにいた。今回は、からとという言葉をセリフでたくさん言った後ではあるが、地の文で「木のからと、木の箱に入って寝ました」と説明してみた。
また、「茅をストローみたいにして」という言葉もはじめて入れてみた。日本の昔話にストローという言葉ばなじまないかもしれないが、いま語る昔話なのだから、いまの言葉で説明してもおかしくない。
これで、子どもたちの理解が進んだがどうかは、不明だが。

私の反省点は、実はいまひとつ集中が足りなかったこと。そして語る前に「馬方」の説明するのを忘れたこと。なんてことだ。

でも、子どもたちがよく聞いてくれたので、まあよしとしよう。
 

« K市立図書館本館 ストーリーテリングによるおはなし会 赤ちゃんとお母さんに語る | トップページ | I南小学校朝の読み聞かせ 5年4組 素敵な語り納め »

すいすい 朝の小学校おはなし会」カテゴリの記事

おはなし(ストーリーテリング)」カテゴリの記事

朝の読み聞かせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« K市立図書館本館 ストーリーテリングによるおはなし会 赤ちゃんとお母さんに語る | トップページ | I南小学校朝の読み聞かせ 5年4組 素敵な語り納め »

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

NetGalley 本の応援団

  • グッドレビュアー
  • プロフェッショナルな読者