最近のトラックバック

« J保育園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 子どもたちとおはなしを楽しむ | トップページ | 朝の読み聞かせ 4年2組  楽しく語れるまで練習しないと »

南K小学校 秋の図書館祭 お昼休みのおはなし会 高学年向  今回もスタンプで大人数

 図書館まつりが始まった。この秋もスタンプを押して、ビンゴになるとプレゼントがもらえるようになっている。先生から、「スタンプが欲しくて来ている子もいるので、1冊でも聞いたら出て行ってもいいことにしてください。」と言われた。「もちろんです!」
 高学年が対象だが、小さな子たちも入ってきた。でも、プログラムは高学年向け。

プログラム
 ルリユールおじさん (講談社の創作絵本) いせひでこ作 講談社
 天の火をぬすんだウサギ (児童図書館・絵本の部屋) ジョアンナ・トゥロートン作 山口文生訳 評論社 
 最初の質問 (講談社の創作絵本) 長田弘詩 いせひでこ作 講談社

 最初100人を超える大人数。だらだらと入ってくる子がいて、ざわついている。でも先生方が4人もいらしたこともあり、大騒ぎにはならない。本当に聞きたい子たちは、真ん前で、かぶりついて聞いている。
 1冊目が終わると、思った通り、ほとんどの子がかえって、残ったのは20人余り。先生は心配されたが、はい、これでいいのです。『天の火をぬすんだウサギ (児童図書館・絵本の部屋)』を読んだ。よーく聞いてくれている。でも、後半で私がかなりとちって反省。せっかく聞いてくれているのにね。
 時間もわずかとなったが『最初の質問 (講談社の創作絵本)』。子どもたちは、しんとして、詩に耳を傾けていた。

 次回は中学年。1冊目をそれほど長くなく、でも短すぎもない本を読んで、聞きたい子にあとはたっぷり聞いてもららうのがいいということになった。

 休み時間の読み聞かせは、子どもの気持ち、先生の考え、私たちの思いが、うまくまじりあって欲しいです。

    

« J保育園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 子どもたちとおはなしを楽しむ | トップページ | 朝の読み聞かせ 4年2組  楽しく語れるまで練習しないと »

おはなし会いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« J保育園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 子どもたちとおはなしを楽しむ | トップページ | 朝の読み聞かせ 4年2組  楽しく語れるまで練習しないと »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ