« 南K小学校 朝の読み聞かせ 3年1組 「マメ子と魔物」よく聞いてくれて、ドキドキ!! | トップページ | 南K小学校 春の図書館祭 お昼休み図書室のおはなし会 はじめての試み »

2019年6月14日 (金)

H小学校 朝の読み聞かせ 6年1組「小石投げの名人タオ・カム」

 隣市のH小学校。朝の時間にクラッシック音楽が流れている。そのせいなのか、子どもたち落ち着いている雰囲気だった。

プログラム
 絵本 さる・るるる 五味太郎作 絵本館
 おはなし 小石投げの名人タオ・カム ラオスの昔話

← 出典本

 はじめ、となりと離れて座っていたので、少し近づいてもらった。男の子が多い。
『』は、にこにこしながら聞いていた。
「小石投げの名人」は、小石をタオ・カムが飛ばすところから、石を飛ばすまねをする子がいたりして、ほとんどの子がお話にすーっと入ってきてくれた。特に、食い入るかのように聞いている男の子が何人かいる。タオ・カムの飛ばした石が大臣の口の中に命中すると、もうにこにこして、それはそれは嬉しそうな顔になった。顔を見合わせて笑っている子たちもいる。このお話は男の子の方が面白がるようで、男の子の多いクラスでよかったと思った。私も、どきどきすることなく、とても楽しく語れた。
 おとといのように、子どもたちがよく聞句のを見て、かえってドキドキするときもあれば、今日みたいに、楽しくなるときもある。この違いはどこから生まれるのだろう。知りたい! いつも、こんな風にリラックスして語れるといいから。
 お話が終わった後で、先生から「とてもわかりやすい話し方でよかったです」といっていただいた。なによりものお言葉で励みになった。精進します。

« 南K小学校 朝の読み聞かせ 3年1組 「マメ子と魔物」よく聞いてくれて、ドキドキ!! | トップページ | 南K小学校 春の図書館祭 お昼休み図書室のおはなし会 はじめての試み »

おはなし会いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 南K小学校 朝の読み聞かせ 3年1組 「マメ子と魔物」よく聞いてくれて、ドキドキ!! | トップページ | 南K小学校 春の図書館祭 お昼休み図書室のおはなし会 はじめての試み »

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。