« 5月のK図書館分館おはなし会 連休の楽しい家族の時間のなかのお話会 | トップページ | 南K小学校 朝の読み聞かせ 2年2組 「七わのからす」、どうだったかな »

2019年5月11日 (土)

I図書館こども図書館まつりおはなし会 たくさんのお花が笑った!

 I図書館は、今日、明日と子ども図書館祭。イベントの中でのお話会なので、なんと子ども28人、大人10人と、お話のお部屋からあふれんばかりの人が集まってくれた。

プログラム
 詩 たんぽぽ 川崎洋作
 おはなし ひとり、ふたり、さんにんのこども 松岡享子作 『おはなしのろうそく 28』より
 絵本 だるまちゃんとてんぐちゃん 加古里子作 福音館書店
 手袋シアター はながさいた まどみちお詩 *
        お花がわらった
 絵本 へんてこライオン たべもの なのよ (おひさまのミニ絵本) 長新太作 
 紙芝居 かりゆしの海 (ひろがるせかい) (まついのりこ・かみしばいひろがるせかい) まついのりこ作 童心社 *
 わらべうた さよならあんころもち

 前半、視覚ではなく言葉だけで伝えるもの。2歳くらいの小さな子も何人かいたが、静かに聞いていた。「ひとり、ふたり、さんにんのこども」では「ひとつ、ふたつ、みっつ」と数えるところを笑い声をたてて聞く子がいた。


     
 『だるまちゃんとてんぐちゃん』では、「その本おうちにある~」といった子も。細々したものを見るのが楽しい絵本だけれど、今日のような大人数では、絵が少し見にくかったかもしれない。

 手袋シアターでは、ボランティアが全員でてきて、手袋の花を咲かせんながらうたい、その後、あつまってくれた子どもたちにも手袋を配って、全員で歌いながらたくさんのお花を咲かせた。どの子も親たちもみな、ニコニコしてやっている。いっしょに楽しい時間をすごせたらいい。


     
へんてこライオン たべもの なのよ (おひさまのミニ絵本)』は、いろいろなところで笑い声や、驚きの声があがった。


     
 『かりゆしの海 (ひろがるせかい) (まついのりこ・かみしばいひろがるせかい)』で、沖縄の美しい海へ。この紙芝居は、みんなで「ユガフ・タボーリ」というと、白黒から心が洗われるような美しいカラー写真があらわれるのが見事。その美しさに目を見張ってもらえたと思う。


 最後は、いつもの「さよならあんころもち」。毎回お話会にきてくれる、兄弟が前に出て、いっしょにやってくれた。


 きょうは、お話会がすすむにつれて、聞き手も演じ手も打ち解けて楽しい和ができた感じがする。すてきなイベントのひとつになれた。

 

« 5月のK図書館分館おはなし会 連休の楽しい家族の時間のなかのお話会 | トップページ | 南K小学校 朝の読み聞かせ 2年2組 「七わのからす」、どうだったかな »

図書館おはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 5月のK図書館分館おはなし会 連休の楽しい家族の時間のなかのお話会 | トップページ | 南K小学校 朝の読み聞かせ 2年2組 「七わのからす」、どうだったかな »

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。