最近のトラックバック

« C児童館 小学生 ストーリーテリングによるおはなし会 仲間の大切さ | トップページ | Sキッズクラブ 1、2年生 ストーリーテリングによるおはなし会 楽しくなごやかに »

2月のK図書館分館おはなし会 1回1回を大切に

 今朝の冷え込みが嘘のように日中暖かくなった。はじめ図書館には子どもの姿がなく、今日は空振りかと思われたが、5分ほどして、2組の親子、途中からさらに2組来てくれた。両親ときた一番小さな子は1歳1か月。3-4歳が2人。一番大きな子は7歳くらいだろうか。

プログラム
 手袋シアター だれかが忘れた帽子 *
 絵本 ゆきのふるよる (世界の絵本ライブラリー) ニック バトワース作 はやしまみ訳 金の星社
 絵本 パン どうぞ (講談社の創作絵本) 彦坂有紀・もりといずみ作 講談社 *
 紙芝居 やぎじいさんのバイオリン (いのちを大切にする紙芝居・生きるよろこびがいっぱい) ハリス原作 堀尾青史脚本 岡野和絵 童心社
 エプロンシアター おふろにはいろう

      

 最初は1歳さんと4歳さんだけだったので「だれかが忘れた帽子」をやってみた。始まりが遅かったので、短縮バージョンで犬だけやろうとしたら、思いのほか、子どもも親たちも笑ってくれる。よし!と、ねこさんもやった。
 次の『ゆきのふるよる (世界の絵本ライブラリー)』は、小さな子たちには少しむずかしすぎた様子。おはなし自体はわかりやすいのだが、文のわりに絵が少なく、また小さいので、想像がついていけなかったかもしれない。でも、7歳の子はしっかり見て聞いている。年齢の差は大きい。
 それで、休憩がわりに『パン どうぞ (講談社の創作絵本)』を。4歳さんはパンが大好きなようで、ひとつひとつ、がぶっと食べていた。
やぎじいさんのバイオリン (いのちを大切にする紙芝居・生きるよろこびがいっぱい)』も、小さな子には無理があったかもしれない。これは、小学生以上でないと理解できないかもしれない。
 でも、最後のエブロンシアターで、みんな楽しんだ。おふろに入るいも(じゃがいも、さつまいも、さといも)を、子どもたちだけでなく大人も、いものなかま、むらさきいも、山芋といろいろな答えを言って、笑いあった。1歳さんもにこにこして、ときどき嬉しそうな声をたてたりしている。全員が愉快な気持ちで終われると、本当にうれしい。
 今日は、前回の図書館員のアドバイスを活かして、多すぎないように、子どもたちが楽しめるようにを心がけた。他のメンバーとも、いくつか本を用意して、年齢に応じた本を読めるといいねと話し合うことができた。
 失敗もいろいろあるけれど、よし、こうして、1回1回を子どもたちの楽しめる時間になるように心を砕いていこう。

« C児童館 小学生 ストーリーテリングによるおはなし会 仲間の大切さ | トップページ | Sキッズクラブ 1、2年生 ストーリーテリングによるおはなし会 楽しくなごやかに »

図書館おはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2月のK図書館分館おはなし会 1回1回を大切に:

« C児童館 小学生 ストーリーテリングによるおはなし会 仲間の大切さ | トップページ | Sキッズクラブ 1、2年生 ストーリーテリングによるおはなし会 楽しくなごやかに »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ