« 11月のひよこちゃん わらべうたをする子のかわいらしさ | トップページ | Sキッズクラブ 3年生~ ストーリーテリングによるおはなし会 「かしこいモリー」は最強 »

2019年11月30日 (土)

K市立図書ストーリーテリングによるおはなし会 聞いていないようで聞いているんだから

 第5週のある土曜日だけのおはなし会。きょうは、図書館がリユース本を出している日で、ついでに、お母さんが見ているあいだにお父さんといっしょに、という子もいて、6組の親子、子ども10人が部屋に入ってくれた。一番大きな子は2年生。でも、3、4歳の子が多い。

プログラム
 おはなし てぶくろ ウクライナの昔話
 わらべうた だいこんづけ
 おはなし ねずみのすもう 日本の昔話 *
 手遊び あげたりさげたり
 おはなし アナンシと五 ジャマイカの昔話


出典本
   

 ずっと静かにきいていてくれたけれど、小さな子が多いので「てぶくろ」以外は、小さな子にわかったかどうか心配。そんなわけで、わらべうたや手遊びをいれて、それだけでも楽しんでいってもらえたらと思っている。
 わたしは「だいこんづけ」と「ねずみのすもう」をした。「だいこんづけ」はほとんどの子が嬉しそうにやってくれた。3歳くらいの子が一番喜んでいたと思う。
 「ねずみのすもう」は、語っていて、誰もきいている感じがせず、とても語りにくかった。で、いくつか間違えた言葉を行ってしまったのだが、そのまま、しれっと語ってしまった。最近、こんなのばかり。ごまかしばかりうまくなっている。
「アナンシと五」は、大きな子はちゃんとわかったようだ。アナンシがつい「五」と言ってしまうと、びくっとしていた。

 おはなしを楽しみにして、リピーターになってくれる子がほしいと思う。

 最後に感想を書きたい子には書いてもらってポストに入れてもらうのだが、「たのしかった」「ねずみのすもうがおもしろかった」という手紙があって、ああ、ちゃんときいていたんだと嬉しかった。もっと集中して楽しく語れるようになろう。

« 11月のひよこちゃん わらべうたをする子のかわいらしさ | トップページ | Sキッズクラブ 3年生~ ストーリーテリングによるおはなし会 「かしこいモリー」は最強 »

おはなし(ストーリーテリング)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 11月のひよこちゃん わらべうたをする子のかわいらしさ | トップページ | Sキッズクラブ 3年生~ ストーリーテリングによるおはなし会 「かしこいモリー」は最強 »

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

NetGalley 本の応援団

  • グッドレビュアー
  • プロフェッショナルな読者