最近のトラックバック

« 課題図書を読む『一〇五度』 | トップページ | 課題図書を読む『なずず このっぺ』 »

C児童館 小学生 ストーリーテリングによるおはなし会 聞いていなさそうで聞いている。

 隣市の小学校は土曜日が参観日で、今日は振替休日。それで児童保育の行われているC児童館から呼んでいただけた。前回もうした振替休日に行われ、私はいっていないが、子どもたちを全員参加にしたところ、部屋を出たり入ったりする子がいて、落ち着いた環境にできなかったということで、今日は聞きたい子だけ。1年生から5年生まで、17名集まった。

プログラム
 ふしぎなたいこ 日本の昔話
 はらぺこピエトリン イタリアの昔話 *
 アナンシと五 ジャマイカの昔話

「ふしぎなたいこ」の時に静かに聞いていたので、よしよし、聞いてくれそう思って前に出たのだが、いきなり「絵本にして」と言われてしまった。「自分で絵本を思い描いてね」と言ったのだが、納得していないのは明らか。それでも、めげずに「はらぺこピエトリン」始めた。なかなか話にのって来なかったが、羊や牛のふんを食べ物とすり替えるところで笑いが起こり、よしよしと思った。でも、後半、いつものように話についてきてくれない。自分の予想した反応でないことにうろたえて、私ものらず、とりあえず最後まで語ったものの、緊張感がなく、不完全燃焼な感じだ。次の「アナンシと五」で、子どもたちの様子を見ていると、きょろきょろしたり、となりの子と突きあったりで、あんまり聞いていない感じがした。お話、分ってるんだろうか?に思ったりもした。それでも、ラストでアナンシが「1、2、3、4、5」と数えて、墓穴を掘ると、「5って言った!」という声があがり嬉しそうにしている。ああー、ちゃんと分って聞いていたんだと驚かされた。
 児童保育は、そもそも子どもの自由な時間をいただいているのだから、小学校や幼稚園で語るのと違う。子どもの反応を勝手に想像していた自分を反省した。

« 課題図書を読む『一〇五度』 | トップページ | 課題図書を読む『なずず このっぺ』 »

おはなし(ストーリーテリング)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/66818779

この記事へのトラックバック一覧です: C児童館 小学生 ストーリーテリングによるおはなし会 聞いていなさそうで聞いている。:

« 課題図書を読む『一〇五度』 | トップページ | 課題図書を読む『なずず このっぺ』 »

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ