最近のトラックバック

« S保育園 年少・長さん ストーリーテリングによるおはなし会 年齢による違い | トップページ | K児童館 夏休みのストーリーテリングによるおはなし会 聞き手に応じて、自由に語りたい。 »

I市立図書館 ストーリーテリングによるおはなし会 あれこれあって集中できず

 今日から小中学校では夏休みが始まっている。図書館には課題図書を借りに来た子、宿題をしに来た子、と結構たくさんの子どもたち。そしてもちろん本を借りに来た親子。その中から6組の親子と6年生の男子が4人が、初めにおはなしの部屋に入ってくれた。

プログラム
 鼻高たいこ 日本の昔話
 小さなオンドリとダイヤのボタン ケイト・セレディ作 *
 アナンシと五 ジャマイカの昔話

 私は、2番目の「小さなオンドリとダイヤのボタン」を語った。このお話は覚えたてで、初めて語るので、「鼻高たいこ」のあいだ、ドキドキしながら待っていた。みな、とても静かに聞いている。よし、私の番と前に出ていくと、ひとりの子が「トイレに行きたい」といって、外に出て行った。それにつられたのか、もう一人の子がトイレに行くといいだし、その子のお母さんが、赤ちゃんをお姉ちゃんにたくして出ていった。さらに6年生の子たちも出ていき、入れ替わりに、2組ほど入ってきた。
 さてと語り始めたのだが、どうも、聞き手が聞いている感じがなくて、語りにくい。それでも、なんとか語っていたのだが、赤ちゃんが動きだし、聞き手の目がそちらに向き、私もつい見てしまった。そんなあたりから、集中できなくなって、赤ちゃんがこてんと眠ると、とうとう話が迷子になって、一瞬とまった。でもすぐ再開して持ち直した矢先、赤ちゃんが目を覚まして泣きだし、どうしようもないので、会員が連れ出した。そのあとも外で大泣きの声が聞こえる。私はおろおろしながらどうしようもなく、よろよろと語り続け、再び持ち直したところで、今度は、さっきトイレに行った子が、ドアをあけてのぞくので、入ってくるかと思う、またと閉める。それが何度が繰り返され、またまた集中できないまま、最後まで語り終えた。ふーっ。そのあと、何人もの人が出て行った。あんまりたどたどしい語りだったからかもしれない。
 そのあとの「アナンシと五」のときは、人数が減ったのだが、今度は幼児の子があちこち歩き出した。それでも、語り手はしっかり語り、前にいた子たちがおもしろいと喜んでもらえた。

 は~っ(T_T) 本当にダメダメの日だった。どうも私は、ちょっとしたことにまどわされて集中できなくなる。何があっても、聞き手の顔をしっかり見て、語れるようになりたい。
 とにかく、今日のお話は、この夏休みに何回か語る予定。今度はがんばろう!!

« S保育園 年少・長さん ストーリーテリングによるおはなし会 年齢による違い | トップページ | K児童館 夏休みのストーリーテリングによるおはなし会 聞き手に応じて、自由に語りたい。 »

おはなし(ストーリーテリング)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/66964827

この記事へのトラックバック一覧です: I市立図書館 ストーリーテリングによるおはなし会 あれこれあって集中できず:

« S保育園 年少・長さん ストーリーテリングによるおはなし会 年齢による違い | トップページ | K児童館 夏休みのストーリーテリングによるおはなし会 聞き手に応じて、自由に語りたい。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ