« S幼稚園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会  | トップページ | 10月のK図書館分館おはなし会 みんなでハッピーバースデー »

2019年9月27日 (金)

I幼稚園 年長さん おはなし会 もういっこやって

 久しぶりに幼稚園に読み聞かせにうかがった(9/25の)。子どもたちはとても待っていてくれて、私たちの顔を見ると「なんのお話?」と聞いてくる。「なんだろうね」などといいながら、いそいそと準備した。

プログラム
 詩の朗読 かき まどみちお詩 *
 大型絵本 ビッグブック パパ、お月さまとって! エリック・カール作 もりひさし訳 偕成社 * 
 絵本 10ぴきのかえるのうんどうかい 間所ひさこ文 仲川道子絵 PHP研究所 
 手遊び どんぐりころちゃん *
 絵本 とりかえっこ さとうわきこ文 二俣英五郎絵 ポプラ社
 紙芝居 てんぐのはなくらべ 堀尾青史脚本 岡野和絵 童心社

 子どもは2クラスで30人くらい。一番うしろだけが椅子席で自由な感じで座っている。リラックスしていてくれるのが嬉しい。

「かき」は、軍手でつくった柿と、カラスのペープサートを見せながらやった。「かあ、かあ」とカラスが鳴くところで笑い声が起こる。最後、「食べてもいいですかあ」で、「いいよー」と言ってもらってから、つついて食べるまねをした。


 大型絵本『ビッグブック パパ、お月さまとって!』は、しっかり目を見開いて見てくれた。長いはしごや、高い山に驚く。お月様がなくなってしまうと、しんとなった。でも、また現れたのでにっこり。楽しく読めた。
『10ぴきのかえるのうんどうかい』は、かえるが穴に落ちてしまうところで、真剣にみつつも、笑う。ユーモアで捉えているんだなと思う。
 大笑いが起きたのは『とりかえっこ』。声を取り替えるということが、面白くてたまらないらしい。最後のオチが、ちょっとわからなかったようだが……。
 紙芝居『てんぐのはなくらべ』も、おもしろがって見てくれた。特に、鼻がお城に入ってしまったところを、どうなるんだろうかと真剣に見ている。おさむらいさんに切られちゃう戸、手振り身振りでやっている子、鼻を触っている子などがいて面白い。
 紙芝居が終わると、「もう終わり? もういっこやって」などという声も出て、アンコールを用意しておけばよかったなどと思ったりした。

 年長さんぐらいになると、お話の幅がぐーんとひろがって、楽しい。また、行きたいな。

 

« S幼稚園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会  | トップページ | 10月のK図書館分館おはなし会 みんなでハッピーバースデー »

保育園 おはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« S幼稚園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会  | トップページ | 10月のK図書館分館おはなし会 みんなでハッピーバースデー »

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

NetGalley 本の応援団

  • グッドレビュアー
  • プロフェッショナルな読者