2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« K第二幼稚園 年長さん ストーリーテリングによるお話会 2回目 「三枚のお札」いつもの話! その慢心がしくじりを生む | トップページ | T小学校 4年生 ストーリーテリングによるおはなし会 「北風に会いに行った少年」うまく語ったつもりだけれど、ひとりよがり? »

2019年11月 1日 (金)

D保育園 年長さん ストーリーテリングによるお話会 3回目 「三枚のお札」おもしろかったよ!

 昨日はハロウィン。園に行くと、職員室にハロウィンの飾り物がおいてある。昨日行事があったという。部屋に行くと、子どもたちが口々にその話をしてくれた。どうやらかぼちゃのお化けが出没したらしい。この印象が強いのだろう。一晩たったきょうも、まだ興奮が冷めない様子だった。

プログラム

 はじまりのうた ろうそくぱっ
 おはなし あなのはなし マラリーク作
 わらべうた だいこん かぶらの にんじんのほい *
 おはなし 三枚のお札 日本の昔話 *
 おしまいのうた ろうそくぱっ *

出典本

  

 お話がはじまると、先生に言われていたのだろう。ちゃんと背筋をのばして、よく聞いている。「あなのはなし」でオオカミが動物たちを食べ始めると、しんとして聞いていた。穴がたべられてしまうと「はな?」と聞く子が。穴が食べられるなんて、よくわからなかったかもしれない。

「三枚のお札」は、今年語るのは3回目。はじめの2回がしくじったので、今日こそは完璧にという思いと、間違えそうで怖いという思いが、ごちゃまぜになった。途中で、このお話は、口が勝手に動くくらい語り尽くしてきてから、言葉は口にまかせて、思い描くことだけに集中してなどと考えた。ちゃんと語れたと思う。ただ、最後のほうで、一番前の子が、小僧さんみたいにうつらうつらしはじめ、その隣の子が、それを気にして起こそうとしていて、そのふたりの姿がおかしくて、笑いをこらえて語ることに。その子はよほど眠かったのだろう。お話が終わって、先生に後ろへ連れて行かれてもまだ、うつらうつらしていた。本当にかわいらしい。

 お話が終わってから、男の子がわざわざ、とてもおもしろかったと言いにきてくれた。こういうことがあると、ああ語ってよかったと思う。ありがとう。

« K第二幼稚園 年長さん ストーリーテリングによるお話会 2回目 「三枚のお札」いつもの話! その慢心がしくじりを生む | トップページ | T小学校 4年生 ストーリーテリングによるおはなし会 「北風に会いに行った少年」うまく語ったつもりだけれど、ひとりよがり? »

おはなし・ぽぴんず(ストーリーテリング)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« K第二幼稚園 年長さん ストーリーテリングによるお話会 2回目 「三枚のお札」いつもの話! その慢心がしくじりを生む | トップページ | T小学校 4年生 ストーリーテリングによるおはなし会 「北風に会いに行った少年」うまく語ったつもりだけれど、ひとりよがり? »

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

NetGalley 本の応援団

  • グッドレビュアー
  • プロフェッショナルな読者