最近のトラックバック

« 朝の読み聞かせ 1年1組 よくばりすぎて失敗 | トップページ | S幼稚園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 本に興味を持つ »

K幼稚園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 1回目 おはなし会は一期一会

 この園は、昨年度1回だけ秋にうかがった。そのあと、冬にも予定していたが、その日なんと大雪に見舞われ、園がお休みでなくなってしまった。今年度は、今の時期と、秋に行かせてもらえることになった。
 今年は、園児が増えて、3クラスの80名程度。みな、お利口に座っていた。

プログラム
 はじまりのうた ろうそくぱっ *
 おはなし ひなどりとネコ ミャンマーの昔話 *
 手遊び ミミズのたいそう *
 おはなし ついでにペロリ デンマークの昔話
 おしまいのうた ろうそくぱっ

 先生が、ストーリーテリングの説明をしてくださったので、「おばさんの顔が見えるところに座ってね。」とだけ言って始めた。
「ひなどりとネコ」を語り始めると、はじめ、なんだろう?という感じでポカンとした顔をしていたが、怖いネコが出てくると、真顔になった。ネコにあげるはずのケーキをひな鳥が食べてしまうと、「ええっ」と、成り行きを心配してる子が何人か。これは、反応がいい子たちだとわかった。お母さん鳥がひな鳥のくしゃみを許してしまってからの子どもたちの反応が、おもしろかった。驚きの声を上げたり、肩を竦めたり、なかには、大きなくしゃみが聞こえると思ったのだろう、耳をふさぐ子も。ネコが逃げて行ってしまうとほっとしていた。
 次の「ついでにペロリ」では、ネコがなにかを食べるたびに、ええーっと大きな歓声が上がった。言葉が積み重なっていくところは、静かに聞いていて、「ペロリとのみこんでしまいました」ど「えーっ」となる。おはなしの最後まで、そういった感じだった。語り手もそれに合わせて、ゆっくり語っていた。聞き手の子どもたちによって、語り手によって、いろいろな面白さが変わってくる。

 前回同じプログラムでのD保育園での失敗と、今朝の小学校での失敗で、落ち込み気味だっただけに、今日K幼稚園で楽しく聞いてもらえて、とても助けられた。ありがとう!
 お話会って本当に一期一会だ。

« 朝の読み聞かせ 1年1組 よくばりすぎて失敗 | トップページ | S幼稚園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 本に興味を持つ »

おはなし・ぽぴんず(ストーリーテリング)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/66929382

この記事へのトラックバック一覧です: K幼稚園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 1回目 おはなし会は一期一会:

« 朝の読み聞かせ 1年1組 よくばりすぎて失敗 | トップページ | S幼稚園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 本に興味を持つ »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ