« H小学校 朝の読み聞かせ 2年1,2組 ピエトリン、新鮮な反応 | トップページ | 2月のひよこちゃん 繰り返しの力 いっしょ楽しい時間を »

2019年2月18日 (月)

2月のおはなし広場 子どもの興味をひくもの

 準備のために早めに行ったのだけれど、6年生を送る会の練習が行われていて、入室できず。会場を作っているあいだに、1年生がもうやってきて、焦ってしまい、余裕のないはじまりとなってしまった。

プログラム

 絵本 わたし (かがくのとも絵本) 谷川俊太郎文 長新太絵 福音館書店 *
 おはなし てぶくろ(ストーリーテリング) ウクライナの昔話
 絵本 クローバーのくれたなかなおり (フレーベル館の秀作絵本) 仁科幸子作 (フレーベル館
 紙芝居 わたり鳥 (フォトかみしばいかがくのアルバム) 七尾純構成・文 七尾企画絵 あかね書房
 狂言えほん 狂言えほん ぶす (講談社の創作絵本) もとしたいづみ文 ささめやゆき絵 講談社
 大型絵本 ビッグブック パパ、お月さまとって! エリック=カール作 もり ひさし訳 偕成社*

  

  

わたし (かがくのとも絵本)』は、最初のうち、他の人から見ると、わたしをどういうのか、という意味が、子どもたちには分からないで「おかあさん」「おとうさん」などと言っていたが、途中から意味が分かったようで、考えていえるようになった。人との関係性を伝えるこの本に、1年生がこんなに興味をもつとは思わず、すこし驚いた。
 おはなしの「てぶくろ」は、「知っている~」と口々に言っていたくせに、つぎつぎと動物がはいろうとすると「ええーっ!」と驚いている。語り手といっしょに動物の名前も唱えていた。
 うってかわって『クローバーのくれたなかなおり (フレーベル館の秀作絵本)』は、とてもしんとして聞いていた。友達との喧嘩と仲直りは、子どもたちに身近で身につまされることなのだろう。
 その逆に『わたり鳥 (フォトかみしばいかがくのアルバム)』は、あまり興味をひかないようだった。鳥でも、ツバメやスズメ、カラスなんかだとよく見聞きしているから興味を持ったかもしれない。紙芝居にでてきたアオバヅクは、「フクロウだ」といって見ていた。
狂言えほん ぶす (講談社の創作絵本)』は、読み手が「ぶすはトリカブトの毒で食べると死んじゃう」と最初に説明したのがよかった。子どもたちは、太郎次郎といっしょにぶすを怖がり、太郎次郎が食べてしまうと真剣に心配していた。高学年で読むのとはまた違う反応なのが面白い。
 最後は『 ビッグブック パパ、お月さまとって!』。大型だと、さらにスケールが大きくなって、子どもたちは驚いていた。いろいろな声をあげて聞いていたが、月が小さくなって、なくなってしまうとしん。また空に浮かぶと安心して、喜びの声をあげてくれた。それにしても、この大型絵本、めちゃくちゃ重い! 手伝いの人との練習が必要だ!
 それにしても、今年の1年生、もうすぐ2年生だけれどまだまだ、とても素直で反応がかわいい。

« H小学校 朝の読み聞かせ 2年1,2組 ピエトリン、新鮮な反応 | トップページ | 2月のひよこちゃん 繰り返しの力 いっしょ楽しい時間を »

おはなし広場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2月のおはなし広場 子どもの興味をひくもの:

« H小学校 朝の読み聞かせ 2年1,2組 ピエトリン、新鮮な反応 | トップページ | 2月のひよこちゃん 繰り返しの力 いっしょ楽しい時間を »

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

NetGalley 本の応援団

  • グッドレビュアー
  • プロフェッショナルな読者