最近のトラックバック

« T小学校 4年生 ストーリーテリングによるおはなし会 ルンペルシュティルツヘン 緊張から集中へ | トップページ | H小学校 朝の読み聞かせ 6年1組 リラックスして語る »

南K小学校 朝の読み聞かせ 1年1組 子どもたちと一緒に語る

 教室にいくともう子どもたちはすわって待っていてくれて、すぐに入れてもらえた。それで3冊用意していたうちの一番長い(そして、私の一番読みたかった)絵本を読むことができた。

プログラム
 絵本 ナガナガくん シド・ホフ作 小船谷佐知子訳 徳間書店
 おはなし きしむドア (『フランさんの語り3』より)

ナガナガくん』の表紙を見せると、長い犬の胴に大笑い。ええっ!? これだけでそれだけ笑える? このハイテンションだとちゃんと絵本を見てもらえるかなあと心配したが、まったくの杞憂だった。ナガナガが、体が長いことで他の犬にからかわれるとわかったあたりから、しんとして聞き始めた。さらにナガナガが悩んでいるところでは、心から心配しているのがその表情から伝わってくる。こうした辛い気持ちが切実にわかる年なのだと思う。でも、そのあと、大団円で物語が終わると笑顔がはじけた。
 そのあと「きしむドア」へ。こちらは、はじめのうち、いったい何の話だろうかとふしぎそうに聞いていたが、繰り返しだとわかると、おもしろがって、私といっしょに繰り返しを言って楽しんでくれた。ところが、実はわたし繰り返しのひとつの言葉「ドアをしめます」の一文をひとつ抜かしていたのに、途中で気づいてしまった。それで、次から修正して入れたので、ちょっと自分の中ではおかしな感じに。でも、子どもたちはおそらく気づいていない。たぶん、あるべきだけれど、なくても大丈夫(理解のさまたげにならない)一文なのだ。ああ、すべて抜かしたままでやればよかったと反省している。おはなしは生き物で、出たとこ勝負。臨機応変が要される。

     

« T小学校 4年生 ストーリーテリングによるおはなし会 ルンペルシュティルツヘン 緊張から集中へ | トップページ | H小学校 朝の読み聞かせ 6年1組 リラックスして語る »

すいすい 朝の小学校おはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/67380247

この記事へのトラックバック一覧です: 南K小学校 朝の読み聞かせ 1年1組 子どもたちと一緒に語る:

« T小学校 4年生 ストーリーテリングによるおはなし会 ルンペルシュティルツヘン 緊張から集中へ | トップページ | H小学校 朝の読み聞かせ 6年1組 リラックスして語る »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ