2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« D保育園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 2回目 それぞれの成長、それぞれの個性、それぞれの聞き方 | トップページ | 南K小学校 朝の読み聞かせ 4年1組 東京オリンピックが近いから『ぞうの金メダル』 »

2019年9月 7日 (土)

9月のK図書館分館おはなし会 聞き手が増えてきている!

 なんだか、また夏が戻ってきたみたい。暑い中、11人もの子が来てくれた。1番小さな子は3歳くらい。大きな子は2年生ぐらいかな。


プログラム
 わらべうた どんぐりころちゃん *
 絵本 あしたうちにねこがくるの (講談社の創作絵本) 石津ちひろ文 ささめやゆき絵 講談社
 絵本 まどのむこうのくだものなあに? 荒井真紀作 こどものとも年中向き2019.07 福音館書店
 絵本 ほら なにもかも おちてくる ジーン・ジオン文 マーガレット・ブロイ・ブレアム絵 瑞雲舎 *
 大型絵本 ビッグブック パパ、お月さまとって! エリック・カール作 もりひさし訳 偕成社 *
 紙芝居 へんでもわらいっこなし 早川元二脚本 久保雅勇画 童心社
 手袋シアター むすんでひらいて
 エブロンシアター 若返りの水


 
『まどのむこうのくだものなあに?』は、ほとんどの子がすぐあてられたので、すごいなと思う。当たらなかったのは、最後のザクロ。そして、なぜかパイナップルをオクラという子が……(#^.^#)


 
静かに聞けるかなあと心配しながら読んだのは『ほら なにもかも おちてくる』。でも、大丈夫。子どもたちはとてもよく耳を傾け、じっと絵を見ていた。雨や雪は、体験したことを思い出しているようだった。地味だけれど、体験と重ねて、さらに広げる、とてもいい絵本だと思う。


 
 大型絵本『ビッグブック パパ、お月さまとって!』は喜んでくれた。とくにながーい梯子をパパが持ってくるところ。はじめ「お月様なんて持ってこれないよ」と言っていた大きなお兄ちゃんも、驚きの声を上げていた。


 エプロンシアター「若返りの水」は、親も子も大喜び。おばあさんがどんどん水を飲むと、「飲みすぎると子どもになっちゃうぞ」と誰かが言ったすぐに、赤ちゃんになったので、大笑い。そのあとみんなで水を飲む真似をしたりした。


 少し長めになってしまったが、それぞれに楽しんでもらえたからよかったと思う。この頃、図書館員さんたちの働きかけもあって、聞き手が増えてきた。今日来た子たちは、ほとんどがリピーター。「図書館のお話会にいくと楽しい!」と思ってもらえるよう、ボランティアの私たちもがんばりたい。

« D保育園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 2回目 それぞれの成長、それぞれの個性、それぞれの聞き方 | トップページ | 南K小学校 朝の読み聞かせ 4年1組 東京オリンピックが近いから『ぞうの金メダル』 »

図書館おはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« D保育園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 2回目 それぞれの成長、それぞれの個性、それぞれの聞き方 | トップページ | 南K小学校 朝の読み聞かせ 4年1組 東京オリンピックが近いから『ぞうの金メダル』 »

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

NetGalley 本の応援団

  • グッドレビュアー
  • プロフェッショナルな読者