« 11月のK図書館分館おはなし会 花火大会の日 | トップページ | 南K小学校 秋の図書館祭 お昼休みのおはなし会 高学年向  今回もスタンプで大人数 »

2017年11月 6日 (月)

J保育園 年長さん ストーリーテリングによるおはなし会 子どもたちとおはなしを楽しむ

 今日は3回目。子どもたちは前回よりさらに聞きなれてきた。

プログラム
 手遊び あたまに帽子 *
 おはなし 三枚のお札 日本の昔話 *
 手遊び あたまはぽんぽんぽん まどみちお詩
 おはなし あなのはなし (マラリーク作)
 おはなし ねことねずみ イギリスの昔話 *

 3つのおはなしのうち、2つ語らせてもらった。実は、「ねことねずみ」を語ることを昨日の夜まですっかり忘れていて、あわてて覚えなおした。短くてテンポの良いお話なので、すぐ思い出せて、何度もくりかえし練習し、なんとかすらすらいえるようになっていたのだが、何し付け焼刃。とても不安だった。「三枚のお札」でかなり力も使うし……。でも、ラジオ深夜便で松岡享子先生が「読み聞かせで子どもたちが、子どもとして楽しい思いをするのが大切」とおっしゃっていたことを思い出し、とちってもいいから、自分も子どもたちと楽しんで語ろう。と思って、語った。子どもたちがよく聞いてくれたこともあるだろう。二話ともとてもいい感じで語れた。
「三枚のお札」は、なんでも、子どもたちは音響入りCDで聞いたことがあり、一人の子がとても怖がったらしい。それを子どもたちはおぼえていて、はじめのうち、みんなでその子の顔をちらちら見ていた。でも、小僧さんが鬼婆の家に行くあたりから、だれも横を見ずに私の方を見て聞いてくれた。鬼婆が豆粒くらい小さくなると、くすくす笑う子が何人かいて、ああ、ちゃんと 伝わったなと思う。
 長いお話で子どもたちが疲れたようだったので、次の語り手も手遊びを入れた。このお話では、前半はだらだらと聞いていたが、オオカミが出てくると、やはりぴっとして聞いている。最後のおちは、分かったかな?
 もう一つおはなしがあるというと、「まだあるの?」とちょっと不満な声があがった。「あっという間に終わっちゃうお話だから」といって始めた。リズムよく、同じフレーズのあるところは、できるだけ楽しく語ってみた。だんだん、子どもたちもリズムにのってきたようだ。最後はわかりやすくなるよう語った。子どもたちも頭を働かせてよーく聞いている感じだ。終わって、楽しませてもらってありがとうと言う気持ちになった。
 子どもたちとお話を楽しむ。これからも、心がけたい

« 11月のK図書館分館おはなし会 花火大会の日 | トップページ | 南K小学校 秋の図書館祭 お昼休みのおはなし会 高学年向  今回もスタンプで大人数 »

おはなし(ストーリーテリング)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 11月のK図書館分館おはなし会 花火大会の日 | トップページ | 南K小学校 秋の図書館祭 お昼休みのおはなし会 高学年向  今回もスタンプで大人数 »

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。