« 2022年6月 | トップページ | 2022年9月 »

2022年7月

2022年7月29日 (金)

K市立図書館本館 ストーリーテリングによるおはなし会 夏休みおはなし広場 びっくり、そして大笑い!

 K市立図書館では、毎年、夏休みに3日連続でお話会が開催されていた。でも、2年間お休みで、今年また復活した。そして私たちストーリーテリングの会も機会をいただけた。

 日にちは2日前の7月20日だった。先着12名だが、実際には3家族、子ども4人でb合計7人が聞いてくださった。

プログラム
 さるの生き肝 日本の昔話 『子どもに語る日本の昔話1』より
 おばけ学校の三人の生徒 松岡享子作 『おはなしのろうそく28』より *

  

 6年生の女の子のほかは3-5歳さん。年長さんの女の子ひとりと男の子の兄弟。一つ目のおはなし「さるの生き肝」は幼児さんたちには少し難しかった。でも年長さんの女の子と来ていたお父さんは、おはなしを一生懸命説明していて、女の子もよく聞いていた。6年生さんはちゃんとおはなしを理解して、お母さんと頷きながら聞いていた。

 わたしは「おばけ学校の三人の生徒」を語ったのだが、おばけときいて、兄弟のお兄ちゃんの方が、前まででてきて聞き始めた。おばけの子どもたちが、いろい真似真似をするのが面白いらしい。今まで、このおはなしは小学生低学年向きと考えていたが、年長さんぐらいも楽しんでもらえるとわかった。ラストは、お父さんお母さんまで、びっくり! そして大笑い!! よかった!!

2022年7月14日 (木)

I南小学校 朝の読み聞かせ 4年1組 エパミナンダスはずば抜けて面白い

 昨日に引き続いて、今日はI南小学校での朝の読み聞かせ。4-2、4-3に続けて、今日は4-1。おはなしは同じエパミナンダス。絵本は変えて、先週H小学校の3年生と同じプログラムにしてみた。

プログラム

 絵本 ぱんつさん たなかひかる作 ポプラ社
 おはなし エパミナンダス 『エパミナンダス』より東京子ども図書館

      


 昨日、絵本を動かしてみんなに見せて、上手くいったので、今日も『ぱんつさん』で同じように見せてみた。でも、ううーん、子ども達の表情は固い。4年生だからだろうか? 笑っていいか、まじめにきいたほうがいいか悩んでしまったのだろうか? ナンセンス絵本はむずかしい。

「エパミナンダス」は、途中で大笑いが始まり、終わると「おもしろかった!」という素直な声があちこちであがった。反応はとても嬉しいのだけれど、実は、わたしは散々なできだったため、ちょっとめげている。上手くかたれなかった理由は、慣れによる練習不足。そして、あれこれあってお疲れぎみなこと(そういうのって、語りにでるんだなと、実感した)。それでも、あんなに喜んでもらえて、このおはなしのすごさに感激する。もう一回、この学校の4年生に語れたら(まだ4組がのこつているの)、今度こそ!!

南K小学校 朝の読み聞かせ 1年2組 「また来てね~」

 やっと我が学校区の小学校で読み聞かせが解禁になった!!(でも、今週になって感染数が急増して、またお休みになるかもしれないと不安を感じているのだが)
 私の担当は1年生。子どもたちは自分の席について、いっせいに私に注目してくれている。どきどきした。(昨日の記録です)

プログラム
 絵本 はぐ 佐々木マキ作 福音館書店
 おはなし きしむドア 『フランさんの語り3』より

 

 

 ここ何回から読み聞かせで、一番前の最も左と右の子が絵本の絵が見えにくいのが分かった。読み聞かせの時は、絵本を動かさないのが基本。でも、絵がちゃんと見えなきゃ絵本じゃない。参加型の絵本なら大丈夫と、今回は読んで、絵本を動かしてみんなに見せるようにした。そのせいか、1年生なのか、とても反応がよくて、絵を楽しんでくれた。(なんで、今までそんな簡単なことに気がつかなかったのだろうか)

「きしむドア」も、ものすごく楽しんでくれた。次々に動物が増えていくのに喜び(すごい大きいベッドという子あり)、「キー」というドアの音を待って喜び、大笑いしながら聞いてくれた。私も嬉しくて、もうノリノリで語った。

 終わってから教室を出ようとすると、「おもしろかった!!」「また、きてね~」と口々に言ってくれる。1年生ってほんとにかわいい。また行きたいよ!

2022年7月 8日 (金)

H小学校の朝の読み聞かせ 3年1組 ひとりひとりがつくるおはなしの世界

H小学校の朝の読み聞かせは2年ぶり。そして、今年度は2回で、そのうち私の担当は今日のみ、という貴重な日となった。

3年1組。プログラムは、I南の4年生と同じおはなし「エパミナンダス」にした。初めてきくのにいいおはなしだと思うからだ。

プログラム

 絵本 ぱんつさん たなかひかる作 ポプラ社
 おはなし エパミナンダス 『エパミナンダス』より東京子ども図書館

      


『ぱんつさん』は、シュールな絵本で、子どもたちはずっと神妙な顔で見ていた。ラストのページで、「ええっ、最後そうなったの?」という子がいて、ついてきてくれているかなと、少し安堵する。「エパミナンダス」も神妙な顔で聞いていたが、子犬が出てくるあたりから、おもしろいっという顔で聞いていた。ラストのお母さんがうわーっと言うセリフも楽しんでいる感じがして、ああよかったと思う。

コロナ前のように、子ども同士くっついて聞くときのような、盛り上がり方はできない。でも、それぞれが頭の中で、おはなしの世界を創造して楽しんでくれたらなと思う。

 

 

 

« 2022年6月 | トップページ | 2022年9月 »

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

NetGalley 本の応援団

  • グッドレビュアー
  • プロフェッショナルな読者