« I図書館おはなし会 久々そして新しい場所。反省も問題も満載。でもやっぱり楽しい! | トップページ | G東こども未来園 年少さん 小さな子の見方 »

2021年10月14日 (木)

G東こども未来園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 語れるって嬉しい!

 子どもの前でストーリーテリングをするのは、いつ以来だろうか? 記録を見ると、2020年の2月14日が最後。ということは、1年8ヶ月ぶりということになる。最後に語った時は、同じような日々が続くと思っていたし、おはなし会が重なって、ちょっとおざなりに語っていたようなところもあった。
 そして、今日。本当に久々。マスクをして声が届くか、緊張しすぎやしないか、と心配しながらも、やっぱり嬉しくて、お話をちゃんと届けるんだと、意気込んででかけた。

プログラム
 おいしいおかゆ グリムの昔話(『エパミナンダス 1』より)
 ひなどりとネコ ミャンマーの昔話(『子どもに聞かせる世界の民話』より)
 手遊び 虫かご *4
 世界でいちばんきれいな声 ラ・フルール作(『ヴァイノと白鳥ひめ (愛蔵版おはなしのろうそく (6))』より) *

 

   

 

 子どもたちは、絵本なしでお話を聞くのは、おそらく初めて。それでも、よく聞いていた。
「おいしいおかゆ」では、おかゆがどんどん増えるところで面白がる声が聞こえる。そのあとの「ひなどりのネコ」も、はじめは、よくわからないような感じだったのだが、くしゃみが繰り返されるところで笑い声が聞こえた。本当にくしゃみをしてしまうところで、何人かがびっくりしている。このあたり、理解できている子と、まだ理解できない子がいたようだ。
 次が私のお話。子どもたちは、お話を2つ聞いて、だいぶ疲れてしまったようで、前の方の子は寝転がってしまったので、「虫かご」の手遊びをした。ここで、きゅっとみんなが集中したのだが、そのあと、「次は外国の人が書いたおはなしだよ」「鴨って知っている?」と言ったのが失敗だった。またこどもたちが、元気になりすぎてしまった。途中で、下の学年の子たちがのぞきに来たりして、子どもたちは、落ち着いて聞いてくれていなかった。
 でも、私自身はよく練習したこともあって、最後まで気を抜かずに語れた。最後のところで、ようやく数人が真剣に目を向けて聞いてくれたことも嬉しい。


 そうそう、子どもたちはこちらが思っているようには動かない。でもどこかでちゃんと聞いている。それを信じて、心を込めて語る。ああ、やっぱり子どもたちに語れるって嬉しい。

« I図書館おはなし会 久々そして新しい場所。反省も問題も満載。でもやっぱり楽しい! | トップページ | G東こども未来園 年少さん 小さな子の見方 »

おはなし(ストーリーテリング)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« I図書館おはなし会 久々そして新しい場所。反省も問題も満載。でもやっぱり楽しい! | トップページ | G東こども未来園 年少さん 小さな子の見方 »

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

NetGalley 本の応援団

  • グッドレビュアー
  • プロフェッショナルな読者