最近のトラックバック

« 3月のひよこちゃん 下準備不足 | トップページ | K児童館 春休みのストーリーテリングによるおはなし会 細々でも続ければ »

Hキッズクラブ 春休みのおはなし会 本へつなぐ

 昨日は、春休みの初日。Hキッズクラブは1~5年生が30人あまり。朝の勉強の時間のあとに入れてもらった。

プログラム
 わらべうた なかなかほい
 サルのきも タイの昔話 *
 わらべうた たけんこがのびた *
 かしこいモリー イギリスの昔話

 このキッズクラブは元気がいい子が多い。けれど、お話になるとピッと聞いてくれる。楽しみに待っていてくれる気がして嬉しい。手遊びも、低学年だけでなく高学年まで楽しげにやってくれる。どんなことも、その気になってやれば楽しいということを知っているのだと思う。そんな姿勢は私自身も学びたいものだ。
「サルのきも」は、肝の説明をしてから始めた。子でもたちは「肝っ玉」という言葉を知らないとが、この時初めて分かった。最初からとても興味を持って聞いてくれた。サルがだましているのがわかると、友だちと顔を見合わせてにやにや笑っている。語り終わると「えーっ、本当に!?」という声が上がった。
 わらべうたでは、「たけんごがのびた」で、だんだんタケノコが大きくなるのを背伸びしてやってくれた。
「かしこいモリー」よく聞いていた。モリーが大男の家に戻っていくと宣言するたびに喜び、髪の毛一本橋までくると笑い声が上がった。お話を前進で楽しんでいるのが伝わってくる。
 おはなしの会の後で、出典本を紹介すると、男の子が、「その本はおばさんが買ったの? どこで買えるの?」と聞いてきた。「市の図書館で借りれるからね」と言って、題名を書いた紙を渡した。すると他の子も欲しいと言い出したので、紙に書いて先生に、子どもたちに教えてあげてください。と渡してきた。
 ところで、出典本を聞いてきた男の子は小さなとき図書館のお話会によくきてくれた子だ。こうしておはなし会から、本につながっていく子がいると思うと嬉しい。

  出典本

     

« 3月のひよこちゃん 下準備不足 | トップページ | K児童館 春休みのストーリーテリングによるおはなし会 細々でも続ければ »

おはなし・ぽぴんず(ストーリーテリング)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/65077118

この記事へのトラックバック一覧です: Hキッズクラブ 春休みのおはなし会 本へつなぐ:

« 3月のひよこちゃん 下準備不足 | トップページ | K児童館 春休みのストーリーテリングによるおはなし会 細々でも続ければ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ