2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« H小学校 朝の読み聞かせ 6年2組 「こざっぱりと」という言葉 | トップページ | 11月のひよこちゃん お父さんもいっしょ »

2017年11月18日 (土)

I市立図書館 ストーリーテリングによるおはなし会 小さな子から聞ける「おいしいおかゆ」

 朝から冷たい雨が降っている。I市立図書館は館内が寒く、空調のための風が冷たく感じた。図書館に子どもの姿は少なかったけれど、4組の親子が来てくれて、大人4人、子ども6名集まった。いちばん小さな子は2歳、大きい子は年長さんだ。このうち1組は、リピーター。おはなし会を楽しみにしてきてくれるのは、とても嬉しい。

プログラム
 おいしいおかゆ グリムの昔話 *
 雌牛のブーコラ アイスランドの昔話
 ねずみのおむこさん 日本の昔話(中川李枝子再話『いたずらぎつね (よみたいききたいむかしばなし)』より)

 私は、いちばんはじめの「おいしいおかゆ」を語った。久しぶりのI市立図書館なので、かなり緊張した。このお話はとても短いのに、ダイナミックな動きがあって、ひとつひとつの言葉がとても大切だと思うのだ。でも、2歳さんまで、しっかり聞いてくれて(どこまで理解できたかはわからないが……)安堵する。つぎの「雌牛のブーコラ」は、さすがに2歳さんが飽きてきたが、他の子たちはよく聞いている。途中で大工道具の「のみ」が出てきて、「のみって何?」とお母さんに聞いている子がいたが、語り手はそのままにして語った。ラストのいいところなので、説明をいれにくく、難しいところだ。
 最後の「ねずみのおむこさん」は、子どもたちの反応がまじめで、語り手の思ったようでなくて、語りにくかったようだ。大人と子どもの聞き方の違いを感じる。

     

« H小学校 朝の読み聞かせ 6年2組 「こざっぱりと」という言葉 | トップページ | 11月のひよこちゃん お父さんもいっしょ »

おはなし(ストーリーテリング)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« H小学校 朝の読み聞かせ 6年2組 「こざっぱりと」という言葉 | トップページ | 11月のひよこちゃん お父さんもいっしょ »

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

NetGalley 本の応援団

  • グッドレビュアー
  • プロフェッショナルな読者