« 1月のひよこちゃん くつろげる雰囲気を | トップページ | D保育園 年長さん ストーリーテリングによるお話会 4回目 「屋根がチーズでできた家」に、こわいこわい »

2020年1月27日 (月)

C児童館 ストーリーテリングによるおはなし会 語り手と聞き手の作る世界

 土曜日に小学校で行事があって、その代休の子たちが集まるC児童館でのおはなし会。1年生と2年生、聞きたい子だけ12人の子が部屋に入ってくれた。

プログラム
 ねずみのすもう 日本の昔話
 屋根がチーズでできた家 スウェーデンの昔話 *
 鬼六と庄屋どん 日本の昔話


出典本
  
 

 ひとり、ちゃちゃを入れる子がいて、ちょっと語りにくい感じ。「ねずみのすもう」では、「ネズミが話している」とか、「長者のねずみがお金を盗んでいる」とか。でも、ちゃんとおはなしの内容はわかっているようだ。語り手も落ち着いて語り、特にかけ声のところでは子どもたちも一緒に声に出したりして、楽しいおはなしになった。

 わたしは「屋根がチーズでできた家」。はじめのうちは、屋根にのぼったのは「わたしだよー」などといってくるので、語りにくい。でも、妹が屋根に上って「それから、わたし」と大きな声で言うと、びっくりしたような顔をして、聞き出した。他の子どもたちも集中して聞いてくれ、とてもいい感じだった。なのに、また、間違えた。兄の台詞を妹のところで言ってしまったのだ。すぐに「まちがえた」と言っていい直して、すぐ立ち直して語り、その後も子どもはよく聞いてくれたけれど、自分としてはあーあーとため息。最近、どうして、自分でも信じられないところで間違えるのだろう。今日こそ、集中して語りきろうと思っていたのに……。でも、終わると、茶々入れる子が、「おばさんがトロル女みたい」と言うので、それはそれで面白かった。

 最後の「鬼六と庄屋どん」は、その子がついに飽きてしまったようで、部屋から出たり入ったり、クライマックスでもどってきて座り、よく聞いていた女の子に話しかけ、おしゃべりが始まってしまった。でも、語り手はしっかりと語り、他の子どもたちもよく聞いていた。
 
 いろり端で語られてきた昔話。きっと、生活のなかでのことだから、しんとした空間ではなかっただろう。でも、語り手と聞き手のなかにはおはなしの世界がすくっとできあがっていたのだと思う。そんな風に語れたらいいのに。私は、まだまだ、おはなしが自分のものになっていないのだろうな。

« 1月のひよこちゃん くつろげる雰囲気を | トップページ | D保育園 年長さん ストーリーテリングによるお話会 4回目 「屋根がチーズでできた家」に、こわいこわい »

おはなし(ストーリーテリング)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 1月のひよこちゃん くつろげる雰囲気を | トップページ | D保育園 年長さん ストーリーテリングによるお話会 4回目 「屋根がチーズでできた家」に、こわいこわい »

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

NetGalley 本の応援団

  • グッドレビュアー
  • プロフェッショナルな読者