最近のトラックバック

« D保育園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 4回目 すばらしい成長 | トップページ | 1月のひよこちゃん うまくいかないけれど前を見て »

1月のおはなし広場 大いに盛り上がる……

 音楽室はエアコンが入っていなくて丸型ストーブ。今日は、先生が1台追加して、2台のストーブにしてくださった。やっぱり寒いけれど、ピリッとひきしまる。

プログラム
 大型絵本 ビッグブック おめんです いしかわこうじ作 偕成社
 おはなし 小さなオンドリとダイヤのボタン ケイト・セレディ作 *
 絵本 すすめ! かいてんずし 岡田よしたか作 ひかりのくに
 絵本 イノシシとお月さま (十二支むかしむかしシリーズ) 谷真介文 赤坂三好絵 佼成出版社
 大型絵本 バムとケロのさむいあさ 島田ゆか作 文渓堂

  

  

ビッグブック おめんです』は、もう表紙を見ただけで大笑い。ページを捲って大笑い、仕掛けのお面をページをめくって大笑い。読み手の声がまったく聞こえないほどだ。

 そのあとが私のおはなし「小さなオンドリとダイヤのボタン」だ。こんなに興奮してしまっている子どもたち、お話がきけめだろうか? 「おばさんはお面していないから、おばさんの顔見てね」などと、少し話してからはじめた。コケコッコーの鳴き声で笑い声。そして、オンドリが井戸の水を飲み干してしまうと、驚いて大騒ぎに。そのあとも、オンドリがすごいことをするたびに大騒ぎになり、コケコッコーを私と一緒に言おうとし……。声が届かなくて、なんどか、止まって声が静まるのを待った。その結果、少しリズムがくずれて、ところどころ違った言葉を言いながらも修正して語った。ラストのぶぶんは、もうお話しの格の部分は終わっているから、あまり聞いていない。とにもかくも語り終わって、思わず笑ってしまった。ふーっ。1冊目からの流れでああいった大きな反応になったのだろうか? このお話だけだったら、これほどにはならなかったと思う。

次の『すすめ! かいてんずし』も、やはり、大騒ぎに。後の方の子たちは絵が見にくいので立ち上がって、先生に注意されたりしている。もう少し絵が大きいとよかった。

 こうした刺激のある作品が続いただけに、次の『イノシシとお月さま (十二支むかしむかしシリーズ)』は、ものたりなく感じてしまったかもしれない。子どもたちは少しおしゃべりしたり、体をあちこちに動かしたりしながら聞いていた。でも、イノシシがすもうをとりはじめるとしんとなった。すもうが身近なのか、勝負の行方がきになったか?

 ラストの『バムとケロのさむいあさ』は、わりと静かに見ていた。大型絵本なのだけれど、それでも細々したものが後ろの方では見えないのが残念。ラストの落ちをちゃんと予想している子がいた。

 今日のプログラム、子どもたちは確かに大いに楽しんでいたけれど、少し偏っていたんじゃないかと不安になる。作品選びには正解がなくて、迷うばかりだ。

« D保育園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 4回目 すばらしい成長 | トップページ | 1月のひよこちゃん うまくいかないけれど前を見て »

おはなし広場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1月のおはなし広場 大いに盛り上がる……:

« D保育園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 4回目 すばらしい成長 | トップページ | 1月のひよこちゃん うまくいかないけれど前を見て »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ