最近のトラックバック

« I南小学校 朝の読み聞かせ 4年3組 時間制限とおはなしの組み合わせ | トップページ | 5月のおはなし広場 初めての日をたのしく!! »

課題図書を読む『ぼくとベルさん 友だちは発明王』

 タイトルにあるベルさんは、もちろん電話を発明したグラハム・ベルのこと。電話は彼の業績のほんの一部だった。このことを私は恥ずかしながら、この作品ではじめて知った。

ぼくとベルさん 友だちは発明王 (わたしたちの本棚)
 フィリップ・ロイ著
 櫛田理絵訳
 PHP研究所

     

 1908年、カナダ。10歳のエディは、好奇心旺盛で工夫にとみ、算数は得意だが、読み書きがまるっきりできない。そこで、学校では頭が悪いと見なされ、両親からは農夫になるしかないと落胆される。エディは悔しく、悲しい思いをしていた。
 そのころ近所に、ベルさんが帰ってきた。ベルさんは有名な発明王で賢くてみんなから尊敬されている。エディは、近所を歩いていて、ベルさんと出会い、言葉をかわすようになる。ベルさんはエディの鋭い観察力、豊かな発想力や想像力、独自な着眼点、数学的な思考力を見ぬく。
 ある日、ベルさんの家に招待されたエディは、ヘレン・ケラーや、ベルさんと飛行機を作って飛行実験をしている科学者と出会う。こうしたことから、エディは数学に興味を持つようになり、学校にあった難しい応用数学の本を辞書を引きながら懸命に読み、滑車の理論を使って、父親があっというような大仕事をしてみせる。
 だが、読み書きの方はなかなか進歩しなかった。そんなエディをベルさんは励まし続ける。

 ベルや、ベルがサルヴァン先生を紹介したヘレン・ケラー、ベルと飛行実験をした二人の科学者のボールドウィンやマカーディーは実在する。ベルがカナダに家を持っていたのも事実。エディももしかしたら実在すると思って読んだが、巻末に「史実を考慮して書かれたフィクション」とあり、エディは架空だとわかった。それくらいうまくフィクションが史実に溶け込んでいる。読み書きのできない農夫がたくさんいること、エディが左ききなのに右手で字を書くよう学校で厳しく矯正されることなど、当時の時代が反映されている。

 物語では、識字障害を持つ少年エディが、ベルやヘレン・ケラーから、情熱の持つ力、失敗にめげない心や考え方などを学び、成長していく。「できたことは喜ぶ、失敗についてはくよくよしない」(p58)といった、含蓄があるベルの言葉があちこちにちりばめられ、読み手も励まされる。この作品のベルのような、才能あふれる個性的な大人が身近にいて、自分を対等に扱い、励ましてくれたら、子どもたちはどんなに力づけられるだろう。

 エディとベルとの交流は心温まるが、さらに心を揺らすのは、エディが父親に認められていく過程だ。子どもにとって、親に失望されるほど悲しく、親に認められほど嬉しいことはない。
 エディの父親は、賢さを尊んでいる。そして、心から息子を思い、幸せな将来を願っている。だから、息子に読み書きができないとわかった時の失望は大きい。それをエディは敏感に感じとっている。教会に知的障害のある若者がやってきたときの父親の反応をうかがうエディの気持ちが痛々しい。父親は息子の識字障害を悲観するなか、「おまえは生まれ持った能力すべてを使って生きていかにゃならん」(p37)とエディに声をかけている。それは、エディの障害を受け入れる父親自身へかける覚悟の言葉であったかもしれない。だが、こうした父親がいたことも、エディが前進する原動力となっただろう。
 父親が、読み書きで測れない息子の賢さを知り、それをエディに伝える場面は、もっとも感動的だった。エディは「幸せの波が体じゅうをかけぬけた」(p134)と言っている。

 識字障害については、英語が日本語としくみが違うので、日本の子どもたちには分かりにくい。また、ゼノンの逆説や滑車のしくみなど、小学生の子たちには難かしそうだ。でも、それは私が難しいと思うだけで、そうしたことが得意な子には、とても面白く興味深い読み物となるかもしれない。

*第64回青少年読書感想文全国コンクール 小学校高学年の部 課題図書

« I南小学校 朝の読み聞かせ 4年3組 時間制限とおはなしの組み合わせ | トップページ | 5月のおはなし広場 初めての日をたのしく!! »

児童読みもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/66733626

この記事へのトラックバック一覧です: 課題図書を読む『ぼくとベルさん 友だちは発明王』:

« I南小学校 朝の読み聞かせ 4年3組 時間制限とおはなしの組み合わせ | トップページ | 5月のおはなし広場 初めての日をたのしく!! »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ