最近のトラックバック

« 12月のおはなし広場 静かに聞き、はしゃいで楽しむ | トップページ | K小学校読書週間 おはなし会 3-6年生 小さな学校で »

1月のK図書館分館おはなし会 みんなでもちつき 新年のお祈り

 あけましておめでとうございます。

 今年のおはなし会はじめは、図書館でのおはなし会。3歳の男の子と年少、年長、小2の女の子たちが来てくれた。みな大人しくて静かに聞いていた。

プログラム
 わらべうた ひとつひばしてやいたもち *
 絵本 ねずみのなるき さとうわきこ作 フレーベル館
 紙芝居 あわてうさぎのはなやさん―紙芝居 (どうぶつむらのおみせやさん) 矢崎節夫 脚本 ‎ 永吉カヨ画 教育画劇
 手遊び もちつきぺったん *
 絵本 こよみともだち (日本傑作絵本シリーズ) わたりむつこ文 ましませつこ絵 福音館書店 *
 絵本 ふゆめ がっしょうだん (かがくのとも傑作集 どきどき・しぜん) 冨成忠夫・ 茂木透写真 長新太文 福音館書店 *
 エプロンシアター ねずみのよめいり

わらべうたを歌った後も「お正月にはおもちを食べた?」と聞くと、はっきりしない答え。後からみんなで餅つきしようねと言って、読み聞かせへ。『ねずみのなるき』は、みな神妙な顔をして聞いていたのだが、大きな実がなると3歳の子が大喜び。そうしたことが、もう理解できるのだと驚かされた。『こよみともだち (日本傑作絵本シリーズ)』は、絵をよく見ていた。もちつきぺったんの手遊びは、お手玉を使って。どの子もおもしろがってやっていた。12月さんのページでは「サンタさん!」と3歳さん。最後の暦の家のページは、みんなにめくってもらった。こうしたことは、小さなおはなし会だからこそ、できることだ。『ふゆめ がっしょうだん (かがくのとも傑作集 どきどき・しぜん)』は、子どもたちより大人が感心して見ていた。今日の子たちには、他の本にした方がよかったかもしれない。
 最後のエプロンシアターでは、子どもたちは誰もお話を知らなかったようだ。よく知られたお話なのに誰も知らないのは、昔話が少しずつ伝えられなくなってきているのかもしれない。いろいろな形で伝えていきたい。

    

« 12月のおはなし広場 静かに聞き、はしゃいで楽しむ | トップページ | K小学校読書週間 おはなし会 3-6年生 小さな学校で »

図書館おはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 12月のおはなし広場 静かに聞き、はしゃいで楽しむ | トップページ | K小学校読書週間 おはなし会 3-6年生 小さな学校で »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ