最近のトラックバック

« 南K小学校 朝の読み聞かせ 3年1組 「北風に会いにいった少年」 2回目、まだまだ | トップページ | S幼稚園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 大きくなったね。 »

I南小学校 朝の読み聞かせ 5年2組「北風に会いにいっ少年」3回目でようやく

 昨日に引き続いて、I南小で朝の読み聞かせ。今年度最後なので30分わくだ。高学年ということで、本選びに苦戦し、昨日ようやく決められた。

プログラム
 絵本 ぼく・わたし 高畠那生作 絵本館
 おはなし 北風に会いにいった少年 ノルウェーの昔話
 絵本 ボルカ―はねなしガチョウのぼうけん ジョン・バーニンガム作 きじまはじめ訳 ほるぷ出版

  

 教室にいくと、先生と子どもたちが楽しそうに話をしていて、自由な雰囲気のクラスだと感じる。
ぼく・わたし』では、「べんきょうはとくいじゃないけれど かみひこうきはとくい。」で、「さぼっているだけじゃん」。「ひとまえでうたうのがはずかしい。ピアノならへいきなんだけど。」で「おんなじジャン」などと、ちゃちゃを入れてく子が何人がいて、ちょっとやりにくいなと思った。
 
「北風に会いにいった少年」でも、はじめのうち同じようにちゃちゃを入れてきた。ごちそうを出してくれるテーブルかけがでてくると「どらえもんじゃん」など。でも、3回目の語りだったので、私にも余裕があって、受け流しながら語っていくことができた。すると、宿屋で主人がテーブルかけを盗んだところから、そうしたコメントがなくなり、おはなしに耳を傾けるようになった。それからはとても語りよかった。やはり同じ宿屋に泊るところをもっともよく聞く。そして、さすが5年生と思ったのは、「杖よ、杖よ、ぶちのめせ」というと、ぶちばしめる杖を少年が北風からもらったところで、先の展開を予想しても笑いがあふれたこと。そして、そのあと耳輪傾けて、予想通りになった展開にまた大喜びしたことだ。ああ、やっとうまくお話が伝わったと思った。

 最後は、今年の初めに訃報のあったジョン・バーニンガムの『ボルカ―はねなしガチョウのぼうけん』。初期の作品で、絵の具もこってり。恵まれない前半の展開から明るい後半とラストが心温まるので読んでみた。子どもたち、よく聞いてくれたと思う。ただ、この絵本、なんか言葉が読みにくいなあ。昨日選書して、練習不足だったことの方が大きい原因ではあるが……。

 終わって、感想を先生が聞かれたら、男子が二人、手をあげて、ふたりとも「北風に会いにいった少年」がおもしろかったとのこと。語りをあげてくれるのはねとても嬉しい。

« 南K小学校 朝の読み聞かせ 3年1組 「北風に会いにいった少年」 2回目、まだまだ | トップページ | S幼稚園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 大きくなったね。 »

おはなし会いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 南K小学校 朝の読み聞かせ 3年1組 「北風に会いにいった少年」 2回目、まだまだ | トップページ | S幼稚園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 大きくなったね。 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ