« 2022年4月 | トップページ | 2022年6月 »

2022年5月

2022年5月28日 (土)

I市立図書館おはなし会 そんなこんなで、まあまあ、いろいろ

気持ちのよい天気。図書館に人が少なく、お話に呼び込みたいものの、子どもたちの姿がない。開始間際に、1歳と2歳の女の子をつれた家族が来てくれて、ようやく始めた。途中から2家族加わって(2~4歳の子が3人)、さらに若い男性がひとり見学してくれた。

プログラム
 わらべうた おてぶしてぶし *
 絵本 おひさまがおちないように チュ・チョンリャン絵 クオ・ツェンユアン文 青山大樹・廣部尚子訳 ‎ライチブックス
 絵本 これはのみのぴこ 谷川俊太郎文 和田誠絵 サンリード
 わらべうた いもにめがでて *
 絵本 とべバッタ 田島征三作 偕成社
 絵本 デリバリーぶた 加藤休み作 偕成社
 紙芝居 ねこのでしになったとら 津田真一脚本 和歌山静子絵 童心社 *
 わらべうた さよならあんころもち

  

 

 

 

 

 はじめは2歳の子を中心に。ご両親がとても協力してくださって、「おてぶしてぶし」の真似をいっしょにしてくれたので助かった。

 今日のプログラムはどれも、対象年齢がもう少し上。それでも、子どもたちはずっと静かに聞いてくれた。『のみのぴこ』は読み手がリズムを大切にして、おしまいの方ではページを捲るごとに「まだあるよ」と言って、子どもたちの気を引いた。親たちも楽しんでいる。『とべバッタ』では、若い男性が「おおっ」と、身を乗り出してくれた。『デリバリーぶた』では、美味しそうな食べ物がでてくるので、「食べたい」と3歳くらいの子がつぶやいた。
 そんなこんなで、まあまあ楽しんでいただけただろうか。

 そうそう、途中でムカデも見にきてくれた。慌てて図書館員さんにきてもらったが、通風口に消えていった。こちらは、まあまあ、何もなくてなりより。

 今日みたいなことがあるから、プログラムに赤ちゃん絵本(でも大きな子も楽しめる)を入れておく必要があるかなと思う。

 

2022年5月21日 (土)

I市立図書館 ストーリーテリングによるおはなし会 ぴたっと止まる瞬間

奇数月に行っているおはなし会。3月は蔓延防止のためお休みだったので、久しぶり。3家族が来てくださった。

プログラム
 天までのびた竹 沖縄の昔話(『沖縄むかしあったとさ』より)
 びんぼうこびと ウクライナの昔話(『おはなしのろうそく26』より)
 ひなどりとネコ ミャンマーの昔話(『子どもに聞かせる世界の民話』より)*

「天までのびた竹」は、腰折れ雀によく似たお話で、おじいさんが、助けた千鳥の持ってきたタネをまくと、竹が生えて、天まで伸び、天の金蔵をやぶって金貨が落ちてくるという、壮大なお話。3-6歳の小さな子たちだったが、語り手が伸びやかに語り、静かに聞いてくれた。
 ところが、小さな子たちはさすがにお話1つで疲れてしまい、さらに2話目の「びんぼうこびと」がこの子たちには難しすぎた。もぞもぞ、くねくね体を動かしはじめ、ついには声を上げて立ち上がる子も。そのなか、語り手はよくぞ自分を見失わずに語りきったと思う。
 2話が終わって、2家族が出て行ってしまった。ただ一家、6歳と4歳、お母さんの一家族残ってくれて、私の「ひなどりとネコ」になった。まず「木が伸びる」の手遊びで、ちょっと休憩して語り始めた。でも、子どもたちはやっぱり、もうお話はうんざりといった感じだ。「ハハハ、こりゃ最後まで持つかな?」と思いながら語った。ところが、ひなどりとお母さんが、猫から逃れようと走って行くところで、急に上の子の男の子の動きがぴたっと止まって、私をじっと見て聞いてくれるようになった。それからは、下の子もおとなしくなって、最後までしっかり聞いてくれた。私も、とても集中して語れた。ああ、満足! 本当にありがとうございました。

おはなし会のあとで、今日のプログラムは、ストーリーを聞く話ばかりだったから、もっと遊べるお話や、小さな子でも楽しめるお話を入れた方がよかったと、みんなで話し合った。
そう! お話が楽しい、お話が聞けて満ちたりた。聞きにきてくださった方には、そんな気持ちになって、帰っていってほしい。

« 2022年4月 | トップページ | 2022年6月 »

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

NetGalley 本の応援団

  • グッドレビュアー
  • プロフェッショナルな読者