最近のトラックバック

« K児童館 夏休みのストーリーテリングによるおはなし会 聞き手に応じて、自由に語りたい。 | トップページ | K市立図書館 ストーリーテリングによるおはなし会 大人の聴き手の役割 »

7月のひよこちゃん 魔法の絵本『がたんごとんがたんごとんざぶんざぶん』

 少しだけ涼しくなったような気がする。といっても、昨夜は寝苦しかった。朝、片づけてから、ごろと横になったら、寝入ってしまい、目が覚めてびっくり。ぎりぎりにかけつけた。

 図書館には、いつもよりたくさんの親子が来てくれた。10組の親子。2歳くらいの子も数人いる。

プログラム
 わらべうた くまさんくまさん *
       お茶を飲みに来てください *
 絵本 くだもの (幼児絵本シリーズ) 平山和子作 福音館書店
 絵本 パパおふろ きくちちき作 文渓社
 わらべうた おてぶしこぶし *
       じーじーばー *
       ももやももや *
       ぎったんばったん *
 絵本 がたんごとん がたんごとん ざぶんざぶん (福音館あかちゃんの絵本) 安西水丸作 福音館書店 *
 絵本 なーらんだ 三浦太郎作 こぐま社 *
 紙芝居  はーい! (あかちゃんかみしばい ぱちぱち にっこり) 間所ひさこ脚本 山本佑司画 童心社
 紙芝居 むしさんのおさんぽ (年少向けおひさまこんにちは) 得田之久脚本 ペドロ山下画 童心社

 初めての子が半数近く。最初の「くまさんくまさん」で人形を近づけると、目を見張る子、にこにこする子、こまったように顔をそむける子がいて、それぞれの子に違う性格があるのだと思う。
くだもの (幼児絵本シリーズ)』でも、その性格はよくわかる。張り切って果物の名をあげて、積極的に食べる真似をする子がいる一方で、「どうぞ」絵本をそばに近づけても、逆に手をひっこめる子もいるのだ。
 わらべうたは、ハンカチ遊びだけにした。というのも、先月からお話の部屋が変わって、小さなクッションマットがいくつかあるのだが、お母さんと子どもたちがそこに座ってしまい、子どもを膝ののせての親子遊びがしにくいからだ。次回から、座り方を考えたいと思う。
 わらべうたのあとのハンカチを集めてから『がたんごとん がたんごとん ざぶんざぶん (福音館あかちゃんの絵本)』を読んだのだが、どの子も吸いつけられたように絵本を見つめて、聞いていたから驚いた。言葉のリズムがいいのだろうか? 電車が出てくるのがいいのだろうか? 本当に不思議な力のある絵本だ。
なーらんだ』では、なぜかおんぶされていた0歳児が大喜びで、キャッキャッとはしゃぎ声をあげていた。
 紙芝居では『はーい! (あかちゃんかみしばい ぱちぱち にっこり)』の「はーい」をお母さんも含めて、みんなで手をあげて楽しめた。『むしさんのおさんぽ (年少向けおひさまこんにちは)』の方は、まだ虫のことがぴんと来ない年なのか、あまり反応がない。2歳の男の子は、テントウムシだけ知っていて、ずっと「テントウムシ」と言っていた。カブトムシに興味を持つのはもう少し後なのだろう。

  

     

   

« K児童館 夏休みのストーリーテリングによるおはなし会 聞き手に応じて、自由に語りたい。 | トップページ | K市立図書館 ストーリーテリングによるおはなし会 大人の聴き手の役割 »

ひよこちゃんおはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/66988437

この記事へのトラックバック一覧です: 7月のひよこちゃん 魔法の絵本『がたんごとんがたんごとんざぶんざぶん』:

« K児童館 夏休みのストーリーテリングによるおはなし会 聞き手に応じて、自由に語りたい。 | トップページ | K市立図書館 ストーリーテリングによるおはなし会 大人の聴き手の役割 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ