« D保育園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 5回目  | トップページ | 南K小学校 朝の読み聞かせ 3年1組 「北風に会いにいった少年」 2回目、まだまだ »

2019年3月 2日 (土)

3月のK図書館分館おはなし会 聞き手がひとりだからこそ

 あたたかなよい天気。それでみんな遊びに行っちゃったかな? 4歳のNくんがひとり、お母さんと来てくれた。

プログラム
 詩 くまさん まどみちお *
 絵本 おんなじおんなじ (ぶうとぴょんのえほん) 多田ヒロシ こぐま社
 絵本 しろおうさまと  くろおうさま (PHPにこにこえほん) こすぎ さなえ作 たちもと みちこ絵 PHP研究所
 わらべうた ずくぽんじょ *
 紙芝居 ぶくぶくチョッキンとこやさん―紙芝居 (どうぶつむらのおみせやさん) 東川洋子作 長島克夫案画 教育画劇
 手遊び むすんでひらいて
 エプロンシアター グリーンマントのピーマンマン

     

 一人の子どもに演じ手4人。子どもにとっては気恥ずかしいかもしれない。でも、ひとりに合わせて、演じ手がそれぞれ読むのは、貴重な時間だ。
「くまさん」の詩は、くま人形とタンポポを使ってやってみた。くまさんがじぶんを「だれだろう?」と考え込むところ、「そうだ、くまだった」と思い出すところ、Nくんは大笑いして喜んだ。そのあとの『おんなじおんなじ (ぶうとぴょんのえほん)』も、じっくり見ていて、最後にコマとボールがでてくると「形がちがうー」と言っていた。コマはまだ見たことがないのかもれしない。
しろおうさまと  くろおうさま (PHPにこにこえほん)』は、7色の小人がでてきて塗っていくおはなし。とても一生懸命、絵を見ていた。色に興味があるのだと思う。
 紙芝居の『ぶくぶくチョッキンとこやさん―紙芝居 (どうぶつむらのおみせやさん)』では、知っている動物がでてきて、名前を言っていたが、ライオンがたてがみを切られてしまうと「トラになった」といって、またまた大笑いだ。
 そして、もちろんエプロンシアターでは、はしゃぎっぱなし。ピーマンマンがばい菌をやっつけると、おなかがよじれるぐらいに笑っていた。
 N君にとって、とても楽しい時間だったと思う。

 聞き手がひとりだからこそできる、おはなし会もある。

« D保育園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 5回目  | トップページ | 南K小学校 朝の読み聞かせ 3年1組 「北風に会いにいった少年」 2回目、まだまだ »

図書館おはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月のK図書館分館おはなし会 聞き手がひとりだからこそ:

« D保育園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 5回目  | トップページ | 南K小学校 朝の読み聞かせ 3年1組 「北風に会いにいった少年」 2回目、まだまだ »

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

NetGalley 本の応援団

  • グッドレビュアー
  • プロフェッショナルな読者