最近のトラックバック

« 課題図書を読む『ルラルさんのだいくしごと』 | トップページ | 課題図書を読む『森のおくから むかし、カナダであった ほんとうのはなし』 »

6月のK図書館分館おはなし会 来てくれた子にぴったりの絵本を読みたいけれど……なかなか

 今日は、午前中、車で1時間ほど行ったところでわらべうた講座を受け、いったん家に帰ってお昼ごはん。そして近所のK図書館分館へ行ったので大忙し。そのせいか、紙芝居を忘れ、図書館でなじみの紙芝居をさがして……とあせくせしてしまった。余裕が大切だ。
 でも、0歳のあかちゃん、2-4歳さん3人の子どもたちがにこにこ笑顔で助けてくれた。エプロンシアターから、小学生のお姉ちゃんが参加した。

プログラム
 わらべうたであてっこ おてぶしてぶし *
 絵本 さくらんぼさくらんぼ (小さな子どもの心におくる絵本) 岸田衿子文 長新太絵 ひかりのくに *
 絵本 ルラルさんのじてんしゃ (いとうひろしの本) いとうひろし作 ポプラ社 *
 わらべうた でろでろ つのでろ *
 絵本 やさいのおなか (幼児絵本シリーズ) きうちかつ作 福音館書店 *
 紙芝居 るるのおうち (とびだすせかい) まついのりこ作 童心社 *
 エプロンシアター はらべこかいじゅう

「おてぶしてぶし」では、さくらんぼがどちらの手に入っているか当ててもらうのだが、両方指さしてしまう。だから絶対にあたるわけで「大当り!」というと、みんなとても嬉しそうに笑う。絵本は、どれもよく見ていたけれど、ずっと集中はできないようだ。年齢的には『さくらんぼさくらんぼ (小さな子どもの心におくる絵本』はぴったり。『ルラルさんのじてんしゃ (いとうひろしの本) 』は、まだ理解を超えてしまっているかもしれない。やめるべきだったかなと思ったのは『やさいのおなか (幼児絵本シリーズ)』。まだ野菜の切り口がどういう形になるかは、分からない。実は『やさいでぺったん―スタンプ遊びの絵本 (かがくのとも傑作集 わいわいあそび)』を読みたかったのを、小さな子にはわからないと思って『やさいのおなか (幼児絵本シリーズ)』に変えたのだが、それでも難しい。それでも「ピーマン」と「レンコン」を当ててくれたので、驚いた。小さな子の頭の中はわからない。
 紙芝居『 るるのおうち (とびだすせかい)』は、年齢にちょうどよかったと思う。子どもたちは、ルルのおうちではないのを、即答で答えてくれる。この見分ける力もすごいなと思う。
 でも、なんといってもこともたちが喜んだのが「はらぺこかいじゅう」。演じ手がかいじゅうにりんごやケーキを、子どもたちに食べさせると、大喜びだった。怪獣のお腹が痛くなると、「そんなに食べちゃいけないよ!」。食べてはいいけないものが、ちゃんとわかっているんだ。

 今日用意した絵本は、小さい子(2-3歳)向けのが1冊だけだったと反省。来てくれた子どもたちにぴったりの絵本を読みたいけれど、うまくかみ合わない。対象年齢の違う絵本を、何冊も用意しておくといいと、わかってはいるけれど、準備するのが遅れたりすると、間に合わないんなあ。

    

 

« 課題図書を読む『ルラルさんのだいくしごと』 | トップページ | 課題図書を読む『森のおくから むかし、カナダであった ほんとうのはなし』 »

図書館おはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/66786519

この記事へのトラックバック一覧です: 6月のK図書館分館おはなし会 来てくれた子にぴったりの絵本を読みたいけれど……なかなか:

« 課題図書を読む『ルラルさんのだいくしごと』 | トップページ | 課題図書を読む『森のおくから むかし、カナダであった ほんとうのはなし』 »

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ