最近のトラックバック

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

8月のひよこちゃん 赤ちゃんは、はくしゅが大好き

 昨日のひよこちゃん。図書館には園児や小学生の子が何人かいたので、赤ちゃんより大きい子向けのおはなし会?と思ったが、結局お話の部屋に来てくれたのは、1歳さんの親子が3組で、大きな子は年長さんのお姉ちゃんがひとりだった。みんな初めての子たちばかりだ。

プログラム
 わらべうた くまさんくまさん *
       お茶を飲みに来てください *
 絵本 ひよこ (語りかけ絵本) こがようこ作 大日本図書
 絵本 たまらんちゃん つぼいじゅり作 金の星社
 手遊び たまごをぽーんとわりまして
 絵本 ひとつずつ 八木宜子文 長新太絵 絵本塾出版
 わらべうた じーじーばー
       にぎりぱっちり
       ももやももや
 絵本 だれかな?だれかな? (はなしかけえほん) とよたかずひこ アリス館
 紙芝居 こぶたのおひるね (年少向けおひさまこんにちは) 森山京文 国松エリカ画 童心社
 紙芝居 こっぷくんとすぷーんぼうや (0・1・2かみしばいみんなにこにこ) 梅田夕海絵 教育画劇

 1歳の子たちは場馴れしていないせいもあるだろう。おかあさんのおひざで小さくなってたり、あちこち歩き回ったり。でも、わらべうたのときは、じっと見てくれる。ただ恥ずかしがりやさんは、「くまさんくまさん」で近づいて行ったりすると、身を固くする。そんな子にはあまり近づきすぎないようにした。「じーじーばー」は、どの子も喜んだが、「ももやももや」のとき、ハンカチのひらひらを嫌がる子がいた。子どもの個性があるし、その時々のご機嫌もある。おかあさんに「またご機嫌のときにやってみてね」と伝えた。
 絵本では、年長のお姉ちゃんが反応してくれるので、とてもやりやすいし、お母さん方もにこにこ笑って聞いてくれた。『たまらんちゃん』、『ひとつずつ』は、どのくらい1歳児さんに分かったかわからないけれど、じーっと見てくれた。でも、なんといっても楽しん゛てくれたのは『だれかな?だれかな? (はなしかけえほん)』。パチパチパチと拍手するのが、赤ちゃんは大好きだ。

     

Dキッズクラブ 夏休みのストーリーテリングによるおはなし会 焦りに焦る。

 夏休みのDキッズクラブのストーリーテリング。ここも、1、2年生と3年生以上に分かれて。親たちのお盆休みが終わったころのせいか、今日はいつもより人数が少ないとのこと。それでも、1、2年生約15名、3年生以上約25名は大所帯。3年生以上は、近くの公民館に移動してもらった。

プログラム
 死神の名付け親 グリムの昔話
 カメの笛 ブラジルの昔話 *
 手遊び きびだんご
 うそばなし千両 日本の昔話
 
 私は3年生以上の担当で1つ目のおはなし。ところが、プログラムなどの小道具を私が持っていたので、まず1、2年生のところのいる建物へ行き、それから公民館にいくと、なんと、もう2つ目のお話をしているではないか。自分が遅くなっている認識がないので、本当にびっくりした。仕方ないので、1つ目が終わってから、のこのことでていって、プログラムを立てかけ、そして語った。でも、そんなときは、やっぱり気持ちが落ち着かないので集中できず、あちこちでしくじりを。なんとかつくろて語ったものの、自分としては本当に不満足。プログラムとしても、かえって語らない方がよかったのではないかと悔やむことしきりだった。でも、そのあとの語り手が手遊びをして、軽やかに語って笑いをさそい、助けてくれた。ありがとうございます。

 どうやら、時間より早く公民館に集まって座ってしまったので、はじめないではいられなかったとのこと。そもそも、プログラムを持っている私が早めにいって、みんなを待っていればよかったのだ。それをしなかった自分が甘かった。今年の夏は、本当に時間を間違えたHキッズと今回のDキッズで2回も遅刻してしまった。大いに反省した。つねに集合時間より前にいって待っている。そんな習慣にしなくては、また他の人に迷惑をかけてしまうし、語りも無茶苦茶になる。

Kキッズクラブ 夏休みのおはなし会 はじめての2本だて

 今年から、Kキッズクラブでも長期休みにお話をさせていただけることになった。1~4年生だが、人数が多いので、1、2年と3、4年に分けて行うことに。ふたりグループで動いている「ぽぴんず」で、2本立ては、はじめての経験だ。

まずは1、2年から。人数は30人強。

プログラム
 二ひきのよくばり子グマ ハンガリーの昔話
 わらべうた いちじくにんじん *
 七わのからす グリムの昔話 *

 座るまでは、わいわいと言っていたのだが、おはなしがはじまると、しっかり聞きだした。ひとつめのお話が終わると、しばらくしーん。チーズをキツネに騙されてまんまと食べられてしまうラストが腑に落ちなかったのだろうか。いちじくにんじんの手遊びはHキッズクラブと同じもの。なぜだろう、ここの子たちは、結構上手にやった。わたしのやり方も上達したのかもしれない。
「七わのからす」も、ときどきだれるものの、肝心なときになると、みんながぴっと止まって、真剣に聞いている。でも、ああー、いちばんのクライマックスで、お迎えの人がきてしまった。私は気をそらさずに頑張って語ったけれど、子どもたちの緊張感が緩んでしまった。それでも、また戻ってきて、カラスが人間にもどると、はーっとため息をつく子がいて、しっかり聞いてくれたのだと思った。

同じ部屋で、子どもたちが入れ替わって、つぎは3、4年。16人程度。大きい子たちはやはり、テレみたいなものがあるだろうか、隅に固まってすわったりするものだから、おばさんたちがやりにくいからと言って、中央に集まってもらう。

プロクラム
 サルのきも タイの昔話 *
 わらべうた いちじくにんじん *
 かえるの王さま グリムの昔話

 わたしは、前半を担当。子どもたちはよく聞いていた。途中で「あ、肝について話すのを忘れちゃった」と気づいた。このおはなしは肝の意味が分からないと面白さがわからないのだ。でも、いまさらどうしようもなく、最後まで語った。先生たちはにこにこと笑っている。語り終わって、「肝ってわかる?」というと、案の定「わからない」との答え。「大事な内臓なんだよ」といったけれど、お話の意味わかったかなあ。失敗失敗。それでもイチジクをたべてワニの奥さんの病気が治ったところで「ええー」と驚きの声を上げる子がいたから、ある程度わかってくれたかもしれない。
 手遊びは「1、2年でもやったけれど、3、4年はもっと上手にできるよね」といったせいか、一生懸命やってくれた。そして、やっぱり上手で、リズミカルに続けてやることができた。
「かえるの王さま」は、相方が今年の夏、何度も語ってくれた。もうすっかりものになっていて、お姫様の気持ちがよく伝わってくる。最後の忠臣ハインリヒのくだりも語った。聞いていて、ああ、ここで場面ががらりと変わるのだと、今日はっきり、感じられた。ただ相方によると、子どもはついてこないので、速めに語ってしまったとのこと。5、6年、あるいは中学生以上ならと思う。

 初めてなのに、こんなによく聞いてくれて嬉しかった。次は春休み。何を語ろう。

Hキッズクラブ 夏休みのおはなし会 遅刻してごめんなさい

 台風が午後からくるという今日のおはなし会。このあたりは風がでてきて、ときどき雨がパラパラっと降るものの、まだ穏やかだ。10時半開始のつもりで、10時ごろ家で準備をしながらキッズクラブは休みになったりしていないよねと思っていると、相方から電話が……おお、と思ったらなんと開始時間は10時からだという。なんと時間を30分遅れて間違えて思い込んでいたのだ。大慌てで、でかけて10分遅刻。相方は手遊びをしおまけのお話として「ついでにペロリ」を語ったいう。ああ、なんといこと!! ろうそくや、プログラムなど、私がみんな持っていたので、そこから準備をして、はい、ここから始まります!ということになった。

プログラム
 おばけ学校の三人の生徒 松岡享子作 *
 わらべうた いちじく にんじん *
 かえるの王さま グリムの昔話

 最初のうちは、なんだか、気がせいていて、言い間違えをしたりしたのだが、子どもたちが面白そうに聞いてくれるので、こちらもだんだん落ち着いて、調子よく語れた。このプログラムが今年は3回目だということもあるのだろう。とにかくお話が自分の中から出てくる感じだ。最後驚かすところも、今日は巧くいった。しめしめと思う。
 相方の「かえるの王さま」も、しっかり語れていた。子どもたちがよく聞けているので、最後のハインリヒの部分も削らずに語ったが、子どもたちはついてきた。

 おはなし会は巧くいったのに、自分が時間を間違えたことで、私はなんだかもやもやしている。なんで思い込んじゃったんだろう。なんで確認しなかったんだろうと後悔することしきりだ。キッズクラブの先生も、子どもたちも、相方も、あたたかく許してくれた。ほんとうにごめんなさい。そして、ありがとうございます。
 もう絶対に間違えません! って、またやるんかなあ。

8月のK図書館分館おはなし会 ひとりの聞き手

 昨日のおはなし会。夏休みでみなどこかに出かけたのだろうか? 年長のKくんがひとり来てくれた。Kくんは、いつもとってもよく聞いてくれるから、読み手の方も張り切れる。

プログラム
 おはなし くらーいくらーい家 (『五分間で語れるお話―もっと聞かせて!短いお話48編』より)
 絵本 ぼちぼちいこか マイク・セイラー文 ロバート・グロスマン絵 今江祥智訳 偕成社
 紙芝居 ピッカリくん―星は、どうして夜しか見えないの? (はてななぜかしら) 塩田守男作 教育画劇 *
 絵本 かかかかか 五味太郎 偕成社*
 絵本 ぼく、あぶらぜみ (かがくのとも絵本) 得田之久文 たかはしきよし絵 福音館書店 *
 絵本 ひゃくにんのおとうさん (こどものとも世界昔ばなしの旅2)  譚小勇・天野祐吉文  譚小勇 絵 福音館書店 *
 エプロンシアター 3匹のヤギのガラガラドン

 最初のおはなしは初めてやってみた。Kくんは最初いっしょに手遊びをしていたのだが、途中から怖くなったみたいでやめてしまった。「くらーいくらーい」の繰り返しは怖いのかもしれない。一転して『ぼちぼちいこか』では、「ぜんぜんだめだよ」とカバにつっこみを入れ、、けらけら笑いながら見ていた。『かかかかか』は、ちょっと意味を計りかねたようだ。小学生向けかなあ。先週あたりからはとてもセミが元気なので『ぼく、あぶらぜみ (かがくのとも絵本)』を。アブラゼミが5年も土の中にいると知ると、「5歳なの?」と自分と比べていた。最後の『ひゃくにんのおとうさん (こどものとも世界昔ばなしの旅2)』は、話の流れがちゃんとわかったようで、おとうさんが100人出てくると大笑いしていた。
 エプロンシアターでは、トロルが怖いようで、演じ手がトロルを出すたびにじりじりと後ろへ下がっていく。終わってから、トロルがでてきたらざうする?と演じ手画聞くと、頭をイノシシみたいに下げて向かっていくとたくましい。
 たったひとりの聞き手だけれど、おばさんたち3人はとっても楽しい思いができました。ありがとう! Kくん!!

   

  

Sキッズクラブ 夏休みのストーリーテリングによるおはなし会 水分の準備をお忘れなく

 夏休みのキッズクラブは、1、2年生と3年生以上に分けて。私は3年生以上の担当。今年はキッズクラブの希望者が多かったので、4、5年生の受け入れはなかったとのこと。そのせいか人数が20人程度で、落ち着いた雰囲気だった。

プログラム
 馬のたまご 日本の昔話
 王子さまの耳は、ロバの耳 ポルトガルの昔話 *
 金の髪 コルシカの昔話

 わたしは、先週の図書館にひきつづいて「王子さまの耳は、ロバの耳」を語った。「王さまの耳はロバの耳」は知っている?ときくと、知らないと答えられて、びっくりした。語りだすと、びっくりするほどよく聞いていた。どうやら、よくきいてもらえる話らしい。ただ、わたしは歌のところで乗りすぎちゃって、最後の大事なところで息切れ。力を加減しなければならないと実感した。
「金の髪」は、語る前に語り手が手遊びをした。子どもたちはそれで、少しリラックスし過ぎてしまって、お話のはじめのうちは、壁際に動いたりしていた。でも、次第に面白いお話だと分かってきたのだろう。だんだん前ににじり寄ってきて聞いていた。
ところが、いちばんのクライマックスで、語り手に異変が……。エアコンで空気が乾燥しているせいだろう。せき込み始めてしまったのだ。すぐにでもお茶で喉をうるわせてあげたいところだが、あいにく準備していなくて、語ってはとまり、語ってはとまりで何とか終えることができた。語り手はとても悔しがっていた。その気持ち、とってもわかる。もう一度どこかで語ってほしい。
 それにしても、喉は命。水分をかならず持っていなくちゃ。
 

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ