最近のトラックバック

« 1月のひよこちゃん うまくいかないけれど前を見て | トップページ | C児童館 小学生 ストーリーテリングによるおはなし会 仲間の大切さ »

I市立図書館1月のおはなし会 鬼が怖くて隠れていた子が……

 今日もいい天気。インフルエンザの影響もあるのだろうか? I市立図書館にしては、児童室に人が少ない。それでも、子ども11名、大人10名がおはなしの部屋に入ってくれた。

プログラム
 手袋シアター だれかがわすれたぼうし *
 絵本 ゆきのひの ゆうびんやさん (幼児絵本シリーズ) こいでたん文 こいでやすこえ 福音館書店 
 絵本 おにはそと! ふくはうち! (いもとようこの日本むかしばなし) いもとようこ作 金の星社
 大型絵本 大型絵本>へんしんオバケ (よみきかせ大型絵本) あきやまただし作 金の星社
 紙芝居 ちいさなきかんしゃ (好評紙芝居) 池田善朗文 津田光郎画  童心社 *
 わらべうた さよならあんころもち

  

  

 1歳さんが数人。この子たちは手袋シアターなんかだと、キャッキャッと喜んでくれるのだが、絵本となると、じっとしていられなくなる。声を出したり、歩きだしたり。それはもうこの年齢の子は仕方ない。そんなおちつかないなか、2歳以上の子たちは、熱心に絵本をみつめて耳をかた向けていた。『ゆきのひの ゆうびんやさん (幼児絵本シリーズ)』は、私も大好きな絵本なのだが、絵が細かく、淡い色彩なので、あのおはなしの部屋では、無理があったかもしれない。
おにはそと! ふくはうち! (いもとようこの日本むかしばなし)』で、面白かったのは、3歳くらいの子が、タイトルの「鬼」が怖くて、お母さんの後ろにぴったりくっついて覗き見していたのが、お母さんのおひざにのり、最後は前に身を乗り出して見ていたこと。
大型絵本>へんしんオバケ (よみきかせ大型絵本)は、もうすでによく知っている5歳さんがいて、絵の中の「~オバケ」がどこにいるかを教えてくれた。
 紙芝居の『ちいさなきかんしゃ (好評紙芝居)』は、私が読んだ。表紙の場面を見せると「蒸気機関車に乗ったとがあるよ」と言った子がいて、はじめやすかった。この紙芝居は、機関車の動きに合わせて、ひいたり戻したりする場面がいくつかある。仲間の前で練習したとき、その引き戻しが反対だと指摘されたので、そこのところを注意してできた。子どもたち、よく見てくれたと思う。こういう時はとても嬉しい。
 さいごの「さよならあんころもち」は、「僕できるよ」と、常連の5歳さんが言ったので、前に出てきてもらって、いっしょにやった。とても上手にやってくれた。こういうのも、とても嬉しい。

« 1月のひよこちゃん うまくいかないけれど前を見て | トップページ | C児童館 小学生 ストーリーテリングによるおはなし会 仲間の大切さ »

図書館おはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: I市立図書館1月のおはなし会 鬼が怖くて隠れていた子が……:

« 1月のひよこちゃん うまくいかないけれど前を見て | トップページ | C児童館 小学生 ストーリーテリングによるおはなし会 仲間の大切さ »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ