最近のトラックバック

« I市立図書館 ストーリーテリングによるおはなし会 図書館のイベントで | トップページ | 課題図書を読む『レイナが島にやってきた!』 »

I市立図書館イベントデーのおはなし会 「おとうふは?」

 ストーリーテリングに続いて、2回目は読み聞かせグループのおはなし会。定例のおはなし会と同じ日なので、イベントで来た人に加えて、常連さんが来てくれた。

プログラム
 手袋シアター はながさいた(まどみちお詩) (詩でダンス・ダンス (おはなしおばさんシリーズ)より) *
 絵本 このパンなにパン? (たんぽぽえほんシリーズ) ふじもとのりこ作 鈴木出版 
 絵本 たろうのともだち 村山桂子作 堀内誠一絵 福音館書店
 詩  ぽいぽいたいそう(『』より) (詩でダンス・ダンス (おはなしおばさんシリーズ)より) *
 紙芝居 おとうふさんとそらまめさん (松谷みよ子のかわいいおはなし) 松谷みよ子脚本 長野ヒデ子画 童心社 *
 大型絵本 ゆうたくんちのいばりいぬ・ゆうたはともだち (あかね書房の大型絵本) きたやまようこ作 あかね書房
 絵本の紹介 かこさとしさんの絵本
 わらべうた さよならあんころもち

「はながさいた」は、手袋の指で花がひとつずつ咲いていくのが、子どもたちを惹きつける。にこにこ笑ってくれた。次の『このパンなにパン? (たんぽぽえほんシリーズ)』は、ページを開くたびに、パンの名前を子どもたちがあてる。よく知っているパンばかりで、とても嬉しそうだ。「ぽいぽいたいそう」は、一番だけ。「おいっちに はいはい」というところからは、手を上げたり下げたりの手遊びをいれる。「大人の人も肩こり解消になるからやってくださいね」と声をかけると、みなさん元気にやってくださった。
 紙芝居『おとうふさんとそらまめさん (松谷みよ子のかわいいおはなし)』のあと、空豆の実物を出して、「ほら、ここにお医者さんがぬったあとがあるよ」と見せた。子どもたちは大喜び。近くに見に来た。すると、ひとりが「お豆腐は?」と聞いたので、驚いた。「柔らかすぎて持ってこられなかったんだ」と答えたが、そうかー、子どもにとっては、空豆と豆腐のお話だから、2つないと理屈があわないんだ。
 空豆を見に来て立っている子どもたちをそのまま座らせて『ゆうたくんちのいばりいぬ・ゆうたはともだち (あかね書房の大型絵本)』へ。子どもたちは、よーく見ていた。犬も子どもたちに身近なものだ。
 最後は、今月2日に亡くなったかこさとしさんを偲んで、何冊か絵本を紹介。かこさん、たくさんの絵本と紙芝居を、ありがとうございました。
 

     

   

« I市立図書館 ストーリーテリングによるおはなし会 図書館のイベントで | トップページ | 課題図書を読む『レイナが島にやってきた!』 »

図書館おはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/66711950

この記事へのトラックバック一覧です: I市立図書館イベントデーのおはなし会 「おとうふは?」:

« I市立図書館 ストーリーテリングによるおはなし会 図書館のイベントで | トップページ | 課題図書を読む『レイナが島にやってきた!』 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ