« H小学校 朝の読み聞かせ 6年1組「小石投げの名人タオ・カム」 | トップページ | 課題図書を読む『スタンリーとちいさな火星人』 »

2019年6月20日 (木)

南K小学校 春の図書館祭 お昼休み図書室のおはなし会 はじめての試み

 図書館祭のお話会は、今年度から、低学年図書館で行うことになった。お昼休みには、本の貸し出しも行われていて、その中でのお話会なので、落ち着かないのではないかと不安だった。案の定、初めのうちはざわついた。先生が、静かに行動するようと子どもたちに声がけしてくださったものの、読んでいるすぐ横で、何人もの子が、本を探していて、音が響いたり、廊下で騒がしい声がしたりで落ち着かなかった。でも、貸し出しが一通りすんだ頃には静かに。お話を聞きたい子だけが20人ばかり残って、熱心に聞いていた。


プログラム
 絵本 ふれふれ なんだあめ こんなあめ (えほん・ワンダーランド) 梅田俊作・梅田佳子作 岩崎書店 
 絵本 しろおうさまと くろおうさま (PHPにこにこえほん) こすぎ さなえ文 たちもと みちこ絵 PHP研究所
 絵本 999ひきのきょうだいのほしをさがしに 木村研作 村上康成絵 ひさかたチャイルド *


    


 静かになったのは2作目『しろおうさまと くろおうさま (PHPにこにこえほん)』ぐらいから。でも、『ふれふれ なんだあめ こんなあめ (えほん・ワンダーランド)』のときも、前に座っていた子はかぶりつきで見ていて、後半の「ウオー」と、それまでのいらいらを突き抜けて行くところを楽しんでいた。
しろおうさまと くろおうさま (PHPにこにこえほん)』は、いろいろな色が出てくるのを、よく見ていた。
 最後の『999ひきのきょうだいのほしをさがしに』では、前の方の子がホタルを見つけてくれた。蛙の兄弟が、落ちた流れ星を助けに行き、ホタルを見て、空へ帰って行くと、勘違いしていることを、理解しているようだった。


 前は音楽室でお話会をしていた。聞き手は大勢だったけれど、強制的に来させられた子もたくさんいた。図書室だと多少はざわつくけれど、聞きたい子は聞いているわけで、こちらの方が自然でいいと思う。


 

« H小学校 朝の読み聞かせ 6年1組「小石投げの名人タオ・カム」 | トップページ | 課題図書を読む『スタンリーとちいさな火星人』 »

おはなし会いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« H小学校 朝の読み聞かせ 6年1組「小石投げの名人タオ・カム」 | トップページ | 課題図書を読む『スタンリーとちいさな火星人』 »

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。