2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« D保育園 年長さん ストーリーテリングによるお話会 3回目 「三枚のお札」おもしろかったよ! | トップページ | 南K小学校 朝の読み聞かせ 1年1組 おはなし「ホットケーキ」楽しんでくれていたらいいのだけれど。 »

2019年11月 8日 (金)

T小学校 4年生 ストーリーテリングによるおはなし会 「北風に会いに行った少年」うまく語ったつもりだけれど、ひとりよがり?

 昨年から、秋の読書週間に合わせていかせてもらっているT小学校。今年も語らせてもらえた。
 私は昨年と同じ4年生。今年語ったのは、

 北風に会いにいった少年 ノルウェーの昔話

 出典本
     

 昨年は、会場のすばらしさに圧倒されて、どきどきしたのだけれど、今年はもうわかっっていたので、それは大丈夫だった。また、ちょっと子どもたちに真ん中によってもらって語ったので、リラックスして語れた。

 よく聞いてくれた。北風に粉をさらわれた男の子が、粉を返してもらいに北風に会いに行き、粉の代わりになにかをもらう。その帰りの宿屋で主人にそのものを取られてしまう。これが2回続き、3度目に、もらったもので、宿屋の主人をこらしめる。という胸がすくお話だ。
 1度目は、素敵な贈り物を取られるところでひどいと顔をし、2度目は同じ宿屋に泊まるところで、「だめだ」という顔をする。そして3度目は、懲らしめる様子に喜ぶ。そうした反応が、ちゃんと見られたと思った。私としても、まあまあ、うまく語れたつもりだ。

 ただ感想を言ってもらったところで(本当はおはなしの後で聞くには避けたいが、小学校では教育の一環として、先生がどうしても感想をきいてしまうのだ。)、「それぞれの役割の声を使い分けていた」「北風のひゅーという音がうまかった」「長いおはなしをおぼえていてすごい」といった、語り方についてのものばかりで、お話自体に対する感想はなかった。お話は面白かったのだろうか? 私の語り方が演じる感じになっていて、筋の面白さが伝わっていないのだろうか? と、とても不安に思った。

 語り方を教えに行ったわけではなく、お話を楽しんでもらいたかったのだが……。

 昨年の冬から何度も語ってきたおはなし。自分では、語るのが面白いお話で、子どもたちに楽しんてぜもらえると思っていたのだが、ひとりよがりかもしれない。語りに正解はなく、まだまだ惑いそうだ。

« D保育園 年長さん ストーリーテリングによるお話会 3回目 「三枚のお札」おもしろかったよ! | トップページ | 南K小学校 朝の読み聞かせ 1年1組 おはなし「ホットケーキ」楽しんでくれていたらいいのだけれど。 »

おはなし(ストーリーテリング)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« D保育園 年長さん ストーリーテリングによるお話会 3回目 「三枚のお札」おもしろかったよ! | トップページ | 南K小学校 朝の読み聞かせ 1年1組 おはなし「ホットケーキ」楽しんでくれていたらいいのだけれど。 »

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

NetGalley 本の応援団

  • グッドレビュアー
  • プロフェッショナルな読者