最近のトラックバック

« 5月のひよこちゃん ハッピーになる笑い声の響き | トップページ | 朝の読み聞かせ 6年2組 プログラムを2つ用意 »

課題図書を読む『奮闘するたすく』

 昨年の夏に読んで、児童文学で介護をユーモラスに、でも、きちんと描いていることに衝撃をうけた本。超高年齢社会で避けては通れないテーマだ。

奮闘するたすく
 まはら三桃作
 講談社

     

 小五の佑は友人の一平とともに、夏休みの研究課題として、デイサービスを見学してレポートするよう、担任の早田先生から宿題をだされる。認知症の症状がではじめた祖父の「デイサービスについていった」と日記に書いたからだ。
 夏休みがはじまり、佑と一平は、デイサービスに行く祖父に付き添った。祖父は、ものわかりのいい時と悪い時があり、介護士に腹をたてたり、素直に従ったり。佑は振り回されっぱなしだ。佑と一平は、初め見学だけだったが、介護士見習いとして手伝いもするようになる。

 老い、認知症、身体障害、介護福祉、外国人労働者、ボランティア、そして死。佑は、祖父や施設を利用する老人たち、介護士と交流するなかで、様々なことを知っていく。高齢者社会の現代にあって避けらないテーマをわかりやすく書いている。
 重いテーマを扱っているが、全体にユーモアがあふれ、とても明るい。自分の死がほど遠く、現実味がない5年生の目を通して描かれているからかもしれない。
 それでも、佑の気持ちは複雑だ。佑の祖父は元刑事。おそらく、規律正しくしっかりした人だっただろう。佑はそんな祖父を尊敬し、誇りにしていたに違いない。それが、認知症になって、明らかに言動がおかしい。祖父自身も意識がはっきりしている時は、自分をふがいなく思い、苛立ち、将来に不安を感じている。弱っていく祖父と、祖父を見つめる佑の気持ちが切ない。たとえば、施設で履く上履き。小学生が学校で履くのと同じで、でかでかと名前が書いてある。プログラムにくみこまれたレクレーションのお遊戯。まるで幼稚園児のようで、祖父はプライドを傷つけられる。
 一方、祖父の身内でない一平の感じ方は、かなりドライで佑と温度差がある。老人たちの、ちぐはぐなふるまいを、単純に驚き、おもしろがり、施設での体験を楽しんでいる。こうした一平の存在は、祐を落ち込ませず、作品の明るさに寄与している。

 老いにともなう認知機能、身体機能の衰えや障害に、周囲はどう接するか? 嘲笑したり、できないことに腹を立てたり、逆に幼い子を扱うように接したり……どうすればいいか戸惑う。ヒントとなる提案をしてくれるのが、インドネシアから介護福祉士になるために勉強にきているリニだ。彼女は、「インドネシアでは老人は尊敬されていて、みんなが世話をしたがる。生きている分かしこくて物知りだ」という。認知症の老人たちを見れば、その言葉に首をかしげずにいられない。でも、刑事だった祖父は、刑事の素養がしみついていて、施設で老人ひとり行方不明になったとき、スタッフに的確な指示を出す。また、大切な妻との大切な思い出を、しっかりと折りたたんでしまっていた。それを言動としてと外に表したとき、佑たちは、はじめ、理解できなかったが……。
「お年寄りのやることには、ちゃんと理由がある」といったベテラン介護士の言葉が心に響く。 いつもはほとんど言葉を発さないのに、カラオケの「瀬戸の花嫁」ではリズミカルにあいの手を入れる老人も、きっとなにかを深く胸に刻みこんでいるのだろう。体験や思い出はみな違う。当たり前のことだが、老人、いや人間は、ひとりひとり尊重される個人なのだ。

 後半のセミの幼虫の孵化にまつわるエピソードは、生死の神秘がともない、とても美しい。セミは、美しい孵化のあと、成虫となり、はかない命を終えていくのだ。でも、それまで懸命に生きている。

 

*第64回青少年読書感想文全国コンクール 小学校高学年の部 課題図書

« 5月のひよこちゃん ハッピーになる笑い声の響き | トップページ | 朝の読み聞かせ 6年2組 プログラムを2つ用意 »

児童読みもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/66761425

この記事へのトラックバック一覧です: 課題図書を読む『奮闘するたすく』:

« 5月のひよこちゃん ハッピーになる笑い声の響き | トップページ | 朝の読み聞かせ 6年2組 プログラムを2つ用意 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ