最近のトラックバック

« I市立図書館 2月のおはなし会2回目 今日は大きな子が多い | トップページ | D保育園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 5回目 また集中できなくて……  »

I南小学校 朝の読み聞かせ 4年1組2組 よくばりすぎた (=´Д`=)ゞ

 昨晩からの春の嵐。朝になっておさまり、雨はやみ、少し風は強めだけれど、やれやれ。これなら子どもたちも通常通りの登校できる。I南小学校の京の朝の読み聞かせは30分だ。
 わたしは、4年生の1組2組の合同を受け持たせてもらった。

プログラム
 絵本 バナナです 川端誠作 文化出版局
 おはなし ルンベルシュティルツヘン グリムの昔話
 絵本 バナナのはなし (かがくのとも絵本) 及川賢治絵 福音館書店 
 絵本 マジシャン ミロの ふしぎな ぼうし (講談社の翻訳絵本) ジョン・エイジ―作 石崎洋司訳 講談社
 絵本 なぞなぞはじまるよ おおなり修司なぞなぞ文 高畠純絵 絵本館

バナナです』は、やっぱり楽しい。「バナナです」が続くのも笑えるけれど、その一言で、いろいろなことを表す。幼児から大人まで、その年齢なりの楽しみ方ができる本だと、再確認した。
 おはなしの「ルンベルシュティルツヘン」へ。これは、ちょっと雑念があって、集中できなかった。語り慣れているおはなしのなので、言い間違えたりしても、うまくすり抜けて語ったが、自分としては不本意。まあ、仕方ない。
 今日は「バナナのことをよく知ってください」ということで『バナナのはなし (かがくのとも絵本)』。しっかり聞いていた。ここで、時間を確認するとあと10分ある。迷ったが、予備に持っていった『マジシャン ミロの ふしぎな ぼうし (講談社の翻訳絵本)』を。私は、この絵本のユーモアが大すきなのだが、前に読んだとき、あまり反応がなかった。今日もそうだった。子ども受けしないのだろうか?
 残った時間を使って『なぞなぞはじまるよ』。途中になったが、時間まで読んだ。クラスでやると、もっと子どもたちの声を聴けたけれど、2クらす合同だとなかなかそういうわけにも。でも、子どもたちはリラックスして考えたり、答えたり、感心したりしていた。こんなんだったら、『マジシャン ミロの ふしぎな ぼうし (講談社の翻訳絵本)』はやめて、なぞなぞでしっかり遊べばよかった。欲張りすぎた。反省反省。

      

    

« I市立図書館 2月のおはなし会2回目 今日は大きな子が多い | トップページ | D保育園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 5回目 また集中できなくて……  »

おはなし会いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/66446931

この記事へのトラックバック一覧です: I南小学校 朝の読み聞かせ 4年1組2組 よくばりすぎた (=´Д`=)ゞ:

« I市立図書館 2月のおはなし会2回目 今日は大きな子が多い | トップページ | D保育園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 5回目 また集中できなくて……  »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ