最近のトラックバック

« C児童館 小学生 ストーリーテリングによるおはなし会 聞いていなさそうで聞いている。 | トップページ | K第2幼稚園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 子どもたちに届くことを願って語る »

課題図書を読む『なずず このっぺ』

 2017年コルデコット賞のオナー作品に選ばれたという本。とても斬新でした!!

なずず このっぺ?
 カーソン・エリス作
 アーサー・ビナード訳
 フレーベル館

     

 地面から出てきた芽をみつけて、虫たちがなにやら話している。「なずず このっぺ?」「わっばど がららん」。どうやら虫語らしい。「これ、なんだろ?」「さあ、わからん」とでもいっているのだろうか? 芽の隣では丸太がころがっていて、毛虫が「じゃじゃこん!」といって、枝にぶら下がると、さなぎになる。
 芽はのびて花が咲き、やがて、しおれる。丸太のさなぎからは蛾が生まれる。そして、雪が降り、また春になって芽が出る。すると、「なずず このっぺ」「じゃじゃこん」の会話が戻ってくる。繰り返される、虫たちの1年のドラマだ。

 ドラマの中心になるのは3匹の虫。そのうち1匹はテントウムシだけれど、後の2匹ははっきりわからない。なにかの小さな甲虫だろうか? この3匹が、伸びてきた植物に、はしごや木材をもってきて、自分たちの住処にする。ところが、クモがやってきて、そこに巣をつくってしまった。がっかりしていると、鳥がクモを一撃。虫たちは、またそこを住処にする。

 その間に交わされる言葉は、わけのわからない虫語だけ。素朴で懐かしいような響きがあるけれど、意味は分かったような、分からないような。全身で気持ちを表している虫たちと状況から想像するしかない。でも、読者がどう想像して、どう訳しても、間違いではないだろう。
 たとえば、クモが住処にやってきたとき、「ムクジャランカ!」という声が行きかう。「ムクジャランカ」はクモの意味だろうか? このクモは毛がいっぱい生えているから、「毛むくじゃら」という意味かもしれない。一匹は、「フンレンガ ぽしゃり……」とかなり落胆しているが、クモがいなくなると、飛びあかって喜び「ムクジャランカ ぽしゃり!」。「ぽしゃり」は、「なくなる」ということ? それとも「おしまい」? 
 植物に花が咲いた時はにぎやかだ。「みりご めりご ルンバボン!」と、喜びに満ちている。何と言っているか定かではないが、なんだかウキウキしてくるではないか。

 美しい色彩の絵は、全ページ、アングルは一緒で、丸太と植物と虫たちが、季節の移り変わりとともに変わっていく。デザイン化されユーモラスな動きを見せる様々な虫たち。夜の美しい場面。細々と書かれた虫の家財道具。見るたびに発見があり、想像が膨らむ。

 くりかえしページを捲って、虫語の素朴な響きを味わい、意味をくみとり、絵を眺めれば、もしかしたら、いつのまにか、虫語がわかってくるかもしれない。
 虫の国へようこそ! さあ、虫たちと会話しよう。

*第64回青少年読書感想文全国コンクール 小学校低学年の部 課題図書

« C児童館 小学生 ストーリーテリングによるおはなし会 聞いていなさそうで聞いている。 | トップページ | K第2幼稚園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 子どもたちに届くことを願って語る »

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/66821751

この記事へのトラックバック一覧です: 課題図書を読む『なずず このっぺ』:

« C児童館 小学生 ストーリーテリングによるおはなし会 聞いていなさそうで聞いている。 | トップページ | K第2幼稚園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 子どもたちに届くことを願って語る »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ